【シェムリアップ】乗ったトゥクトゥク金額まとめ

カンボジア
スポンサーリンク

トゥクトゥクには計算メーターもないし、乗り込む時の交渉で金額が決まります。

実際に私が乗ったトゥクトゥクの金額をメモがわりにまとめておきます。

金額設定は基本的には乗車人数に関係なく、1台あたりの金額です。

 

プノンペンの金額はこちら

https://www.rieasianlife.com/archives/7609900.html
 





シェムリアップの拠点

拠点のホテルは「The Cockatoo Nature Resort, Krong Siem Reap」

DSC_7906

Wat Damnak Village, Krong Siem Reap

 

【シェムリアップ】オールドマーケットまで徒歩10分!リゾート感もある満点のホテル「The Cockatoo Nature」
シェムリアップで拠点にしたホテル 「The Cockatoo Nature Resort」 安い割にすごくコスパが良くて快適な空間だったので、是非オススメしたい!

 

オールドマーケット→ ホテル(1km 未満)US$ 2

DSC_7436

2回乗ったんですが、両方ともこの価格でした。

 

ナイトマーケット → ホテル(1.3km)US$ 3

DSC_8593

値切りました。通常5ドルくらいかも。

 

ホテル → ARTilley Cafe(1km 未満)US$ 2

IMG_0787

 

【シェムリアップ】路地裏のベジカフェ「ARTillery Cafe」
今週の頭から一週間ほど、カンボジアに来てます。オーガニックカフェのヘルシーモーニングが完璧だったので、ご紹介。(instaでも紹介してます)

 

Temple Coffee n Bakery → Hap Guan St(1km 未満)US$ 3

DSC_7959

これはぼったくられましたね

 

【シェムリアップ】吹き抜けのノマドにぴったりカフェ「 Temple Coffee n Bakery」
二日間観光して疲れたので、ガイド本2冊ともに載っていたエステやライブハウスなども手がけるTEMPLEグループのおしゃれカフェへ。

 

 

ラッキーマート → ホテル(2.3km)US$ 4

DSC_8682

昼まで安かった印象。5ドルくらいかかっても良いと思います。

また、ホテルの専属ドライバーさんに1日チャーターしていただいたのですが、その場合は以下。

 

【シェムリアップ】現地スーパーに潜入!お土産探し&市場調査!
シェムリアップの物価調査(という名のお土産探し)でスーパー入ってみました。 現地食材、輸入食材、雑貨、価格調査などマーケティング的にも面白かったです。

 

アンコールワット日の出鑑賞&小周り:US$ 25

チケット売り場 → アンコールワット → アンコールトム(バイオン、像のテラス、ライ王のテラス) → タ・プローム → プラダック村

朝5:10出発で昼15時ごろ戻ってきました。これで25ドルは安い!
気持ちのチップを渡しました。

 

 

ベンメリア&ロリュオス遺跡周辺観光:US$ 40

チケット売り場 → ベンメリア → 昼食 → ロレイ → ブリア・コー → リトルエンジェルSHOP → バコン

遠出だったので、9:30出発戻り18:00ごろまで付き合ってくれました。
ちょうどバコンで夕日も見れて良かった!

 

 

ホテル→空港への送迎:US$ 7

行きの迎えは無料だったので、帰りのみホテルへ支払いました。
4日間とってもお世話になったドライバーさんへ多めにチップも別でお渡ししました。

シェムリアップではこのくらいの価格感でした。
もちろん、運転手さんが良くしてくれたらチップとして多く渡すのもありだと思います。

 

 

プノンペンのトゥクトゥク乗ってみた金額まとめはこちら

【プノンペン】乗ったトゥクトゥク金額まとめ
トゥクトゥクには計算メーターもないし、乗り込む時の交渉で金額が決まります。 実際に私が乗ったトゥクトゥクの金額をメモがわりにまとめておきます。 今回はプノンペン編。 シェムリアップ編はこちらからどうぞ。 ...more
このブログの運営者
RIE
RIE

台湾駐在員&旅人ブロガー。フロントエンジニア。

台湾が好きすぎて移住「台湾のことなら台湾人にも負けない知識と経験がある」と自負しています(笑)東南アジア一人旅が得意です。

このブログでは旅の体験談、台湾情報、私の独り言を発信しています。

旅サポート、制作依頼も承っています。
問い合わせ、TwitterのDMなどでお気軽にお問い合わせください!

RIEをフォローする
スポンサーリンク
Booking.com
カンボジア
スポンサーリンク
RIEをフォローする
RIEのアジアンライフ

コメント