【台北:市政府】台北にもある名古屋のケーキ屋さんでコロンと可愛いモンブラン「PINEDE彼內朵」

台北

ケーキの質には結構こだわってる甘党ブロガーRie(@rieasianlife)です。

個人的に日本のケーキは、世界に誇るスイーツに数えられるくらい美味しいと思っています。(特に生クリーム!)

今回は、そんな日本のケーキ屋さんの台北支店を教えてもらったので、買ってみました〜!

 

どこにあるの?どんなお店?

 

今回行った店舗は、市府店でブルーラインのMRT「市政府駅」出てすぐ。

1番出口から出て、珍煮丹の目の前あたり、世界の山ちゃんのすぐ近くにあります。

PINEDE彼內朵 市府店HPInstagramFacebook
時間 12:00〜20:00
電話 0227478880
住所 台北市信義區基隆路一段163-2號1樓

 

 

中に入ると、日本のケーキ屋さんの匂い!!!!

焼き菓子のあま〜〜〜い幸せな匂いで溢れています。

 

 

焼き菓子エリアとケーキエリアがありました。

販売エリアはそんなに広くはないんですが、天井も高くて、すごく明るい雰囲気でした。

焼き菓子もめちゃめちゃ美味しそうだったんですが、今回の目的はケーキ。

ぐっと我慢しました笑

マドレーヌ美味しそうだったなぁ〜。

 

一口スイーツを2種類買ったよ!

 

2種類一口スイーツがあったので、買ってみました。

こんなに可愛いケースに入れられて、リボンもついてちょっとしたお土産にすごい良さそう!

 

 

今回買ってきたのはこの2種類。

  • 迷你蒙布朗(ミニモンブラン)
  • MINI起司繽紛禮盒(ミニチーズケーキギフト)

 

迷你蒙布朗(ミニモンブラン)

 

  • 迷你蒙布朗(ミニモンブラン)5個入り 230元

今回購入したのは5個入り、12個入りだと420元でした。

 

 

だいたい1つのサイズが4cmくらいの球体で、箱に5個連なって入っていました。

なんだか、絵本のはらぺこあおむしみたいで可愛い♡

 

 

小皿に1つ移してみました。

小さいですが、要素はしっかりとモンブラン!

程よい硬さのマロンクリームで、美味しい!

台湾ではモンブランって多くないんです、美味しいモンブランが食べたい!って時はここにあることがわかりました。

 

 

中はスポンジの上に甘すぎないクリーム、その上にマロンクリームがのっています。

モンブランって洋菓子ですよね!?

セットについていたのが、竹のフォークで、お皿に盛ってもなんだか和菓子みたい!

コーヒーもいいですが、お茶と一緒に休憩が楽しめる、そんな和菓子みたいなケーキでした。

 

 

MINI起司繽紛禮盒(ミニチーズケーキギフト)

 

  • MINI起司繽紛禮盒(ミニチーズケーキギフト)3つ 150元

 

3個150元、6個300元、10個480元で販売されています。

季節やタイミングによって売られてる味が違うのですが、今回は「檸檬(レモン)」「芒果(マンゴー)」「蘭姆葡萄(ラムレーズン)」を購入しました♪

 

一口サイズのチーズケーキにはこんなにたくさんのフレーバーがあります。

  • 原味(オリジナル)
  • 覆盆子(キイチゴ)
  • 抹茶(抹茶)
  • 巧克力(チョコレート)
  • 藍莓(ブルーベリー)
  • 蘭姆葡萄(ラムレーズン)
  • 檸檬(レモン)
  • 草莓(イチゴ)季節限定
  • 芒果(マンゴー)季節限定
  • 荔枝(ライチ)季節限定

 

 

  • 檸檬(レモン)

真ん中にレモンピューレが入っていて、チーズケーキ自体にもレモンの爽やかさを感じるあっさり目の味でした。

 

 

  • 蘭姆葡萄(ラムレーズン)

3つ買った中で一番好きだったのがこのラムレーズン!

濃厚なラムの香りがしっかりと感じられてスイーツなんですが、チーズのようにワインのお供にも良いかも!

これは絶対食べてほしいフレーバーでした。

 

 

  • 芒果(マンゴー)

運良く季節限定のマンゴーを買うことができました。

マンゴーはレモンとは違い、超濃厚!!!

まったりとしたマンゴーの甘さがしっかり感じられる贅沢な一口でした。

 

 

小さいから小皿に乗って並べると可愛い♡

サイズは小さいですが、どれも味は濃厚で美味しかった!!

金額も高くないですし、女子会やちょっとしたお持たせに最適でした。

 

次回は、他の味も食べてみようと思いますー!!

 

 

PINEDE彼內朵へのアクセスと詳細

PINEDE彼內朵 市府店HPInstagramFacebook
時間 12:00〜20:00
電話 0227478880
住所 台北市信義區基隆路一段163-2號1樓

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました