【カンボジア】現地で初日に絶対ゲットすべきフリーペーパー「Krorma MAGAZINE (クロマーマガジン)」

カンボジア
スポンサーリンク

今回の旅で絶対手に入れたかった雑誌がやっと見つかりました!
その見所紹介します!

2016年で発行が停まっていたらしいんですが、今年の1月から復活したとのこと!

ナイトマーケットのアロマのお店に置いてあった日本人向けチラシ置き場に最後の一冊残ってました!

IMG_0827

クロマーマガジン公式サイト
http://krorma.com/

クロマーマガジンはAPEX Cambodia Travel Service さんの編集部3名で作られています。
2006年から10年に渡り発行されていたのですが、2016年に一度休刊していました。
2018年1月に復刊!これから一層楽しみなフリーペーパーです!

IMG_0825

素敵な写真を贅沢に使用されていて、お土産にもなれるくらいアート感覚でも楽しめます。

記念すべき復活第1号の内容はこちら。

Krorma MAGAZINE vol.1 2018 JAN-MAR 目次

FEATURES
第1特集:ゆるり行く、コンポントム
第2特集:カジュアルフレンチ

AREA INFORMARION
プノンペン
シェムリアップ
沿岸部州

CONTRIBUTE
悠悠 私のカンボジア/山田隆量
手が紡ぐ物語/木村彩湖
クメールビューティー講座/上原弥生
行列のできる無料相談所/バズーカよしあき
これに、胸キュン。/やよい
市場飯考/園健&田中あずさ
日本人妻の日常/レイミ&タマエ

目次みるとわかると思うんですが、かなりローカルです。
有名どころというよりも、リピーターや新しいもの好きに嬉しい内容になってると思います!
もちろんどのコンテンツもカンボジアの魅力がいっぱい!コンポントム行きたい!

公式サイトからでもデータでDLできるんですが、ぜひ紙冊子を手に入れて欲しいです。

なぜかというと、、、

IMG_0823

切り離せる地図がついてるから!

シェムリアップはアンコールワットがあるので、ガイド本たくさん出てるんですが、プノンペンの情報って少ないんですよね。
よって詳しい大きめの地図も少ない。
現地密着型の現地駐在員などもみるこの雑誌はプノンペンの情報もたくさん載っています!

プノンペン、シェムリアップで配布されてるので、見つけたら、必ずゲットしてください!

配布場所:日本大使館、プノンペン・シェムリアップ市内のカフェ・レストラン・ホテル・土産店など、日本の旅行代理店

▶︎クロマーマガジン公式サイト
▶︎公式Facebook
▶︎公式Twitter

このブログの運営者
RIE
RIE

台湾駐在員&旅人ブロガー。フロントエンジニア。

台湾が好きすぎて移住「台湾のことなら台湾人にも負けない知識と経験がある」と自負しています(笑)東南アジア一人旅が得意です。

このブログでは旅の体験談、台湾情報、私の独り言を発信しています。

RIEをフォローする
スポンサーリンク
Booking.com
カンボジア
スポンサーリンク
RIEをフォローする
RIEのアジアンライフ

コメント