【高雄:三民】春節の大売り出し「年貨大街2024」!購入物をご紹介

文化・アート

お祭り大好き高雄在住ブロガーRie(X rieasianlife、IG taiwanandasia1708)です。

高雄の三鳳中街では、新春の大売り出し「年貨大街」開催真っ最中!

今年は、2024年1月20日〜2月9日で開催しています。

先日始まったばかりのこのイベントをいち早く行ってきたので、その様子と買ってきたものをレポートします!

 

スポンサーリンク

年貨大街について

「年貨大街」とは、年に1回春節前の2週間のみ登場する、新春の大売り出し。

春節(旧正月)は、旧暦に沿って行われるので、毎年日付が違います。

今年2024年は2月10日が旧暦1月1日(元旦)にあたり、今年は、振替祝日もあり、一般的なホワイトワーカーや公務員などは、その2前の2月8日(金)から連休に入ります。

それに向けて、三鳳中街の年貨大街は、2024年1月20日〜2月9日で開催しています。

台湾各地で開催されているのですが、高雄は高雄駅の近くにある卸問屋が集う商店街「三鳳中街」で毎年開催されています。

行ってきた様子は早速動画で撮ってきているので、まずはこちらをご覧ください⇧

 

<高雄で開催される春節関連イベント情報はこちら>

【台湾の生活】もうすぐ春節!高雄の旧正月イベントをチェック

<過去の高雄の年貨大街の記事はこちら>

2023年【高雄:三民】高雄の年貨大街2023!買ったものもご紹介

2019年【高雄:三民】高雄の年貨大街2019レポート!私が買ったものもご紹介

2018年【高雄:三民】南部の迪化街!高雄の「三鳳中街」の年貨大街をレポート!

<過去の台北の年貨大街の記事はこちら>

 

買ってきたもの紹介!

今回動画で紹介している購入物をより詳しくご紹介していこうと思います!

もし行かれる方はお店の参考にしてみてくださいー!

 

モッチモチの伝統スイーツ「涼糕」

まず私が必ずと言っていいほどこの時期で購入するスイーツ「涼糕」。

一般的に夜市などで売られている涼糕は、この両側のゼラチン質のものだけなんですが、この時期に販売されている涼糕は間にあんこや緑豆、さつまいもなどが挟まっているものが多く販売されています。夾心涼糕、夾心糕とも呼ばれているみたい。

  • 黒糖x杏仁 100元
  • ゼラチンxつぶあん 100元

すっごいたくさんの種類が販売されているので、本当おおに選ぶのが大変だったんですが、今回はこの2種類を購入しました。グラム売りで、1本だいたい100元くらいで、2本で203元だったのを3元まけてくれて200元で購入しました。

弾力もかなりあり、食べ応え抜群!

1本だけでも結構な量があるので、2本も買えばお腹いっぱいなので、たくさん買えないのが悲しい。2本も買えば3日は食べれます。お茶ともコーヒーとも相性バッチリです。

 

漢方スープの素「首烏茶」

  • 首烏茶x2箱 1,200元

この「首烏茶」も毎年購入するものの一つ。お茶なので、そのままお茶として飲んでもいいのですが、ちょっと漢方の味が強めなので、私はこれを薬膳鍋のスープ出汁として使っています。成分としては、白首烏、刺五加、白鶴靈芝、決明子、麥芽、枸杞根、牛蒡、甜菊が入ってるみたいです。

中身はティーパックみたいな小袋が入っていて、1箱5袋(1袋12小袋入り)がセットになっている大容量ですが、長期保存も全く問題ないので、うちでは常にストックが食料棚に入っています。

鶏肉(手羽先やモモ肉がお勧め、ささみや胸肉だと脂が足りないかも)と一緒に一人分1袋の割合で煮込んで、塩や醤油で味を整えて薬膳鍋にしています。

このスープの素かなり良いので毎年買ってるんですが、売ってるおばちゃんはかなり押しが強いので、購入する際は気持ちをしっかり頑張ってください(笑)この推しに負けちゃいそうって方は少し割高になりますが、同じブランドのものが蝦皮などで転売されていたりします。

 

年1回の収穫期!台湾産「黑金剛花生(黒ピーナッツ)」

  • 黑金剛花生(600g)200元

黑金剛花生(黒ピーナッツ)もこの時期出てくる季節ものの食べ物。1年間に1回しか収穫されないので、この年貨大街で購入できないと他の時期は手に入りません(一部ストック品を除く)。最低1袋から販売されていました。

販売されていたのは、三鳳中街に元からお店を出されている有進糖果行で、今年は収穫量が多くないらしく、年貨大街の販売分が売り切れたらネット注文しかできないよと言われていました。

黒ピーナッツのどこが黒いのかというと薄皮の部分で、薄皮の中は普通のピーナッツの色をしています。

薄皮ごと食べても口に触らなくらい薄いです。

この黒い薄皮、抗酸化物質ポリフェノールの一種アントシアニンが濃縮されている色!

そう、美容スイーツです♡

台湾の夜市などで蒸しピーナッツや豆花に入っている茹でピーナッツなど購入されたことはあるでしょうか?あれもすごくホクホクで美味しいのですが、この黒ピーナッツはさらに濃厚味が高い気がします。

 

高級珍味「烏魚子(カラスミ)」

  • カラスミ(小2枚、中2枚)1,000元

私が毎年カラスミをストック買いするのがこのお店。赤いカゴに大きさごとに値段をつけて並べられているこのお店が毎年お得で、購入してます。

カゴに書かれている値段は1台斤(600g)あたりの金額なので、小サイズだと1枚250元くらいしかしません。通常だとこのサイズ感と厚さだと400〜500元くらいしてもいいものですが、やっぱり安い!

もし気軽なお土産で購入したり、自分用で買うときはこのお店お勧めですよ。

買ってきて早速、カラスミ入り釜玉うどんを作りました♡

カラスミの下処理は、フライパンで料理酒(高粱酒や日本酒などが最適)で煎って少し表面が焼けた状態になったら切ってそのまま食べれます。(カラスミを干す際についた表面の汚れなどをこの作業で殺菌して、かつ香りをより出すためにするんじゃないかしらと個人的に思ってる、まぁ、もちろんすごく綺麗なので、目にみえる汚れはないんですが)

パスタなどに入れてもいいし、料理が面倒な方は、大根のスライスと一緒に食べるとおつまみにぴったりです。

 

ホタテたっぷり「XO醬」

  • XO醬x2 200元
  • 干貝小卷 100元

ここも去年見つけてすごく良かったので、今年も出展されてたので、即買いしたお店。

XO醬(エックスオージャン)は魚介やホタテなどをさまざまな香辛料や油などで漬け込んだ調味料。香港のものはもっとペースト状のものが多いんですが、台湾の場合具沢山なものが多い気がします。

麺と和えたり、野菜炒めに入れたり、チャーハンの味付けにしたり料理に使ってもいいし、個人的には、台湾のご飯のお供No1だと思ってる調味料です。

高級調味料と言われているだけあって、ちょっとお高めなお値段なんですよね。この量を普通の量販店で購入すると250元くらいはします。それを製造業者(このお店は魚介が有名な澎湖からいらっしゃってます)が直接販売されているので100元で購入できるいい機会なのです。

 

まとめ

毎年行ってますが、やっぱり楽しい年貨大街!

まだまだ始まったばかりで、日程があるのでもう2〜3回はいっちゃいそうです笑

頻繁に開催されているイベントなど、最新情報は商店街の公式Facebookで情報発信されているので、気になる方チェックしてみてください!

三鳳中街
期間 2024年1月20日〜2月9日
住所 高雄市三民區建國三路138號

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめの台湾旅本

BRUTUS(ブルータス) 2023年 5月1日号 No.983 [久しぶりの海外は、まず台湾から始めよう。]

D10 地球の歩き方 台湾 2023~2024

ひとりぶらり台湾 最新ガイドブック (コスミックムック)

03 地球の歩き方 aruco 台北 2024~2025