【高雄:旗津】お魚が食べたいなら、フェリーに乗って海鮮レストランへ「旗后活海產」

高雄

どちらかというとお肉よりお魚の方が好きなRie(@rieasianlife)です。

高雄市から海鮮を食べに気軽に行ける場所といえば、鹽埕エリアからフェリーで15分で行ける島「旗津」。

ここは漁業で繁栄した島で、島の方々はほとんどが漁師さんだったという歴史を持っています。今回は、そんな漁業の島で美味しいお魚を食べてきました!

 

Sponsor

どこにあるの?どんなお店?

 

お店は、高雄の西側にある「旗津」という島の通称「海鮮街」と名前がついている通り。フェリーを降りて真っ直ぐ廟の方に歩いて行った通りなので旗津に行ったことがある方ならすぐわかるかと。

この通りは左右にたくさん同じような海鮮レストランや屋台がたくさん並んでいます。今回のお店はその中の一つです。

旗津について詳しくはこちら
【高雄:旗津】新鮮な海鮮ならフェリーで15分「旗津」がおすすめ!行き方と見所を解説

 

 

だいたい通りの中央あたりの向かって右側に現れるこの赤い大きな看板のお店が今回の目的のお店。(同じような名前のお店がたくさんあるので、行かれる際は気をつけてね)

もともと、海鮮が食べたくて旗津にきたものの、前調べしてなかったので、どこ行こうかなぁ〜とGoogleマップの評価やネット口コミを調べて試しにふらりと入ってみたお店です(笑)ちなみに、Rie調べによるとこのお店すでに40年はここで営業をされている結構長めのお店みたいですよ!

旗后活海產
時間 11:30~21:30
電話 07-571 5808
住所 高雄市旗津區廟前路31號

 

 

みて!この大きなしらす(てかしらすサイズではない説)!お店の入り口でその日に水揚げされた海鮮が元気よくまだ生きています♡

ここで勧誘のおばちゃんにメニューをもらって、メニューと食材を見ながら指差しで注文するシステムです。食材によっては時価の物もありますが、メニューに載っているものを選べば、明瞭会計でぼったくられたりはしないので、安心して注文してください。

 

 

店内は円卓がいくつも並んでいて、漁港のレストランって感じの雰囲気。

この日は土曜の昼に行ったのですが、私たちが入ってすぐに満席になってました。客層的にはこの時は外国人観光客は見当たらず、みんな台湾人でした。

 

 

待ってる間、壁に描かれていたこの『十大日勉』っていう教訓がじわった。

  1. 肚量大一點:度胸は大きめ
  2. 嘴巴甜一點:口は甘め(人を褒めたりいいことを言うという意味)
  3. 行動快一點:行動は早め
  4. 效率高一點:効率は高め
  5. 腦筋活一點:頭の回転はよく
  6. 理由少一點:理由は少なく
  7. 做事多一點:やることは多く
  8. 脾氣小一點:怒りは少なく
  9. 說話輕一點:話は軽く
  10. 微笑露一點:微笑みを多めに

要約ですがこんな感じのことが書かれています。深いわぁ〜。最後に「旗津之旅」と書かれていたので、このお店オリジナルなのか、そういう標語があるのかは謎です。

 

メニュー

 

なんとなく漢字を見るとわかったりしますかね?

  • 鹽烤類:塩焼き
  • 炸類:揚げ物
  • 深海魚類:深海魚
  • 主食類:ご飯もの
  • 生鮮類:生もの(お刺身とか)
  • 原味海鮮:多分素材の味を楽しめる蒸し物だと思われます
  • 湯類:スープ
  • 熱炒類:居酒屋のおかず料理系
  • 冷盤:冷菜
  • 青菜:野菜炒め

分類するとこんな感じです。これ以外に、実際に食材を指さして塩焼きとか炒め物とか指定もできます。

 

海鮮をたらふく食べました!

 

  • 綜合生魚片 200元

まずは、目的のお刺身!!!これを食べにきたと言っても過言ではございません。

サーモン、マグロ、カンパチ?ハマチ?の3種類の切り身が3切れずつ入ってました。サクッと食べるならちょうどいい量。結構な分厚さで鮮度もまぁまぁ良く、その辺の居酒屋よりは良いかなって感じでした(私の刺身に対する目は結構厳しめです笑)

何よりこのクオリティと量を200元で食べれるのは、高雄でもかなり良いと思います!

 

 

  • 鹹酥蝦 300元

続きまして、海鮮料理レストランではついつい頼みたくなるのがエビマヨ!

ちょっとだけこれは値段が高いかなとも思いましたが、ブリンブリンのの大きなエビがたくさん入ってるので、大満足でした!

他にも牡蠣やイカのフライとかもあり、そっちも気になりました!

 

 

  • 紫菜魩仔魚湯 180元

スープで是非、是非、是非にとも頼んで欲しいのがこのしらすのスープ!!!!紫菜は海苔のことです、多分。

潮の味と香りがすっごく聞いていて、魚の旨みも溶け出したスープはひたすらずっと飲み続けていたかった・・・!少し薄めの味付けなので、お刺身を頼んだ時の醤油を少し垂らすのがおすすめ。

180元なのに結構な量で、2人じゃ少し多いくらいでした。(ぺろりしましたが)

 

 

  • 炒飯 60元

それと、チャーハンは、海鮮のおかずが多かったので、普通のものにしました。60元と書かれていたので、一人分かなと思いきや、普通に2人分の量で1つしか頼まなくて良かった(笑)

台湾のチャーハンってどこで食べてもパラパラのお米ですっごく美味しいですよねー。ご飯ものは他に焼そばと炒めビーフンと白ごはんがありました。

 

 

  • 三蘇 150元

もし野菜炒めを頼まれる場合は、空芯菜ももちろんいいけど、私のおすすめはこの三蘇!原住民の方々がよく食べるぜんまいみたいなお野菜で、シャキシャキ食感がクセになります。どこにでもあるものではないので、見つけたら是非食べてみてください。

 

この日食べたものは以上です!!

2人だったので、これでお腹いっぱいになりまして、あまりたくさんのお料理が食べれなくて残念。他にもたくさんお店があるので、また別の店舗にも行って感想シェアしますね!

旗津に行かれる際は、参考に行ってみてくださいー!

 

 

食べ終わって店を出たら、ちょうどお参りの日だったらしく、お店の前の赤い円卓の上にたくさんのお料理とお供え物が置かれていました。海鮮料理レストランのお供物もやっぱり海鮮なんですね(多分、お参りが終わった後、スタッフの方々のランチになるんだと思われる)

この辺の神様は、毎回美味しい海鮮料理が食べれていいなぁ〜!

 

旗后活海產へのアクセスと詳細

旗后活海產
時間 11:30~21:30
電話 07-571 5808
住所 高雄市旗津區廟前路31號

 

台湾のローカルグルメが知りたいあなたにおすすめの書籍

台湾行ったらこれ食べよう! 台湾大好き編集部 (編集) 

台湾の朝ごはんが恋しくて:おいしい朝食スポット20と、簡単ウマい!思い出再現レシピ

aruco 東京で楽しむ台湾 (地球の歩き方 aruco)