台湾の宝くじチェック作業を効率化できる神アプリ

台湾
スポンサーリンク

台湾のレシートには、宝くじが付いています。2ヶ月に1回奇数月に当選発表があります。

IMG_1950

2ヶ月分のたまったレシート。

1枚1枚やってるとかなり辛いこの作業、さすがアプリ大国台湾効率化アプリがいくつか出ています。
その中でも、私がいつも使ってるアプリをご紹介します!

 

台湾の宝くじレシートについて

お店で食事や買い物をしたときにもらうレシートは以下の5タイプあります。

IMG_1958

左から①→②→③→④→⑤の順で説明します。

①長紙タイプ
一般的なレシートのタイプです。一番上の丸い模様の部分に発票番号が印刷されています。

②電子レシートタイプ
今政府が切り替えにかかってるタイプです。
これから新しい企業や店舗はこの電子タイプへ統一していくようです。
QRコードが付いているのが特徴です。

③印刷タイプ1
発票番号が右上に印刷されてるタイプ。
このタイプの紙のレシートはこれから無くなっていく予定です。

④印刷タイプ2
上の印刷タイプ1と似てますが、このタイプの発票番号は日付の下に青文字で記載されます。

⑤紙の手書きタイプ
昔からある店舗などでよくあります。
一番大きな紙で、左上に発票番号が印刷されているタイプ。

①と②は政府データベースで何を買ったかまで調べることができます。

▶︎全民稽核發票資料查詢系統

ちなみに、会社の経費として処理する場合、当選していても換金できませんので、悪しからず。

当選番号の見方と引き換えについて

当選発表は奇数月の25日(祝日などにより変動あり)にされます。
もし当選したら、レシートの裏に必要情報を記載し、郵便局で換金か、コンビニで当選金額分のお買い物ができます。

IMG_1955

發票年期別:当選月(例)107年1-2月
發票字軌號碼:当選番号(例)AA00000000
金額:当選金額(例)200元
中獎人簽名或蓋章:サインor捺印
身分證字號:身分証番号(パスポートの番号でOK)
電話:電話番号
戶籍地址:戸籍住所

外国人でも可能なので、前の旅行で買ったレシートで当選していたら、台湾に来たときに悠遊卡チャージしても良いと思いますよ^^

当選番号が発表される政府サイト
▶︎統一發票號碼獎中獎號碼

表の見方について説明します。例えば、直近のこちら。

54

上位3桁は8桁の数字が完全に一致していれば当選です。他は桁数が減っていきます。

特別獎 :8桁全てが一致。1,000万元
特獎  :8桁全てが一致。200万元
頭獎  :8桁全てが一致。20万元
二獎  :頭獎の末尾7桁全てが一致。40,000元
三獎  :頭獎の末尾6桁全てが一致。10,000元
四獎  :頭獎の末尾5桁全てが一致。4,000元
五獎  :頭獎の末尾4桁全てが一致。1,000元
六獎  :頭獎の末尾3桁全てが一致。200元
增開六獎:末尾3桁全てが一致。200元

引き換え期間は当選月の次の月から3ヶ月間。

神アプリ「發票+」

とはいいっても、2ヶ月分のレシートってかなりの量になります。
毎日2枚程度は何かしら買い物をするので、単純計算で100枚近くにはなるはず。

そこで、私が使っているアプリのご紹介です。

使い方はとっても簡単です。

<電子レシート(QRコードあり)の場合>

まず、QRコードをアプリでスキャンします。

IMG_1946

うまく読み込めたら、アプリが読み込んだレシートの内容と当選しているかどうか、勝手にチェックしてくれます。

IMG_1945

「未中獎」外れという意味です。

当たるとピンク色で当選金額が表示されます。こんな感じ↓

IMG_1959

<その他レシート(QRコード無し、印刷状況により読み込みができない場合)>

QRコード読み込み画面の左上にある「$」マークをタップすると、その月の当選番号の画面似なります。

IMG_1947

この一番上にあるテキストエリアに番号の末尾3桁を入力するとQRコードがないレシートもチェックしてくれます。

↓外れ。

IMG_1948

まとめ

このアプリがあって、1時間近くかかっていたチェック作業が15分で終わるよう似なりました(笑)
ただ、私全然当たりませんwこの半年ほど当たってないなぁ〜

昔は200元程度なら毎月当たってたんですが、悲しい。

以上、便利ツールのご紹介でしたー。

コメント