【台北:迪化街】スタッフさんの気配り最高!カレーが食べれる古民家カフェ「幻猻家珈琲 Pallas Cafe」

台北

MARIちゃんの影響でカレー屋さんがあると試してみたくなるブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回も迪化街にて人気のカレー屋が食べれるお店を見つけたので、2人で行ってみました。

 

どこにあるの?外観は?

 

場所は、北門から徒歩5分ほど北上した迪化街の路地の中。

北門側からあるいて、Mikkeller Taipeiの次左側の通りを入り、右手のこんな外観のお店です。

営業時間はカレーの香りが漂ってるかも。

 

 

カレーは売り切れる可能性があります。

売り切れるとこんな紙がドアに貼られるので、もしカレーを食べたい場合は、気をつけてみてください。

また、並んでいる人はあまり見えないかもしれませんが、実はかなり行列ができます。

店員さんに受付表に人数と名前を書いてもらい、呼ばれたら入る形式。

呼ばれた時にその場にいなかったら飛ばされますので、お気をつけを。

 

店内の様子

 

お店は建てられて60年以上の古民家を改装された2階建て(↑の写真は2階席。)

少し暗めの店内も全体的にアンティーク調の家具とグリーンで雰囲気抜群です。

周辺も古い建物に囲まれているので、窓の外も台湾のレトロかわいい色が見えます。

 

 

1階にはキッチンを望めるBARテーブル席がもあります。

今回はここに座ることにしました。

店員さんがすごく気さくで、日本人とわかると綺麗な日本語で単語を披露(決して、会話できる訳ではないです笑)

お客さんたくさんいる中、ちょいちょいおしゃべりしてくれました。

 

カレーランチをしたよ

 

こちらが今回お目当てのカレーランチ「招牌咖哩(飯)280元」。

お箸とスプーンもきっちりと綺麗に並べてくれました。

 

 

ほのかにとろみのある日本風のカレーで、鰹節が入ってるのかな?だしカレーのような味。

ご飯だと280元でパンだと300元です。(パンも有名みたいでした)

日本風の福神漬けものっていてこれも美味しかった!

 

 

デフォルトで温泉卵がのってるんですが、+30元で卵(温泉卵/目玉焼き/オムレツ)を追加することも可能です。

 

 

+100元でホットコーヒー追加可能です。

人が多すぎなければ、このカフェは◎ 何より、気さくな店員さんの気配りが最高でした。

また、ここにあった四角い「焦糖布丁(キャラメルプリン)」も有名みたいなので、次回食べたいと思います!

食べたらここに追記しますね♪

 

幻猻家珈琲 Pallas Cafeへのアクセスと詳細

幻猻家珈琲 Pallas CafeFacebookInstagram
時間 10:00〜21:00(水曜12:00〜18:00、月火休み)
電話 02 2555 6680
住所 103台北市大同區迪化街一段14巷14號

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました