【台湾グルメ】某日本企業と似たロゴのインスタント麺「府城肉燥味湯麵」が実はトロうま!

台湾

節約する日はもっぱらインスタント麺を食べてる台湾ブロガーRie(@rieasianlife)です。

最初は私も知らなかったのですが、今回ご紹介するインスタント麺は、興霖食品股份有限公司という会社の商品で、実は日本の五木食品とは全くの別会社。

日本の五木食品とかなり似ているロゴを台湾で商標登録し、ざわついた会社です笑

 

日台五木について

五木LOGO非日原創 日商跨海提告敗

私の故郷熊本のうどんブランド「五木」と台湾の「五木」のロゴはかなり似ています。

創業を見ると日本五木は1967年、台湾五木は1957年と10年の差がありますが、どちらが先に始めたのかは、それぞれが主張しています。

国を超えた商標問題は、日本五木食品が2011年に国を超えて訴えを起こしましたが、却下され、台湾企業の勝利で決着がついています。

台日「五木ラーメンロゴ」裁判、日本の訴え却下

 

なんとも台湾によくありそうな会社ですが、食品は広く売られており、味は問題ないので、安心してください(汗

 

外観・パッケージ

 

  • 府城肉燥味湯麵

今回紹介するラーメンのパッケージはこちら。

府城肉燥とは、わかりやすく簡単にいうと台南の魯肉飯のこと。

府城(台南)地方の魯肉飯は、甘めなお肉に角煮が入ってボリューミーです。

そんな台南の魯肉飯の味付けのインスタント麺です。

 

 

中には4食分入っています。

ちなみにこの商品、2020年5月頭に販売開始された比較的新しい商品。

現在は、先行販売として青い方のスーパー「全聯福利中心」のみで販売されているようです。

ちなみに、同じシリーズで「麻油珍菇味湯麵」も販売されています。

 

中に入っているもの

 

中に入っているのはシンプルに3つ

  • インスタント麺
  • 粉末スープ
  • 液体調味料

 

すごく簡単で特に説明するところもないですが、作り方と様子を写真でご紹介します。

では、いってみましょうー!

 

作ってみたよ

 

まずお湯を沸かして、麺を入れて、少しふやけてきたら、ほぐします。

 

 

2分ほど茹でたら麺がふやけてこんな感じになります。

この時点で麺の味がスープに溶け出していい香り。

 

 

麺が柔らかくなったら、粉末スープと液体調味料を入れて混ぜる。

粉末スープには乾燥ネギも入っていて、入れた瞬間濃厚ないい香り。

液体調味料は油なので、最初に粉末スープを入れてから、液体調味料を入れた方が麺にしっかり味がつく気がします。

 

 

お皿にもったら完成!

麺がふやけてかさ増しするので、一食分でちょうどいい量になりました。

 

食べた感想

 

初めて食べたときの感想は、濃厚!!!!!

見た目じゃちょっとわかりにくいかもしれないんですが、スープに少しだけとろみがあります。

麺線や肉羹ほどのとろみではなく、すこ〜しだけ飲んだらトロッとするなっていうくらいです。

粉末スープの中にニンニクや玉ねぎ、エシャロットチップスが入っているため、旨味も抜群でした。

 

この記事もおすすめ

【台湾生活】日本人にも台湾人にも大人気!TTLのカップラーメン「台酒シリーズ」を食べ比べ!
平日の朝ごはんは、コンビニのシャケかチャーハンおにぎりとコーヒーで過ごしている、ザ・会社員ブロガーRie(@rieasianlife)です。今回は、以前YouTubeでもご紹介していたTTL(臺灣菸酒股份有限公司)のカップラーメン「台酒シリ
【台湾】絶品なのに超簡単なインスタント麺「曽拌面(曾拌麵)」をお土産にいかが?
最近、屋上に引っ越して簡易キッチンを作ったので、もっぱら時間があると自炊している(1階まで降りるのが面倒なので家で済ませたいが本音w)ブロガーRie(@rieasianlife)です。今回ご紹介する食べ物は、そんな日頃から自炊している方、料

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました