【高雄:美麗島】古民家に来たみたい!ずっと泊まりたかったお宿「鶴宮寓 hok house」

ホテル体験記

最近はコロナで全然国外旅ができなくなっちゃったけど、相変わらず旅人ブロガーRie(@rieasianlife)です。

台湾国内では2021年5月に一度、コロナが大流行してしまい、一時期緊急事態宣言が出るほどだったんですが、現在では収束してきて、マスクとアルコール消毒、検温、実名性での行動をしていれば、他はほぼコロナ前の状態に戻りつつあります。

そんな中、待ちに待った新幹線の自由席が解放されたので、早速チケットを取って高雄旅に出て来ました。

今回は、そんな中ずっと止まってみたかった高雄のホステルのご紹介です!

 

 

鶴宮寓って、どんなホステル?

 

鶴宮寓は、実はホステル好きの間ではかなり人気の高いお宿。

それもそのはず、オーナーの一人Tristaさんは、以前同様に人気が高かった今はもうなくなってしまったホステル「Chez KiKi‧Ki厝」のオーナーさん。

古民家をリニューアルして営業されていたChez KiKiに私は泊まったことはないのですが、ここの人気はずっと聞いていて泊まりたかったホステルの一つだったんですが、廃業してしまったと聞き残念に思っていた一人でした。

そんなオーナーさんが、もう一人のオーナーさんNatoさんと出会い、再び古い建築物をリニューアルし、ホステルを再開!

鶴宮大旅社と言う旅行会社が1958年〜1996年までここで営業していて、その後、1年間のリフォームを経て、アパートという意味の「寓」をつけてホステルとしてオープンしたもの。

 

 

実力のあるオーナーさんたちが作ったホステルは、本当に大人気!

コロナになる前はなかなか良いタイミングで予約が取れなかったほど。

今回は、幸か不幸か平日の夜というのとコロナがやっと落ち着いて来たタイミングで外国人も入ってこれない状態だったからか、(ドミトリーですが)さらにちょっとだけお得に泊まることができました。

お部屋のタイプと予約はこちら(公式サイト)

 

 

立地はどう?

 

場所は、美麗島駅から徒歩2分ほどの場所で、ミルクティーで有名な老江紅茶牛奶の大通りを渡って向かい側あたりにあります。

駅近なのはもちろん、六合夜市や中央公園などにも徒歩圏内で、立地は抜群です。

また1階は「龜時間」というカフェを運営されています(こちらも別記事で紹介しますね)。

 

設備は?

 

それでは、どんどん中の様子をみていきましょう!

1階の扉はカードキー形式になっていて、初めて来た際は、呼び鈴を鳴らしてスタッフの方を呼ぶのですが、カードキーをもらったら自分で自由に出入りができるようになります。

入るとすぐ右手にあるこの植物が飾ってある白い階段を登っていき、2階でスタッフの方が待っていてくれるので、チェックインと説明を行います。

 

2F:共用スペース

 

2階はこんな感じの共用スペースで、奥が個室ルームにもなってるみたいでした。

落ち着いた雰囲気で、おしゃれなセンスの良いクッションやラグがたくさん敷いてあります。

 

 

ここで本を読んだり、計画を立てたり、とても落ち着く空間でした。

これぞバックパッカーのホステルって感じ!

さらにラグで少しアジアっぽい雰囲気も。

 

 

ゲストブックや付近の店舗のDM、ホステルからのお知らせなんかはこの黒板に書かれています。

人数が集まればツアーなんかもされてるみたいですよ。

ちなみに、ホステル内は宿泊者しか入れません、部外者立ち入り禁止。

もし、現地の友達なんかがいる場合は、1階の外部にも開放してるカフェを利用してね。

 

3F:食事キッチンエリア

 

そして、3階の食事キッチンエリアが私の一番好きだった場所!

階段登ってすぐのところに置いてあるこのお菓子とお茶は自由に飲み食いして良いそうです。

(この炭焙蔗香烏龍、あったかくてすごく美味しかった!)

 

 

そして何よりこの大きなテーブルが置いてあるダイニングテーブルが最高!!!!!!

あったかいオレンジに近い照明ということもあってか、なんだか日本人の丁寧な暮らしをしているおばあちゃんの家に遊びに来たみたいな雰囲気で、すごく懐かしい気持ちになりました。

壁にはチクタクチクタクと音を奏でる柱時計も。

 

 

棚側には、様々なキッチン用具や書籍、ホステルオリジナルのジャムなどの商品が飾ってあります。

今回は朝食付きではなかったのですが、付けたらきっとこの辺のジャムが出てくると思われます。

 

 

テーブルの上にもなんだか懐かしい食器類。

センスが良すぎて、もうこの空間でぼーっとしたくなりました笑

 

 

キッチンはこんな感じで、ガスコンロと魚焼きグリルなど全て揃っています。

写真に入ってないですが左側にはバミューダっぽい(違ってたらごめんなさい汗)おしゃれなものが置いてありました。

 

4F:宿泊エリア

 

ではでは、ここから私が泊まったドミトリーをご紹介します。

4階に上がるとすぐにちょっと休憩できるスペースがあり、部屋はその奥になります。

写真の白い電話から何か用事があれば、スタッフに連絡できるとのことでした。

 

 

こちらが私が宿泊した女子ドミトリーの6人部屋。

この日は貸し切りと言われ「ベットの場所選んでいいよ〜」と選ばせてもらえました。

私が選んだのは写真右下の入り口から一番遠い下のベット(ここドアの音も気にならないし、良いですよね)

 

 

ベットはしっかりと囲われていて、ロール式の上から降りるタイプのカーテンもありプライベートがしっかりと守られていて◎

設備は、ライト、コンセント1箇所、棚が2つ(1つは鍵かけれるタイプ)、ハンガー1つ、布団、枕。

もちろん、ふっかふかで清潔なシーツでした!

 

4F:水回り(トイレ、シャワー、洗面所)

 

お宿に泊まって気になるのが、水回り!

特にホステルはいろんなお客さんがお泊まりになるので、清潔さはかなり気になりますよね。

個人的には水回りでホステルは、評価が決まる気がしています。

率直にいうと、掃除したて、宿泊者がこの日は少なかったというのもあるかもですが、

今まで泊まったどのホステルよりも清潔で綺麗でした!!!!!!

めっちゃでかい文字使いたいほど感動した。

 

 

みてくださいこの水回り・・・・。

水滴なし、鏡の水垢なし・・・最高です。

ちなみに2泊したんですが、常にこの状態でした(他にもお客さんいますよ)

 

 

シャワールームはこんな感じで、更衣室とシャワールームが別で区切られていて、シャワー後も床が濡れてるから着替えるのが大変だったり、タオルや服を濡らしちゃうことなし!

ただし、シャワールームが私が把握した限り1つだけだったので、たくさんの方が泊まってると順番待ちするかもしれません。

 

 

しかも!!!!!!

備え付けのシャンプーとボディーソープがあるのですが「綠藤生機」のものでした!!!

綠藤生機は台湾のブランドで、2019年ロンドンファッションウィーク、2020年ニューヨークファッションウィークで台湾ブランド参加時に配られ、話題となったブランド。

美容液を以前、台北ファッションウィークの取材をした時にいただいたのですが、めちゃめちゃ良いです。

センスよすぎぃぃぃぃぃぃ!!!!

 

 

ちなみに、タオルは追加費用50元で借りることができます。

タオル自体も質が良い、ごわつかないタオルでした!

また、その他の使い捨て衛生用品は環境保護の観点から提供されていないので、自分で持っていってくださいね。

 

 

 

また、おトイレはシャワーとは別の個室。

室内は土足禁止なので、もちろんトイレも土足禁止。

かなり清潔で、まるで日本のトイレみたいでした(感動)

 

その他、よかったところ

 

まず、チェックインしたときにもらえるこの高雄観光パンフレット!

観光地やグルメなどが満載で、内容がとってもすごく良かったです。

初めて来た方はもちろん、何度も来てる方にも参考になるレベルのものでしたよ。

 

 

それと、この1階にあるカフェ「龜時間」。

落ち着いた雰囲気はホステルと同じ!

また、今だけかもですが、宿泊者にちょっとだけお得になるクーポンをいただけました。

 

 

それとチェックアウトの方法もすごく気軽でよかった!

私は、比較的長く外で過ごしたいので、早朝に出発することが多いんですが、チェックアウトの日はスタッフの方もまだいらっしゃらなかったり、おやすみになられたりするので、この籠にカードキーを入れたらそれでチェックアウト終了。

わざわざチェックをする必要もなく終わりました。

 

気になる料金やその他詳細は?

 

男女共有6人部屋ドミトリー 1378元/2泊
消費税(5%)         69元
サービス料金(10%)    137元
タオルレンタル         50元
————————————————————————
合計(2泊分)       1,634元(約6,779円)

今回はBooking.comにて予約しました。

もし公式サイトから予約すると、朝食プレゼントがあるみたいです!

個室部屋の種類がかなりたくさんあります。

詳しくは公式サイトへ

 

そのほか、情報はこちら

チェックイン  15:00 – 21:00
チェックアウト 11:00

<オプション費用まとめ>

  • タオル        50元/大小1枚ずつ
  • 朝食サービス     有料であり
  • ランドリー      あり
  • ドライヤー      無料
  • ウォーターサーバー  無料
  • 歯ブラシ、剃刀    提供なし
  • シャンプー      備え付け(無料)
  • ボディーソープ    備え付け(無料)
  • ハンガー       ドミトリーの場合、1つあり
  • Wifi         あり
  • 金庫・ロッカー    あり
  • エレベーター     貨物用のみ
  • ペット        個室の一部のみ可能

 

全体的な感想としては、一人バックパッカー旅にはすこーーーしだけ高い(ほんとにほんの少しですが)。

ただ、やはりお値段以上の高品質!ここにかなりの感動でした。

それと、個性的な個室が多いので、そちらが本当に気になる。

できれば二人以上で個室の利用が良い気がしました。

いつも貧乏旅をしている方へ、ちょっと落ち着きたいようなご褒美旅にはすごくぴったりなお宿でした。

 

鶴宮寓へのアクセスと詳細

鶴宮寓 hok houseHPFacebookInstagram
電話 07-201-1988
住所 台灣高雄市新興區中正四路41號2樓

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました