【新北:福隆】駅近で夏秋にしか開店しないお店の石花凍スイーツを食べる「福隆尚青氷品」

台北

ミルクかき氷も好きですが、シンプルな黒糖かき氷の方が実は好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回は、東北部の海辺ならではのスイーツ「寒天(石花凍)スイーツ」のお店をご紹介。

 

台湾の寒天「石花凍」について

宜蘭の大溪漁港で食べた石花凍

 

寒天は中国語で「石花菜(スーファーツァイ)」。

語尾にだいたいゼリーを意味する「凍」がついて寒天ゼリーは「石花凍」として売ってあります。

 

天気が良すぎて白とびしてますが、6月末くらいに基隆に行った時に道端で干してた石花菜

 

台湾の東北角海域(基隆~宜蘭の間)が産地で、この地方に行くと沢山の寒天ゼリーを売るお店を見ることができます。

石花凍は、春から夏の初旬にかけてが収穫期。

採りたての石花菜は紫色をしていて、洗って乾かした後、天日干しにし、それを繰り返していくことで色が抜けて白いおなじみの寒天になります。

なのでこの時期に東北角海域にいくと、石花菜を天日干しにしてる場面に出くわすことがありますよ。

 

迪化街でも見つけました!一番左下にある「石花菜」

 

日本だとおなじみの糸寒天、角切り寒天、粉寒天などがありますね↓

 

ちなみに、寒天にはビタミンBとAが豊富に含まれており、新陳代謝を助ける効果があるとか、食物繊維も豊富なのでダイエットや美容にも・・・。

 

さてこれから本題、福隆駅で食べた寒天スイーツをご紹介しますー!

 

どこにあるの?

 

お店は、東北角エリアの海水浴場で賑わう駅「福隆」。

ここは、以前ご紹介した「福隆弁当」という駅弁が有名な駅です。

 

 

この坂になっている駅前の道をまっすぐ歩いて、1つ信号機を渡った右手にお店はあります。

↓こんな青いメニュー看板のお店なので、すぐわかると思います。

 

メニューは?

 

売っているものは寒天ゼリー(30元)とかき氷(50元)と豆花(50元)とドリンク(30元)。

その値段たるや、めちゃくちゃ安いです。

  • 招牌百香果石花凍:パッションフルーツ寒天ゼリー
  • 招牌鳳梨石花凍:パイナップル寒天ゼリー
  • 檸檬石花凍:レモン寒天ゼリー
  • 黑糖石花凍:黒糖寒天ゼリー
  • 剉冰任選四種:かき氷(トッピング4つ)
  • 豆花任選四種:豆腐プリン(トッピング4つ)
  • 牛奶冰:ミルクかき氷
  • 日月潭紅茶:日月潭の紅茶

さらにミルクトッピングは無料らしい・・・最高かよ・・・。

 

 

かき氷と豆花を選んだ方はこのトッピングから選べます。

寒天ゼリーのパイナップルを頼んだんですが、ここからパイナップルジャムを入れていました笑

ま、そうよね笑

 

このお店の寒天ゼリー

 

招牌鳳梨石花凍(パイナップル寒天ゼリー)30元

看板メニューと書かれていたら選ばないわけにはいかないですよね!

パイナップルの方にしました!

この浮いてる白っぽい塊が寒天です。

 

 

暑かったので、上に少しだけかき氷の細かい氷も入れてくれました。

あ、氷いらない人は先に言わないと自動で入れてくれます笑

 

 

この透明なものが、天然の寒天♡

食感は、愛玉よりももちろん硬くて弾力がありますが、日本の寒天ゼリーよりは柔らかかったです。

うまうま〜。

 

それに、店員のばちゃんたちは気さくで話しかけやすかったです。

駅前にお弁当屋さんが乱立しているので、どこがいいか聞いたところ地元の方オススメのお弁当屋さんや周辺の情報を色々教えてもらいました♡

ちなみにこのお店、夏〜秋しか空いてないみたいなので、いかれる際はご注意ください!

 

福隆尚青氷品へのアクセスと詳細

福隆尚青氷品
時間 9:30〜18:00(5月〜10月のみ営業)
電話 02-24991817
住所 新北市貢寮區福隆街22號

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました