【世界の統計】アジアの人口とGDPを比較して、物価状況をみてみた

コラム
スポンサーリンク

GDP(Gross Domestic Product)とは国内総生産(国内で生産された付加価値)のことです。
国の経済力の規模を比較するのによく使われる言葉。

1、2年前にアジア各国を調べて表にしていたのですが、更新も兼ねてもう一度出してみました。

各国の人口とGDP

           人口     GDP(USD)
日本      1億2,699万(16′)  4.940兆(16′) ★△
台湾       2,334万(13′)  5.252兆(16′) ★
中国     13億7,900万(16′)  11.199兆(16′) ★
ー香港       734万(16′)  3,209億(16′) ★△
ー上海      2,415万(13′)  4,690億(17′) 不明
ベトナム     9,270万(16′)  2,026億(16′) ★△
フィリピン   1億0,330万(16′)  3,049億(16′) 
タイ       6,886万(16′)  4,068億(16′) ★△
マレーシア    3,119万(16′)  2,964億(16′) △
シンガポール    561万(16′)  2,970億(16′) ★△
インドネシア  2億6,110万(16′)  9,323億(16′)
韓国       5,125万(16′)  1.411兆(16′) 不明
ミャンマー    5,289万(16′)    674億(16′) △
カンボジア    1,576万(16′)    200億(16′)
ラオス       676万(16′)    159億(16′)
インド    13億2,400万(16′)  2.264兆(16′) △

★:人口ボーナス期が過ぎ、平均年齢が増加していく傾向にある(可能性がある)国。
△:人口ピラミットのピークが終わり、人口が減少していく傾向にある(可能性がある)国。

統計データ元

▶︎Googleに表示される世界銀行
▶︎trading economics
▶︎population pyramid

考察(個人的な意見)

DSC_0313
 ベトナム(ダナン)の路上

人口で見ると、中国、インド、ついでインドネシア。

GDPで見ると、中国、インドネシア、台湾、日本。
日本、台湾よりも低い。土地面積があるからね。台湾頑張ってる!

ベトナム、タイは、人口ボーナス期真っ只中。
これからスタートアップが増えそうで期待。ここはこの1年とそれほど変わりませんね。
フィリピン、インドネシアそろそろ来そうですね。人口増加も止まっていないし、GDPも低くない。
特にインドネシアの人口は、かなり多いので、もっともっと発展していくにちがいない。

ただ、海外に貿易を閉ざしてる印象があるので、そこどうなるだろうなぁ?
カンボジア、ラオスのGDPは高くはないですが、人口の伸びが全く止まっていないので、これから期待と言われている意味がよくわかりました。

なんだか投資家みたい(笑)

ただの趣味です。専門家ではないので、データだけご覧ください。

以前、Expedia台湾で弁当の量で物価を表した画像があって、とてもわかりやすかったので、リンク貼っておきますね。
https://www.facebook.com/expediataiwan/photos/a.1446441672295452.1073741828.1444147462524873/1771055976500685/?type=3&theater

とりあえず、今後もどんどんアジアを旅して
この目でデータと現状の差分を埋めていこうと思っています。

この記事を読んでる方へオススメの本

このブログの運営者
RIE
RIE

台湾駐在員&旅人ブロガー。フロントエンジニア。

台湾が好きすぎて移住「台湾のことなら台湾人にも負けない知識と経験がある」と自負しています(笑)東南アジア一人旅が得意です。

このブログでは旅の体験談、台湾情報、私の独り言を発信しています。

旅サポート、制作依頼も承っています。
問い合わせ、TwitterのDMなどでお気軽にお問い合わせください!

RIEをフォローする
スポンサーリンク
Booking.com
コラム
スポンサーリンク
RIEをフォローする
RIEのアジアンライフ

コメント