【台北:台北車站】台北駅限定!檀島香港茶餐廳(Honolulu Cafe)の「避風塘豬扒蛋菠蘿包」を食べてみたよ

台北

限定品が大好きなミーハーブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するグルメは、そんな私のようなミーハーな方に向けて(笑)

テイクアウトグルメの中で台北駅限定で販売されている檀島香港茶餐廳バーガーをご紹介します!

 

どんなお店?どこにあるの?

 

檀島香港茶餐廳は、1940年代に香港発祥の香港島灣仔に初めてできた香港ファミレス「茶餐廳」の伝統的なブランド。

台湾には2017年5月にオープンし、主にエッグタルト(蛋撻)や香港メロンパン(菠蘿油)、鴛鴦コーヒー(鴛鴦咖啡)、点心など気軽に食べれる香港料理をメインに販売されています。

目的の台北駅の中にある微風北車外帶店は、2019年5月にできたテイクアウト専用店。

台北駅1階構内の南2門と3門の間あたりに店舗があります。

他に、板橋の駅内や百貨店にはイートインできる店舗もあったり、最近ではコンビニやスーパーでコラボ食品やお菓子も販売されてます。

 

 

エッグタルトとメロンパンがメインに売られています。

今回購入したのは、このメニューの一番右下の「北車限定(台北駅限定)」のメロンパンバーガーです♪

 

買ってみたよ!

 

無事に購入〜。

サイズは片手の平くらいで思ってたより大きい。

ほっかほかなので、このまま持つと熱々です。

 

 

避風塘豬扒蛋菠蘿包 115元

この名称は広東語なので、台湾で使われている中国語ではありません。

避風塘というのは香港料理で良くある名称。

そもそも「避風塘」とは、直訳すると台風を逃れるという意味。

由来を調べてみたところ漁民が台風から避難した時漁船上で手に入った食材を使った料理らしいです!へぇー!

 

 

豬扒は、ポークチョップ(豚の唐揚げ?)で、菠蘿包はおなじみの香港の甘いメロンパン。

つまり、避風塘風味のポークチョップ卵入りメロンパン。

名前の通り具がもりもりで厚さもすごいです♪♪♪

豚の唐揚げも分厚くて大満足です♡

 

 

味は、辛くて、甘くて、うんまぁ〜〜〜〜!

避風塘を私は食べたことがなかったので、辛い料理なのかどうなのかわからないですが、このバーガーの味付けはピリ辛です。

元々バターが挟まったあまーい香港のメロンパンが大好きでこれはうま!となりました。

甘いと辛いが両方口の中に広がるので、朝マックに以前あったハニーバンズでソーセージを挟んだ「マックグリドル」が好きな方は、大好きだと思います笑

 

檀島香港茶餐廳(微風北車外帶店)へのアクセスと詳細

檀島香港茶餐廳 微風北車外帶店Facebook
時間 10:00〜22:00
電話 02-6632-8999(微風北車站のサービス電話番号)
住所 台北市中正區北平西路3號 台北火車站1F

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました