【台北:東門】台湾でカンボジアスイーツが食べれる隠れ家カフェ「 小食糖 sugar bistro」

台北
スポンサーリンク

以前カンボジアで飲んだ「カシューナッツシェイク」と「パームシュガー」
なんとこの2つを食べることができるカフェを見つけました!!!

本場のカシューナッツシェイク@カンボジアの記事はこちら↓

 

お店の外観と場所

場所はMRT東門駅「7番出口」でてすぐ、華南銀行の左手の路地を入った右側。

 

DSC_2086
 小食糖入り口

 

住宅街の一角にあるので、まるで誰かの家のような入り口。

 

DSC_2085
 小食糖 sugar bistro の看板

 

こんな看板が左手に現れます。

 

DSC_2087
 小食糖 店内への扉

 

レトロな木製のドアを開けて中へ入ります。

小さいですが、ドアの前に外の席も有りますよ。

 

 

店内の様子

DSC_2100
店内写真

 

古民家をリノベーションしてある店内は、ウッド調で落ち着いた雰囲気です。

 

DSC_2101
店内で販売されている雑貨

 

ズラーッと並んだバナナリーフのケースのなかには、パームシュガーが入って売られています。

素敵なポストカードもたくさんあって、食事を待つ間につい買いたくなります^^

 

 

パームシュガーって?

IMG_1003
 カンボジアで購入したパームシュガー

 

パームシュガーとは、ヤシ類の樹液から作った砂糖で、カンボジアでよく売られています。

 

血糖値をあげにくいミネラルを含む甘味料のため、美容・アンチエイジング効果が期待される食物と言われています。

 

 

日本ではAmazaonや健康食品店などで購入できるようです。

ブランシュガーやココナッツシュガーと見た目はにていますが、違うので、購入の際は気をつけてくださいね。

 

 

頼んだものと感想

DSC_2119
頼んだもの

 

ふらーっと読書に入ったのですが、嬉しすぎて、2つも甘いものたのんじゃいました(笑)

 

DSC_2118
カシューナッツシェイク

 

棕櫚糖腰果冰沙 Cashew Nuts Smoothie 190元

 

栄養価も高く、美容にもいいカシューナッツシェイク、甘さはもちろんパームシュガー(棕櫚糖)を使用してあります。

暑い台湾の夏にもぴったりです!

 

カンボジア本場はかなりの甘いのですが、台湾版は比較的甘さ控えめ。

でもしっかりとしたカシューナッツの風味と食感は食べるジュースみたいです^^

 

DSC_2114
パームシュガーパウンドケーキ

 

棕櫚糖威風蛋糕 Palm Sugar Chiffon Cake 130元

 

こちらは、パームシュガーを使ったパウンドケーキ。

カシューナッツは甘さ控えめだったのですが、このパウンドケーキはこってり甘い。

ただ、パームシュガーを使った優しい甘さが口の中に残ります。

ブラックコーヒーと一緒に食べたいケーキでした。

 

 

アクセス・詳細

小食糖 sugar bistro
営業:10:30 – 19:30(木曜 定休日)
電話:02-23965965
住所:台北市中正區信義路二段181巷3號
▶︎公式サイト
▶︎公式Facebookページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました