【台北:中山國小】路地の中にひっそりと現れるセンス抜群の隠れ家カフェ「椿珈琲」

台北

カフェ探しが好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するカフェもお散歩してたら見つけた何やら雰囲気が抜群な小さなカフェ。

小さいのでちょっと一人時間を過ごすのにオススメです。

 

どこにあるの?

 

最寄駅は「中山国小」駅。

2番出口から出て西側(モスバーガーがあるほう)へ道を渡り、1つ目の路地を左に入ります。

 

 

こんな車1台がようやく通る道に入ります。

路地を入るとすぐ右手に、雲の四角い看板があらわれ、そこが「椿カフェ」です。

 

 

木枠の日本っぽいガラス窓で、外向きのカウンター席があり、路地を間違えなければ、比較的見つけやすいと思います。

お店が開いていたら、黒板看板が出ていると思います。

 

店内の様子

 

店内は、色の濃いアンティーク調の木の家具で統一されていて、落ち着いた雰囲気。

何度か行きましたが、お客さんも大きな声で喋る人は、あまり見かけることがなく、ゆっくりと自分時間や少人数でのおしゃべりしている方が多いです。

 

 

まず席につくと、メニューを渡されるので、決まったら先にこのカウンターで注文します。

席はテーブル席、カウンター席、一人用の高めテーブルの3種類。

私はだいたいいつも一人で行くので、背の高い1人用の丸テーブルに座ります。

お店は広くはないので、ランチの時間など座れないこともあるので気をつけて。

 

メニュー参考

 

メニューはこんな感じで、コーヒーのラインアップが多く、こだわってる様子。

ドリンク価格の平均は180元くらいで安くはなく、アメリカンでも160元するので、少し高めかなって感じです。

 

 

定食セットにすると、アメリカンコーヒーがついてきます。

また、最低消費は一人飲み物か定食を1つ注文する必要があり、お客さんが多い時は2時間の時間制限付き。

ドリンクのお代わりは+50元でできます。

この卵サラダサンド「蛋沙拉麵包」が有名みたいなんですが、いつも売り切れor時間が合わず食べれないんです!

食べたい!

コーヒーとお菓子を頼んでみました

 

この日は、食事後の時間潰しだったので、軽くコーヒーとお菓子。

高めのスタンドライトがついている一人席にて。

 

 

手沖咖啡(ドリップコーヒー)160元

アイスコーヒーはキンキンに冷えていて、味は濃い目でした。

 

 

費南雪(フィナンシェ) 40元

フィナンシェは少し温めてあって、一手間おいしい。

お皿もセンスもセンス抜群で可愛い!

 

 

後日ランチも頼んでみました

 

燉牛肉飯 320元

大きなお肉と野菜が入ったビーフシチューご飯定食食べてみました。

 

 

160元分のドリンクセットなので、アイスコーヒー160元をつけてます。

 

 

すんごいでっかいお肉とホクホク柔らかいこれまたでっかいニンジン。

しっかり煮込まれて、お肉はホロホロでした。

 

椿珈琲 tsubaki cafeへのアクセスと詳細

椿珈琲 tsubaki cafeInstagramFacebook
時間 12:00〜21:00(月金〜18:00、火曜休み)
ラストオーダーは営業終了の1時間前、飲み物は30分前。
電話 02-2536-5818
住所 台北市中山區民權東路一段七十巷十號

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました