【新北:永安市場】公園の裏にあるインドネシア人の集う雑貨屋兼カフェ「萌太利印尼料理(Mentari Cafe Indomart)」

台北

アジア大好きブロガーRie(@rieasianlife)です。

台湾には移民の方々が多く、美味しい本場の味が手軽に食べれるお店がたくさんあります。

今回ご紹介するのは、初めて食べたインドネシア料理!

インドネシアには行ったことがないんですが、インドネシア人が経営されていて、インドネシア人のお客さんがたくさんいたので、本場の味なのかも!?

 

どこにあるの?外観は?

 

お店は、黄色いラインの「永安市場」駅の裏にある通称「四號公園」の向こう側にあります。

一見雑貨屋さんなので、通りすがらないように気をつけて!

萌太利印尼料理(Mentari Cafe Indomart)
時間 9:00~21:30
電話 0229450201
住所 新北市永和區得和路32號

 

 

店内は、中央がテーブル席(15人くらい)あり、壁側にはズラーーーーっとインドネシアのお菓子や雑貨、インスタント食品、調味料などが並んでいます。

中国語とインドネシア語?の文字が並んでいて、ここは台湾ではないみたいな雰囲気。

 

 

試しに、インドネシアのドリンクも飲んでみたよ。(確か20~30元くらい)

緑茶と書いてあったけど、味は甘〜〜〜い紅茶でした!

でも、甘味もあるけど、スッキリして美味しかったよ。

 

メニュー

 

メニューは、ザ・アジアン料理!って感じ。

100元〜150元くらいの価格帯で、バリ島の雰囲気が漂っています。

ドリンクは、コーヒー、ラテ、カプチーノ、紅茶のみ。

 

 

気になるお料理食べてみたよ!

 

花生醬烤雞飯 Satay Ayam 150元

直訳すると、ピーナッツソースの焼き鶏肉ご飯。

メニューの写真よりも副菜が多くて、ボリュームがあります。

 

 

英語でSatay(サティ)とある通り、マレーシアで食べたしっかりと焼かれた焼き鳥。

日本の唐揚げなんかと違って、歯応えがあり、しっかり串に刺さってるので、手で串を持ってしっかりと歯でガブリつきます。

ピーナッツのソースが甘い!!!スパイスがめちゃめちゃ効いていて、旨味がすごい!

アジアの路上で食べてるような味で、めちゃめちゃ好みの味でした。

 

 

おかずは、焼きそば、野菜炒め、揚げ豆腐、きゅうりが入ってました。

ただし、この真っ赤な唐辛子ソースめちゃめちゃ辛いです。

お店の方が、辛さが足りなかったら遠慮なく言うのよ!と言われましたが、いやいや、辛すぎてこれで十分でした笑

辛いのが苦手な方は、注文の時に抜いてもらうのがおすすめ。

 

 

それとテーブルに乗っていたこの甘い黒いソースがめちゃめちゃうましでした!

例えるならば、海南鶏飯を食べるときについてくる「老醬」にもっとアジアの味を追加したような味。

激うますぎてこれだけでご飯大盛りいけます。

 

 

甜醬烤雞飯 Ayam Bakar 140元

こちらは友達が食べた、甘い鶏肉ご飯。

甘く焼いたタレがついてる照り焼きチキンって感じで、ピーナッツソースほどは甘くはないですが、これも激うまでした!

 

 

印尼潛艇魚餅 Pempek Palembang 120元

写真を見ておつまみみたいなものかと思って頼んでみたんですが、これは冷たい麺(冷やし中華みたいな麺)の上に熱々の揚げ物が乗ってる1品料理でした。

 

 

潛艇魚とは潜水艦でとる魚=深海魚のような意味になります。

インドネシアの深海魚を使ったツミレ焼きみたいな名前だったので、ワクワクしながら頼んでみました。

予想通り、つみれの揚げ物〜!笑

麺についている汁をつけていただくとすごくあっさりと美味しい!

 

 

予想以上に頼みすぎて最後はお腹が張り裂けそうでしたが、これは冷たくて夏にぴったりなお料理でした。

インドネシア在住の友達から、これはペンペック(pempek)というパレンバン地方の料理と教えてもらい、へぇ〜そんな地方料理もあるんだ!と面白かったです。

UberEatsもやってるみたいなので、気になるかた探してみてくださいー!

 

 

萌太利印尼料理へのアクセスと詳細

萌太利印尼料理(Mentari Cafe Indomart)
時間 9:00~21:30
電話 0229450201
住所 新北市永和區得和路32號

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました