【台湾】お土産にぴったり家で簡単中華料理♪本格調味料「双人徐の功夫媽媽」シリーズ

台湾

料理は食べるのも作るのも好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。

台湾旅行にいらっしゃる方の中には、台湾現地の調味料を買って家で台湾の味を再現するという方も多いのではないでしょうか!

今回は、そんな料理好きにオススメの、本場の味が再現できる調味料のご紹介!

 

双人徐の功夫媽媽(KUNG-FU MAMA)シリーズ

 

双人徐は、台北に2009年に創業した混ぜ麺レストラン。

shuangrenhsu.com

湖南人の徐おばあちゃんが軍人で山東人の徐おじいさんと結婚し、台湾にやってきます。

台湾の軍人村(眷村)で生活していくうちに中国各地から集まってきた料理を試し完成させたのが「徐おじいさんの混ぜタレ(徐老爹的炸醬)」。

そのタレがテレビ番組で取り上げられて、美味しいと評判になり、孫の兄Chrisと弟Walterの2人で祖父母の味を伝承し始めたブランドが2人の徐と言う意味の「双人徐(雙人徐)」。

今では、世界中で賞を取り続けて台湾美味しいまぜ麺を世界に広げているすごいお店です!

お店は台北の東側「內湖」「大直」にお洒落な店舗があってちょっと高級です。

 

そんな「双人徐」が出している、本格派調味料シリーズです。

ちなみに、全聯スーパーで見つけました♪

 

老薑麻油(生姜鶏肉スープ)

 

1つ目は、冬にほっこり温まる生姜入りの鶏肉スープ「老薑麻油」。

 

 

裏に作り方と成分が書いてあり、この1袋で300gのお水なので、1人分です。

パッケージのサイズは手のひらくらいなので、たくさん買ってもかさばりません。

 

 

中身はすでに調合してあるこのスープ1袋(30g前後)のみ。

このスープと具材と水を煮込めばもうできちゃいます!

めちゃくちゃ簡単♪

 

老薑麻油を作ってみました♪

 

用意したのは鶏肉のぶつ切り。

骨があったほうが出汁が出るのでより美味しいですよ。

 

 

300gのお湯を沸騰させて、スープを入れ、あとは具材を入れてぐつぐつ煮るだけ。

 

 

できました♪

今回は鶏肉以外に、黒きくらげとエノキも入れました。

 

 

具材をたくさん入れたので、最後に少し塩で味付けしたんですが、コクがあってうんまい!!!!

すっごい簡単だし、オススメです!

 

紅袍麻婆(花山椒マーボー豆腐)

 

続きまして、辛いのが好きな方にはかなりオススメのこちらの麻婆豆腐!

花山椒(花椒)の中でもレベルの高い「大紅袍花椒」が使われています。

 

 

こちらも作り方は超簡単。

豆腐と少しの水をフライパンでぐつぐつして、タレをかけてあえるだけ。

 

 

中身は、生姜スープと同じように液体調味済みの袋が1つ入っているだけです。

 

紅袍麻婆を作ってみました♪

 

用意したのは、絹ごし豆腐1丁と紅袍麻婆のみ。

 

 

裏のレシピ通りにフライパンに豆腐と水を入れてぐつぐつ火を通します。

 

 

だいたい煮詰まってきたら、調味料のタレをドバッとかけます。

袋を開けた瞬間・・・・すっごい花山椒の香り!!!!!

キッチンが一気にいい香りになりました。

 

 

しばらく会えてぐつぐつしたら出来上がり!

味は、かなり本格的に山椒辛いです、下がスーッとするピリピリ痺れる辛さです。

辛いけど旨味もすごくて、めっちゃくちゃ個人的には好みでした!

ご飯にかけて食べたいっ!!!!!

 

ぜひ見つけたらお土産にどうぞー!

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました