【台湾の秘密】台湾と日本のハーゲンダッツの違い

台湾
スポンサーリンク

夏はアイス食べたくなりますよね!

毎日35度を超える暑い台湾ではもう夏です。

そこで、ちょっと贅沢してハーゲンダッツを食べようと思ったら、友達からこんなことを聞きました。

台湾のハーゲンダッツは日本のより美味しいらしいよ。

ええええ!そうなの!?

それで気になったので、調査してみました。


まず、コンビニにてハーゲンダッツ買ってきました。

IMG_2903

哈根達斯香草迷你杯 105元(約385円)

81gの小さいカップです。

金額は日本と同じくらいでしょうか?

買ったのは、普通のバニラ味。

アイスの中で単純にバニラが一番好きなので、バニラ買ってきました(笑)

IMG_2900

詳細を見てみると、

原產地(原産地):法國

進口商(輸入元):台灣通用磨坊股份有限公司

なんと台湾コンビニのハーゲンダッツはフランスからの輸入品でした。

輸入元の台灣通用磨坊は「General Mills」というアメリカの会社の台湾支社で、海外製品の貿易をしている会社でした。代表商品の中に「Häagen-Dazs」の記載がありました。

General Mills Taiwan 公式サイト

比較のために、日本にいる友達に、日本のハーゲンダッツの写真を送ってもらいました。

 

S__67805191

製造者:ハーゲンダッツ ジャパン株式会社

製造所:群馬県高崎市新町1306

完全に日本産でした。

 

 

 

IMG_4172

台湾Häagen-Dazsは「哈根達斯(ハーガンダス)」音を感じに当てはめてあります。

台湾ハーゲンダッツ 公式サイト

ちなみに、台湾はHäagen-Dazsのアプリも有ります。

ポイント集めたり、ニュース情報がゲットできます。

よくネットで台湾のお鍋食べ放題にハーゲンダッツがあるっていうブログ記事よくありますが、確かにハーゲンダッツと記載があるけれど、なぜか薄い気がします(笑)

業務用なのかもしれません。

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

コメント