【屏東:屏東】老舗巨大フルーツかき氷店の見どころは芸術的なメニュー「秋林牛乳大王」

屏東
記事内に広告が含まれています。

台湾の最南端の県、南国の高雄に住んでいるRie(@rieasianlife)です。

夜と早朝は涼しくなってきましたが、高雄はまだまだ暑さが続いており、毎日かき氷が食べたいほどです(笑)

台湾で一番人気なフルーツ、マンゴーの季節はもう終わりかけです。今年のマンゴーは食べられましたでしょうか?

屏東に行ってきた時に、友達に教えてもらったフルーツ屋さん(50年以上続く老舗の一つ)で、先日めちゃくちゃ巨大なフルーツかき氷を食べてきました。

 

広告

どこにあるの?

 

目的のお店があるのは、列車の「屏東」駅から歩いて10〜15分ほどの場所。

フルーツ屋みたいな外観の建物にでっかく「牛乳大王500cc」と書かれてるのが目印です。

秋林牛乳大王Facebook
時間 11:00~22:00
住所 屏東縣屏東市信義路28號

屏東っと聞くと遠いのでは?と思われる方も多いと思いますが、実は高雄駅から区間車に乗って、30分程度で行くことができます。高雄から台南に行くに行くより近いんですよ!

 

 

この時は大量のパパイヤと台湾のでっかいアボカド、ココナッツが大量に並べて(放り投げて?)ありました。

すっごく人気店なんですが、このフルーツたちは1日で使い切るんだろうか。

 

 

私が行ったときは、小雨が降っていて少し涼しいくらいの気温だったんですが、さすが人気店満席&行列でした。

行列からちらっと見えた木瓜牛奶(パパイヤミルク)の手書きレトロ看板がすごく良くて並びながら見惚れてました笑

 

 

この日は特に予定もなく、時間に余裕があったので、その辺を眺めたりスマホ見たりしながら待ってたんですが、どうやらここは並ぶことで有名なところみたい。

「注文を受けて作り終わってから次の注文を受けるので、時間がない人は並ばないで」なんていう張り紙がしてありました(笑)

この張り紙自体もカラフルだし、亀の絵とか書いてあるし味があってすごくいいわぁ〜。

 

また、今回は人が多くて写真撮れなかったんですが、ステンレスの机と椅子もすごく味があって良いです。

椅子と机が一体型になった、食堂のようなテーブル席はあまりみたことがないタイプで、よりローカル感を感じれました。

 

 

それと注文が終わったら、是非じっくりみて欲しいのがこの黒板メニュー!!!

とっても芸術性が高くて必見です!

注文後の待ち時間が長いので、その間にしっかりと見学してみてくださいー!

 

巨大なフルーツかき氷

 

  • 水果冰(フルーツかき氷) 50元
  • +マンゴー 50元

こんなに大きなフルーツかき氷にマンゴーを追加してもたった100元!

フルーツはどれも新鮮で、かなり大きくカットされていて食べ応え抜群。

 

 

この時入っていたのは、覚えていた感じだと、スイカ、パパイヤ、メロン、グァバ、パイナップル、いちごジャムなど。

季節や時期によって入っているフルーツは変わると思われます。

一人じゃ食べきれないかもなので、2人で1つを頼むのがおすすめ(私は食いしん坊なのでペロリしましたけどね!)

食べすぎてお腹痛くならないように気をつけてください笑

 

聞いた話によると、ドリアンかき氷はもっとすごいらしい。そびえたっているらしい・・・私はドリアンが食べれないので、好きな方挑戦してみてください!!

 

秋林牛乳大王へのアクセスと詳細

秋林牛乳大王Facebook
時間 11:00~22:00
住所 屏東縣屏東市信義路28號