【高雄:中央公園】太陽が降り注ぐ窓辺のカウンターのタイ料理カフェ「帕泰 padthai」

高雄

東南アジア料理が大好きで各国食べるために旅行したくらい好きなRie(@rieasianlife)です。

もし私と同じように東南アジア料理、特にタイ料理が好きで、太陽が降り注ぐ窓辺のカウンターが好きで、一人が好きなら。

このレストランはとってもおすすめです!

 

Sponsor

どこにあるの?

 

お店があるのは、高雄市立図書館から徒歩3分くらいの場所。

帕泰 padthaiInstagram
時間 13:00〜21:00
住所 高雄市苓雅區苓雅二路53號

まずは青色の建物の1階で受付をして階段を上ると、気持ちがいい広い空間にたどり着きます。

あ、1階の外の席も使えそうだったので、犬の散歩ついでとか外の席がいい方はこちらへ。(私は、この日も暑かったのでもちろん中へ笑)

 

 

2階の席は結構広く、20人ほどは余裕で入りそうなくらいです。

テーブル席とカウンター席があり、今回は一人だったからかカウンター席に通してもらいました。

 

 

この斜めに開く木の窓がアジアっぽいですよね!

何国な雰囲気が大好きです!

ここはとっても人気店なので、開店時間に行くのがおすすめ。

私が食事を終えてお店を出る頃にはもう満席で待ちが出てました。

 

メニュー

 

パッタイとライスプレートがメインのお店です。

パッタイにもご飯にも添えてある具にいろんな種類があって、少しずつ行って制覇したい。

 

チャイと唐揚げパッタイでランチ

 

  • 泰式奶茶(タイチャイ) 90元 *約390円

パッタイができるまでしばらく時間がかかるということで、先にあま〜いチャイを飲んで待つことに。

チャイが届いてびっくりメチャメチャビックサイズ!!!

500mlくらいあります(笑)まぁ、飲み干したんですけどね。

鮮やかなオレンジ色のチャイがすっごく綺麗でした。

 

 

  • 雞排炒河粉(鳥の唐揚げパッタイ) 230元 *約1000円

しばらくするときました目的の唐揚げのパッタイ!!

メチャメチャでっかい唐揚げが乗ってます。

 

 

私の印象のパッタイは海鮮なんですが、インスタなどを見るとみんなこの唐揚げのパッタイを頼んでたので、習って頼んでみました。

ここの唐揚げは、外はサックサク、中はジューシーですごいです!

 

 

 

もちろんパッタイも絶品!

モッチモチなライスヌードルはここのは細めでラーメンみたいな見た目。

全体にしっかりと味が絡まっています。

ビーフン ストレート3㎜ 2袋×400g 米粉麺 (原材料 うるち米)米粉 米麺 RICESTICK ライスヌードル タイ産
ノーブランド品
ビーフンもフォーも主原料は米のライスヌードル です。(フォーはタピオカが入っています。)

 

 

味変でレモンや調味料が添えてあります。

さらに、半分食べたらテーブルの上にあるお酢と辛味パウダーをかけて、別の味に味変も試してみて。

辛味パウダーは結構ピリ辛でパンチがありましたよ!

 

帕泰へのアクセスと詳細

帕泰 padthaiInstagram
時間 13:00〜21:00
住所 高雄市苓雅區苓雅二路53號

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍