【台湾生活】日本人にも台湾人にも大人気!TTLのカップラーメン「台酒シリーズ」を食べ比べ!

台湾

平日の朝ごはんは、コンビニのシャケかチャーハンおにぎりとコーヒーで過ごしている、ザ・会社員ブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回は、以前YouTubeでもご紹介していたTTL(臺灣菸酒股份有限公司)のカップラーメン「台酒シリーズ」をご紹介。

このシリーズは、日本人観光客にも人気なので、みたことがある方も多いのでは!

それでは、写真と動画一緒にどうぞー!

 

TTL(臺灣菸酒股份有限公司)について

 

TTL(Taiwan Tabacco & Liquor Corporation)とは、臺灣菸酒股份有限公司。

臺灣菸酒股份有限公司の全身は、1898年に創業したアヘンや樟脳を販売していた「臺灣總督府專賣局」。

1947年「タバコ」や「お酒」専用国営企業として分社化してできた会社です。

その後時代の流れとともに、民営化し民国91年7月1日に「臺灣菸酒股份有限公司」ができました。

そんな100年以上の歴史のある企業です。

 

↓会社情報について詳しくは公式サイトをどうぞ

臺灣菸酒股份有限公司

 

台酒シリーズ食べ比べ!

 

今回ご紹介するカップラーメンは、そんなTTLが出しているカップラーメンシリーズ「台酒」。

袋麺とカップタイプがあり、コンビニで購入できるものは、全3種類あります。

  • 花雕雞麵:小売価格53元
  • 花雕酸菜牛肉麵:小売価格53元
  • 麻油雞麵:小売価格53元

 

今回はその3種類全て食べてみたので、中身と感想をご紹介しますー!

 

花雕雞麵

 

まずは、花雕雞麵(ファーディアオジーローメン)。

花雕雞とはお酒とお醤油で味をつけた台湾料理の一つです。

 

 

調味料は「味粉袋」「お酒」「レトルトの具」「液体調味料」の4つ。

粉を入れた後、お湯を入れて他の調味料を蓋において3分待ちます。

 

 

3分経って具を全部入れて麺を絡めたら出来上がり。

 

 

お肉は鶏肉が、思ってたより結構たくさん入ってました。

味は、お酒の味が強め。

あと、くこの実が甘くて、ちょうどいいバランスでした。

台湾のカップラーメン花雕雞麵を食べる動画

 

花雕酸菜牛肉麵

 

続きまして「花雕酸菜牛肉麵(ファーディアオスアンツァイニョーローメン)」。

先ほどの花雕に酸菜(高菜)を入れた牛肉麺です。

 

 

調味料は「味粉袋」「液体調味料」「お酒」「レトルトの具」のこれも4つ。

同様に、粉を入れた後、お湯を入れて他の調味料を蓋において3分待ちます。

 

 

こちらは牛肉麺なので、スープの色が濃いめの紅燒牛肉麵風です。

 

 

お肉は半筋半肉で、これは豪華です!

1つ目にご紹介した鶏肉と違って、こちらの味は濃厚でした。

台湾のカップラーメン花雕酸菜牛肉麵を食べる動画

 

麻油雞麵

 

最後にご紹介するのは「麻油雞麵(マーヨージメン)」。

麻油雞とはごま油で煮込んだ鶏肉スープで冬に食べたい有名なスープ。

 

 

これも同様に調味料は「味粉袋」「ごま油」「お酒」「レトルトの具」のこれも4つ。

麻油雞麵は、液体調味料の代わりにごま油が入っていました。

 

これも同様に、粉を入れた後、お湯を入れて他の調味料を蓋において3分待ちます。

 

 

このラーメンはあっさりスープですが、お酒が強い!

麻油雞もごま油とお酒が強い料理なので、忠実に再現されています。

 

 

中に入っていたお肉はちょっと小さめ。

その代わりにだしの効いたゴマ油スープを全部食べ終わっちゃいました♪

台湾のカップラーメン麻油雞麵を食べる動画

 

3種類食べてみた感想

この3つのシリーズを食べ比べて、私が一番好きだったランキングは・・・

No,1)麻油雞麵

No,2)花雕雞麵

No,3)花雕酸菜牛肉麵

カップラーメンは、あっさりしたものが好きなので、あっさりだけどコクがある麻油雞麵が一番好みでした。

もしがっつり濃いめが好きな場合は、順位が逆になるかも。

10年ほど前、お父さんが台湾赴任だったので、お土産で台湾のカップラーメンをちょくちょく買ってきてくれていました。

ただ、そのころのカップラーメンそんなに美味しくなくて(調味料の漢方薬臭がすごかった)あまり好きではありませんでした汗

でも、最近のラーメンはすごく食べやすくなりました!

お肉系は日本に持ち帰れないので、台湾滞在中にホテルで食べたりするのもオススメです!

 

日本でも、袋麺タイプを売ってるみたいです^^

試してみてくださいー!

 

今回紹介したTTLの商品ではないですが、これも美味しいです!

この維力のは、昔からあるカップラーメンで、麺とスープを分けて食べれるっていう画期的なシリーズで、お得なので台湾人にも大人気です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました