【台北:迪化街】開店同時に行かないと大行列必須の人気カレー店「古一小舍」

台北

人気店舗には行かずにはいられない性格のグルメブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するお店は、台北で映え&美味しいとインスタグラムで大人気のカレー屋さんです!

 

どこにあるの?外観は?

 

場所は、北門駅から迪化街方面へ北上し、迪化街に入る前に左へまがって、港沿いの高速道路沿いの道。

道は単純なのでわかりやすいとは思いますが、周りに何もないので、心配になるかもしれません。

でも、心を強くして歩いて行ってください!笑

 

 

外観はこんな感じ。

小さなお店で、店はガラス張りで、順番待ちのお客様がいるので比較的わかりやすいと思います。

 

平日の12時開店同時に行ってきたんですが、12:30にお店を出る頃には、もう席は満席(相席になる可能性大)

お店の外にも待ちの行列ができていました。

行かれる場合は、オープン時にいくのをオススメします!

じゃないと絶対待つと思います。

 

店内の様子

 

お店は木造の落ち着いた少しアジアの香りもするデザイン。

入ってすぐにカレーのすごいいい香りがして、テンション上がります!

 

 

席はカウンターが2つ、テーブル席がだいたい20席ほど。

あまり席数も多くない小さなお店です。

(お客さんがたくさんいたので、テーブル席の写真が撮れなくて、すみません)

 

 

メニュー

 

メニューはカレー、意麵(台湾の卵麺)、デザートです。

200〜320元と台北では一般的なカフェカレーの価格です。

 

 

鶏肉カレーを食べてみました

 

香料雞腿咖喱 200元

初めて行ったので、とりあえず一番オーソドックスそうな鶏肉のカレーを頼んでみました。

お皿のサイズはだいたい直径30cmないくらいでちょうど良いサイズでした。

 

 

上に乗っている目玉焼きは、堅焼きと思いきやちょい半熟。

カレーは、とろっとした日本っぽいカレーで、インドやタイなんかのサラサラカレーではありません。

 

唐辛子マーク1つついていたんですが、甘かった(辛さとは?状態)です。

甘口カレーよりもちょい甘くらいの甘さでした。

お店の人にちょっと甘いと言ったら、注文の時に辛さを言ってくれたらもっと辛くしてくれるそうです。

個人的には3倍マシくらいの辛さにするのがオススメです。

ただ、子供や辛いのが苦手な方にはちょうどいいかも。

 

ただ、玉ねぎがたくさん入っているのか、一般的な台湾の薄味サラサラカレーと比べたら、コクはすごくあって日本のカレーに近い感じでしたよ♪

 

デザートのプリンも頼んでみたよ

 

夢布丁 120元

メニューにプリンがあったので笑

上に乗っているのは赤ワインを煮詰めたソースらしく、ちょっと苦めでした。

 

 

赤ワインソースとプリンを混ぜて下に入ってるカラメルもつけていただきます。

手作りっぽい柔らかいプリンでした。

カップも結構大きくて、お腹一杯のカレーにさらにデザートでお腹いっぱい♡

 

ちなみに、後から調べて知ったんですが、オーナーの「杜易修」さんは、台北のインディーズバンドのミュージシャンらしいです。

そんなバンドマンの開いたカレー屋「古一小舍」、気になる方、行ってみてくださいー!

 

古一小舍へのアクセスと詳細

古一小舍FacebookInstagram
時間 12:00~15:00、17:00~20:00(月曜休み)
電話 02 2555 6011
住所 台北市大同區環河北路一段113號

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました