【高雄:鹽埕】食べ出したら止まらない!昔ながらのクリームパン「三郎麵包廠」

高雄

昔ながらの食べ物が大好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するグルメも、高雄の市場商店街にある昔ながらのクリームパンです。

 

どこにあるの?外観は?

 

お店は、地下鉄の鹽埕埔駅から徒歩5分ほど、大仁路の三信銀行から入った市場(商店街)の中です。(ページ一番したに地図があるので参考にどうz)

 

お店の名前は「三郎麵包廠(三郎パン工場)」。

こんなパン屋さんのキャラクターがついている暖簾(のれん)のある外観のお店が目標です。

暖簾には日本語でも「三郎パン」と日本語が書いてあります。

 

 

この古〜〜〜〜いお店は、実は鹽埕エリアで必ず食べる「必吃」と言われるお店の一つ。

60年以上続く老舗パン屋さんです。

 

買い方は、このガラス扉を空けて、中に入らず、おばちゃんに「これちょうだい〜」と声をかけて買います笑

紙に書いてある通り、おばちゃんがいなかったらピンポンがあるから呼んでください。

中にはイートインはありませんので、お持ち帰りのみです。

 

クリームパンはこちら!

 

通常だと20個100元です。

今回は運よく、最小単位の10個50元で買えました。

 

 

大きさは拳よりも少し小さいくらい。

ふわふわのパンなので、潰さないように持ち帰ってくださいね。

 

 

しっとりふわふわな皮は摘むとすぐに潰れちゃいます。

 

 

中のクリームばバタークリーム。

昔懐かしいバターの味ですが、重すぎず、軽すぎず。

この日、10個買ったパンですが、夜食に少しだけつまもうと思ったんですが・・・・ペロリしました。

恐ろしいクリームパンだ・・・・!

 

ちなみに、すこーしだけオーブントースターで焼くと中のクリームが溶けてさらに美味しいらしいです・・・。

今度買った時は、ちゃんと残して台北に持ち帰ってトースターしよう・・・(残せる自信ない)

 

三郎麵包廠へのアクセスと詳細

三郎麵包廠
時間 9:00~18:30(日曜休み)
電話 07-551 5841
住所 高雄市鹽埕區新樂街198-8號

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました