【新北:蘆洲】看板メニューは原住民の調味料を使ったスープ「饗食鍋 蘆洲旗艦店」

台北

台湾にきてお鍋を食べる機会が増えたブロガーRie(@rieasianlife)です。

なぜなら台湾人はお鍋大好き!

お鍋は、日本だと冬や寒い日に食べる食べ物のイメージですが、暑い夏でもお鍋屋さんは大繁盛するほど。

今回ご紹介するお店は、そんなお鍋やさんの中でも評価が高い「饗食鍋」と言うお店の新店舗です♪

 

どこにあるの?どんなお店?

 

お店の場所は、地下鉄からは少し行きにくいですが、飲食店が集まっている蘆洲民たちの外食エリア。

李さん一族の大豪邸「蘆洲李宅古蹟」のすぐ近くです。

饗食鍋 蘆洲旗艦店FacebookLINE@
時間 12:00〜21:30
電話 0282858163
住所 新北市蘆洲區中原路13-1號

 

 

この日は、ちょうど休日のお昼時の13:00ごろに予約して行ったんですが、お店は満席!

永和にある本店も毎日行列ができてるので、かなりの人気店であることは確かですね!

行かれる場合は、是非予約をして行ってください。

 

 

1テーブルコンロが4つ付いている席に座ったんですが、お店の奥行きが思ったより広くて、テーブル席が基本。

全体では、50席以上はあったと思います。

ちなみに、テーブルも床も壁もピッカピカでした!

 

 

メニュー

 

お鍋屋さんなので、基本はお鍋です。

スープの種類も9種類とかなりのレパートリーがあります。

饗食風味湯、沙茶風味湯、蕃茄風味湯、素食香菇湯、牛奶風味湯、藥膳風味湯、麻辣風味湯、泡菜風味湯、馬告湯。

この中で是非食べて欲しいのが最後の「馬告湯」!

馬告とは、台湾の山上に生えている香辛料で、胡椒とレモングラスのような味がします。

他のお鍋屋さんで、このスープはみたことがありません。

 

ドリンク飲み放題

 

お鍋を注文するとドリンクは飲み放題です。

この日は、蜂蜜緑茶、紅茶、シャーベット2種類、無糖の緑茶がありました。

よくお鍋屋さんだと加糖のお茶や冬瓜茶が多いので、無糖があるの嬉しかった!

 

自分のタレをカスタマイズ!

 

台湾のお鍋といえば、手作りをするタレ!

お店によって置いている調味料が違います。

このお店は、塩、黒酢、お酢、ごま油、唐辛子、ニンニク、大根おろし、沙茶醬、醤油、ネギ。

ここのネギは、生ネギ(安い鍋屋は冷凍や乾燥を戻したものが多い)

他の調味料もどれも鮮度が高かったです!

 

 

皆さんはどんな調合しますか?

私は、醤油、ニンニク、大根おろし、ごま油、醤油、ネギ大量。

はい、ネギは大量に。

ちなみに台湾人が大好きな沙茶醬は、鍋の味が全てが沙茶醬の味になってしまうので入れません!

ご参考まで。

 

やってきました、本日の火鍋!

 

今回食べたのは2人分のお鍋セット「雙人套餐(899元)」。

お鍋、お肉、野菜、海鮮と超豪華です♡♡♡

一人450元でこの量はすごい!

 

 

こちらが食べたかった原住民の調味料を使った「馬告湯(マーガオスープ)」。

このセットは、一鍋一烤という半分がお鍋、半分が鉄板になっていてどちらでも楽しめる機材でした。

 

 

こちらも人気がありそうな「牛奶風味湯(ミルクスープ)」。

鉄板にはデフォルトで玉ねぎスライスが乗ってました。

ちなみに、玉ねぎは+10元で追加できます。

 

 

お肉も選択ができたので、2人で違うものを頼みました。

こちらは豚肉「精選豬五花(台湾産)」のスライス。

 

 

こっちは牛肉「精選牛五花(アメリカ産)」のスライス。

一皿結構な量乗ってるので、半分ずつ分け合うのにもぴったり。

お肉はデフォルトで「精選豬五花(単価90元)」「精選牛五花(単価90元)」がセットになってるんですが、他の肉に差額を払えば変更することも可能です。

羊肉や鶏肉にも、もちろん変更可能です。

 

 

お肉は、直接お鍋に入れてもいいですが、やっぱり半分は鉄板で焼いて焼肉に♡

調味料の塩だけを持ってきてお塩で食べてもいいし、火鍋用に作ったタレにつけてももちろん美味しいです。

 

 

スープに具材を入れると火が通るのに時間がかかるので、その間は鉄板で焼肉を楽しみました。

野菜も一度焼いてお鍋に入れると甘さが増した感じになってよかったです!

 

 

こちらは2人分の海鮮セット。

思った以上に盛り盛りで二人で驚きました。

大海老、小海老、イカ2種類、白身魚、アワビ(トコブシ?)、あさり・・・。

一人各2個ずつくらい食べれる結構な量でした。

 

 

イカとエビが大量にあったので、スープも一気に海鮮の旨味が加わりました!

 

 

もちろん、基本のセットの野菜ももりもり入ってます。

キャベツ、人参、大根、南瓜、青い葉っぱ(なんだろう)、蟹蒲鉾、蒲鉾、エノキ、肉団子、黒木耳、豆皮(薄い油揚げを油であげたパリパリしたもの)などなど。

もし他に食べたい具材がある方は追加注文もちろん可能です。

+10元〜かなりたくさんの具材が選択できますよ!王子麺とかチーズとか。

 

 

馬告スープの味は、あっさり出汁なので海鮮を入れることで完全に海鮮鍋になりました笑

ただ、粒ごと入っている馬告を途中で噛むと、一気に爽やかな風味が口の中に広がります。

もしもっと味を利かせたいって方は、中に入ってる粒をスプーンなどで潰しながらスープを作るとより感じられるようになるかと思います。

馬告自体にはデトックスや消化促進作用もあるみたいなので、味は好みではないけど、成分は取り込みたい!って方は馬告を避けて食べてください。

ミルク鍋も食べたんですが、こちらは牛乳の味が強めで一般的なものよりも濃厚。

ただ煮詰めていくうちに、具材の旨みが溶け出して、程よい濃さになりましたよ。

 

 

スープが少なくなったら、自分で追加の出汁を入れれます。

何度も継ぎ足し可能ってこれも台湾ならではですねww

トッピングを追加してもいいし、スープだけでも無限スープできます(そんなに食べれないけど笑)

 

食後はコーヒーとデザート♡

 

台湾の火鍋屋さんのデザートといえば、アイスクリーム!

もちろんここにも食べ放題でアイスが常備されています(コーンまで!)

私たちが行った時は、コーヒー、チョコレート、メロンがありました。

 

 

それと、ここにはなんとNESCAFEのマシンとポップコーン製造機までありました!

アメリカン、ココア、ラテ、モカ、ホットミルク・・・などなど、バリエーションも豊富です。

 

 

さらに、ポンポンと定期的に出来立てのポップコーンが音を立てています。

音がするたびに、周りのお客さんたちもポップコーンが出てくる様子を見守って楽しみにしてました。

ポップコーン製造機の周りは美味しそうなキャラメルの香り。

(ここだけ映画館にいるような気分になりました笑)

 

 

カプチーノと出来立てポップコーンを持ってきました。

出来立てポップコーンめちゃめちゃうまい!!

これをアイスに乗っけて食べても美味しそうだなぁ〜と思いつつ、お腹がもうはち切れそうだったので、やめました笑

饗食鍋は、蘆洲店だけでなく、他の店舗にも同じようにポップコーン製造機があるようですよ!

 

蘆洲に住んでいる方はもちろん、ちょっと変わった原住民の香辛料を使ったお鍋が食べたいって時は、是非行ってみてくださいー!

 

饗食鍋へのアクセスと詳細

饗食鍋 蘆洲旗艦店FacebookLINE@
時間 12:00〜21:30
電話 0282858163
住所 新北市蘆洲區中原路13之1號

 

また、他の店舗はこちら。

饗食鍋 永和創始店HPFacebook
時間 11:00~22:00
電話 02-2920-6001
住所 新北市永和區永貞路391號

饗食鍋 桃園店Facebook
時間 11:00~22:00
電話 03-3398388
住所 桃園市桃園區民安路56號

台北市内からだったら、場所的には永和の本店がこの中では行きやすいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました