シンガポールのお土産「レトルト肉骨茶(バクテー)」の作り方

シンガポール
スポンサーリンク

シンガポールの名物といえば、海南鶏飯の他に思い当たるのが「肉骨茶」!
私もシンガポールに初めて一人で行ったときに食べたんですが、美味しかった!!!

で、レトルトやインスタントを買い漁ったんですが、そういえば、こういう現地のインスタント食品ってレシピは英語か中国語だなと気がつきました。

お土産でもらった人はどうしたらいいのかわからないんじゃなかろうかと。
そこで、レシピどうり作ってみました。
同じものをお土産でもらった方!美味しいからぜひ作ってみてください!


まずは、基礎知識。

◆肉骨茶とは

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供される。

つまり、福建省からシンガポールやマレーシアに伝わった(華僑の)煮込み薬膳料理です。
ニンニクと漢方薬をたくさん入れるので、スタミナ満点です!

DSC_1918

写真はシンガポールの松發の肉骨茶。
油棒を汁につけて食べるのがとっても美味♡

◆今回使うレトルトパック

DSC_9255

海士ブランドの「BAK KUT TEH 新加坡肉骨茶」。
確かこれチャンギ空港で買った気がします。

中身はタレが3袋

  • HERBAL BAG(薬膳袋)
  • HERBAL SOUP PASTE(薬膳ペースト)
  • DARK SOY SAUCE(ダーク醤油)

◆材料

DSC_9260

  • 肉骨茶レトルトセット :1箱
  • 豚肉(骨付が望ましい):600g
  • ニンニク       :8粒〜1玉
  • 水          :1,500ml程度

お肉、ニンニク、水の量は調整しつつ適当にw
いい骨付豚肉がなかったので、豚の腱とブロック(角煮とか作るやつ)にしました。

◆作ってみよう!

中国語のレシピはこちら。4人分できるようです。

DSC_9258

1)把肉骨放入沸水中汆燙(約20秒)。撈起備用。

お肉を沸騰したお湯で20秒煮る。取り出して置いておく。

DSC_9262

2)將1500毫升的水煮滾,加入蒜頭和藥材包煮約20分鐘,

1500mlの水を沸かし、ニンニクと薬膳袋を入れて20分煮る。

DSC_9263

3)打開醬料包,加入醬料和肉骨一起煮滾後調慢火煮多30分鐘即可。

薬膳ペーストを開け、肉と一緒に火を弱めに調整しながら30分煮る。

DSC_9265

大きい方の袋が薬膳ペーストです。
小さい方のダーク醤油は食べるときにお肉をつけて食べます。
(間違えて全部入れちゃったw それはそれで、美味しかったです)

DSC_9273

ペーストを入れるとそれっぽい色になってきました!

DSC_9276

完成!

スタミナ満点「肉骨茶」です!

皆様もお試しあれ〜

Amazonにも違う商品ですが、バクテーの素が売ってありました。
作り方そんなに変わらないと思うので、参考になると思います!

このブログの運営者
RIE
RIE

台湾駐在員&旅人ブロガー。フロントエンジニア。

台湾が好きすぎて移住「台湾のことなら台湾人にも負けない知識と経験がある」と自負しています(笑)東南アジア一人旅が得意です。

このブログでは旅の体験談、台湾情報、私の独り言を発信しています。

RIEをフォローする
スポンサーリンク
Booking.com
シンガポール
スポンサーリンク
RIEをフォローする
RIEのアジアンライフ

コメント