【宜蘭:宜蘭】抹茶好きに有名なココナッツかき氷と和スイーツのカフェ「小亀有」

宜蘭

高雄に引っ越してきたのに、なぜか他県への仕事や用事が多くなったRie(@rieasianlife)です。

先日の限定列車「藍皮文博号」の体験乗車の時、せっかくきたからと宜蘭散歩もしたんですが、以前から行こうと狙っていたかき氷屋さん「小亀有 / kakigori」にも行ってきました。

 

宜蘭散歩の様子はYouTubeでVlog撮ってるので、是非見てみてねー。
台湾Vlog|宜蘭散步、抹茶かき氷、猫、歴史

 

Sponsor

どこにあるの?どんなお店?

 

場所は、宜蘭駅から徒歩3分くらいの場所。

経路も複雑ではなく、比較的行きやすかったです。

それとこのお店の周りにもたくさん良さげなカフェがあったので、時間があれば入ってみるのも良いと思いますよ。

小亀有 / kakigori。InstagramFacebook
時間 11:00〜19:00(水曜休み)
住所 宜蘭縣宜蘭市康樂路29號

 

 

店内も外観も日本っぽい雰囲気で作ってあり(古い建物をリノベーション)、たくさんのポスターや日本の小物雑貨で溢れていました。

小さいお店ですがたくさんお客さんがいらっしゃって満員状態でした。

 

 

みんなでかき氷食べたよ

 

  • 抹茶椰奶冰(抹茶ココナッツかき氷)190元

後から資料を調べていて知ったんですが、ここ、抹茶好きは絶対行きたいお店の一つみたい。

私は特に抹茶を特別好きなわけではなく、むしろあまり選ばないんですが、この日は急に抹茶が食べたくなって頼んだので、私のグルメレーダーはかなり的中するみたいです(笑)

 

 

まんまるで大きなココナッツミルクでできたかき氷は見た目もすっごく綺麗。初めてココナッツミルクのかき氷を食べたんですが、フワッフワできめ細かい氷は、食べた瞬間に口の中でとろけます。

味はミルクかき氷よりもあっさりしていて、甘すぎず、抹茶のほろ苦さにもよく合いました。

 

 

かき氷の上には、わらび餅とあんこが乗っていて、下には抹茶ゼリーや黒糖ゼリー?など、たくさんのトッピングが隠されていました。

メニューに載ってないのにこんなにたくさん入ってるなんてずるい!!!

 

 

  • 焙茶椰奶冰(ほうじ茶ココナッツかき氷)190元

こちらは一緒に行かれた方が選んでいたほうじ茶のかき氷。

抹茶とこれでかなり悩んだんですが、こっちもやはり美味しそう・・・。次回はこちらを食べようと思います。

 

 

  • 金桔檸檬優格冰(キンカンレモンヨーグルトかき氷)180元

こちらはまた別の方が頼んだ、金柑レモンヨーグルトのかき氷。金柑レモンだけでなく、ヨーグルトを合わせているってずるいですよね!!!

酸っぱいものが好きで、あっさりとしたい方にはおすすめです。

 

 

  • 薏仁湯+單球(ハトムギスープ+アイス1つ)140元

こちらは、ハトムギが好きな友達が頼んでいたセット。あんみつみたいなものがセットになってました(これもメニューには記載なし)

これもすっごく美味しそうで、見た目もすごい綺麗!!

こんな田舎町(って言ったら怒られるかしら。。。)で日本を感じられるのすごく不思議ですよねー。

 

 

アクセスと詳細

小亀有 / kakigori。InstagramFacebook
時間 11:00〜19:00(水曜休み)
住所 宜蘭縣宜蘭市康樂路29號

 

台湾スイーツが気になる方におすすめの書籍はこちら!

台湾スイーツレシピブック 現地で出会ったやさしい甘味 (料理の本棚) 若山 曜子 (著)

台湾のあまいおやつ 沼口 ゆき (著)

おうちで台湾スイーツ 谷口 ももよ (著)

台湾レトロ氷菓店 あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 ハリー・チェン (著), 中村 加代子 (翻訳)