【台北:東門】世界チャンピオン焙煎士のコーヒー豆が飲めるお店「努得咖啡 nous deux」

台北

毎日コーヒー2杯以上は飲むコーヒー好きブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回は、2014年の焙煎世界チャンピオンのコーヒー豆を使ったコーヒーをいただけるお店をご紹介します。

 

どこにあるの?

 

場所は、東門の鼎泰豐や2019年に戻ってきた新店舗の方のかき氷のお店「Icemonster」の近く。

東門駅5番出口から出て、Icemosterを過ぎた次のパン屋さんの「一之軒」の路地を右へ入るとすぐの場所です。

(詳しくは一番下に住所とGoogleマップがあります)

 

店内の様子

 

お店は、テーブル席とカウンター席があり、20席ほどでそこまで広くありません。

 

 

この日は、ケーキなどのスイーツもレジ横のショーケースにたくさんありました。

 

 

こちらが焙煎士「賴昱權」さん。

2014年末に開かれた「WCE世界盃烘豆大賽(ワールド・コーヒー・イベント)」で優勝された方です。

GTV新聞 職人的堅持!賴昱權苦練成烘豆冠軍 2018052702

このお店は、世界一焙煎士賴昱權さんの豆を使ったコーヒーを提供されているお店になります。

賴昱權さんは高雄の方で、他に彼のコーヒーが飲めるのは高雄の「Caf’e 自然醒」「艾奇諾珈琲工坊」「不咖啡 BuCafe」「力諾咖啡」「Gavagai Café」、また、台北の內湖に「握咖啡OH!Café」を持たれています。

 

 

お店には、彼が焙煎したコーヒー豆も販売されており、賴昱權ブレンドも買うことができます。

 

 

日によって豆の種類が違うと思うので、味や種類はお店の方に聞いてくださいね。

 

店内は、Wifiあり、最低消費ドリンク1杯でした。

ちなみに、現金しか使えないので気をつけてくださいね。

 

メニューと頼んだのはこれ

 

こだわりの豆は150元〜420元ぐらい。

 

 

コーヒーが苦手な方ようにミルクやフレーバー入りの軽いものもあります。

 

 

今回頼んだのは、こちら。

曼特寧咖啡(マンダリン) 220元

 

 

酸味が少しありましたが、スーッと飲んだあと少し甘さが残る感じでした。

 

 

氷入りのカップも付いてきていて、少しだけですが、アイスとしても飲むことができます。

このカップは賴昱權さんがコーヒーを提供するシーンでよく使われているカップでした。

 

 

普通のアメリカンコーヒはアイスで頼むとこんな大きなサイズで出てきます笑

 

 

桑椹(マルベリー)マフィン 65元

 

あっためていただけて、中に角切りのチーズが入ってて美味しかったです♪

 

 

ここだけじゃなく、台北はコーヒー文化が本当に発達しています!

他にも豆が帰るカフェや専門店があるので、ぜひ台湾に来た際には、試してみてください^^

 

 

努得咖啡へのアクセスと詳細

努得咖啡 Nous deuxFacebookInstagram
時間 8:00〜19:00
電話 02 2322 2324
住所 台北市信義路二段228巷2號

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました