【台湾】台湾でよく見かける「蒲瓜(プーグァー)」で福神漬け作ってみた!

台湾

料理も大好き台湾在住ブロガーRie(@rieasianlife)です。

台湾は、日本よりもかなり、だいぶ暖かい地域、そのため、市場やスーパーに行くと日本には売ってない果物や野菜がたくさんあります。

今回ご紹介する蒲瓜(プーグァー)も日本ではあまり食べられない野菜の一つ。

なかなか美味しい野菜だったので、もし見つけたら料理してみてください♪

 

蒲瓜(プーグァー)って?

 

このぽってりとした形の野菜は、瓜科の植物「蒲瓜(ㄆㄨˊㄍㄨㄚ:pu2gua1:プーグアー)」、英語でBottle Gourd。

葫蘆・壺蘆(どちらも発音はㄏㄨˊㄌㄨˊ:ju2lu2)の別名で、台湾では蒲瓜も使われているようです。

日本語では、ヒョウタンの一種らしいです。

 

 

中南部は9月〜2月に種付け,北部は3月〜6月に立て付けするので、比較的1年中買えるみたいです。

大体1つ40元程度で売られ出します。(市場だともっと安いことも)

料理方法は炒めたり、スープなどに大根や冬瓜と同じように使われます。

今回はそんな蒲瓜を使って、福神漬けを作ってみようと思いますー!

 

福神漬けを作ってみようー!

 

では、蒲瓜を使って料理していきましょうー!

あ、レシピは適当なので、分量等は別で調べてくださいね(笑)

 

まずは、蒲瓜を半分に切って、中の大きなタネやワタをスプーンで取り除きます。

この作業、結構力が必要で固くて大変でした。

 

 

適当な大きさに切断完了!

皮は後から気づいたんですが、福神漬けするなら食べれないことはないですが、ピューラーで剥いた方がいいかもしれません。

 

 

大きさにもよりますが、1つにつき大体大さじ3杯くらい塩を入れて満遍なく混ぜます。

あ、大きなボールがなかったので、入れ物はお鍋で代用w

 

 

ジップロックに入れて、しばらく前漬けに。

1つの売りで1つ分のジップロックができました。

 

 

前漬けしている間に、つける調味料を作ります。

醤油6:砂糖6:お酢1.5を火にかけるだけ。

福神漬けって、お砂糖こんなに入ってるなんて知りませんでした。

うちにお酢がなかったので、以前作った生姜の酢漬けを使いました。(生姜も一緒に)

 

 

前漬けしていた蒲瓜は、15分〜30分くらい待って汁が出てきたらOK。

しっかり水気を絞って、ジップロックへ。

 

 

昆布も入れるみたいだったので、昔からのおなじみのくらこんさんの「塩昆部長」を入れました。

確かこれは日本に一時帰国してた時に買ってきたんだったかな?

もしかしたら台湾なら百貨店スーパーとかにもあるかも。

 

 

さっきお鍋で作った調味料の粗熱が取れたら、ジップロックに入れていきます。

液が少なくても大丈夫、ある程度の量があれば、空気を抜けば行き渡ります。むしろ入れすぎると濃いかも。

 

 

この状態にして冷蔵庫へ。

大体一晩も置いておけば味が馴染んで染みますよ。

 

 

こちら一晩置いたもの。

皮付きで作ったので、少し口に触りますが、中はほどよく漬かっていました。

文中でも書いたんですが、しっかりつけたいなら、皮なしの方が良いかもと思います。

 

もし見つけたら、料理してみてくださいー!

(炒め物が一番失敗ないかもです)

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました