【台北:龍山寺】創業100年以上の昔ながらの超老舗スイーツ店「龍都冰果専業家」

台北

かき氷は冬でも食べたい冷たいもの好きブロガーRie(@rieasianlife)です。

↑こんなことすると台湾人に体を冷やすと怒られます笑

台湾の伝統的なスイーツの一つにかき氷があり、ベースの氷にフルーツやピーナッツなどをトッピングし黒蜜をかけるタイプの一番シンプル(?)なかき氷が一番好きです。

かき氷屋さんですが、冬になると小豆のお団子スープなどのあったかいスイーツも販売されてますよ。

今回ご紹介するお店は、かなり老舗のお店なんですが、お引っ越しされていたので、現在の店舗をご紹介します。

 

Sponsor

どこにあるの?どんなお店?

 

場所は、MRT「龍山寺」駅から徒歩5分くらい西へ行った場所です。

1番出口を出てLuisaコーヒーの方へ歩いて行った向かい側の通りにこんな白に青い文字、赤いロゴの看板が現れると思います。

龍都冰果専業家Facebook
時間 11:30~22:00(水曜休み)
住所 台北市萬華區和平西路三段192號

 

 

1920年創業のこのかき氷店は、超老舗の有名店(2023年現在で、創業103年目)!

もしかしたら台北で一番古いかき氷屋さんかもしれません。

元々は、龍山寺の横道の商店街(廣州街)の中にあったんですが、現在はこの場所にお引っ越しされました。

壁にはたくさんの著名人や大統領との写真や歴史を紹介する写真が貼ってあります。

 

 

店舗は少し小さくなったかな?って感じですが、相変わらずたくさんの地元の方々で賑わってましたよ。

ここはおじいさんからお孫さんまで3代続けて通っている台湾人の昔ながらの味を提供するお店の一つです。

 

かき氷を食べたよ

 

この日も暑かったので、かき氷を食べました(2022年9月ごろ)。

注文方法はレジの列に並んで注文・支払いをしたら、その場で盛り付けをしてくれるので、自分で席まで持っていく方式でした。

 

 

ベースを選んで、トッピングの中から好きなものを注文します。

名前がわかれば良いですが、わからないものもあると思うので指差し注文で全く問題ないですよ。

 

 

この日は、こんな注文をしました。

  • ベース:ミルクベースかき氷(牛奶冰)
  • トッピング:コンニャクゼリー、仙草、サツマイモの蜜芋、大豆(蜜豆?)
  • 追加:ミルクプリン

このミルクプリン(乳酪)がどうしても食べたかったので、基本の4つに追加トッピングです笑

ギリギリまで盛られるので、こぼさないようにテーブルに運んでいただきます!

 

 

お昼をちょうど食べてなかったんですが、これひとつ食べただけでお腹いっぱいになりました笑

二人で1つ頼むとちょうど良いと思います笑

 

 

台湾にはいろんな氷があるんですが、ここのかき氷の氷は「ザ・台湾のかき氷」(笑)の王道な感じです。

もし台湾に来るのが初めてで、最初に現地のかき氷を食べる!って方にもお勧めできるかと!

 

ちなみに、ここで有名なのは「八寶冰」なので、どれを食べたら良いのかわからない方は、看板メニューをどうぞ。

ただし、私は八寶冰はあまり好きではありません、台湾のくせがつよいので、冒険したくないって方は、私みたいに基本のやつにトッピングを自分で選ぶのが安全ではあります。

冬はあったかい小豆や緑豆のスープをどうぞ。

 

龍都冰果専業家へのアクセスと詳細

龍都冰果専業家Facebook
時間 11:30~22:00(水曜休み)
住所 台北市萬華區和平西路三段192號

 

台湾スイーツが気になる方におすすめの書籍はこちら!

台湾スイーツレシピブック 現地で出会ったやさしい甘味 (料理の本棚) 若山 曜子 (著)

台湾のあまいおやつ 沼口 ゆき (著)

おうちで台湾スイーツ 谷口 ももよ (著)

台湾レトロ氷菓店 あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 ハリー・チェン (著), 中村 加代子 (翻訳)