【台湾の生活】もうすぐ春節!高雄の旧正月イベントをチェック

台湾の生活

高雄が大好きすぎて、高雄に引っ越してくる前も毎年春節休みは高雄で過ごしていたRie(@rieasianlife)です。

もうすぐやってくる台湾のお正月「春節」!2024年の春節連休は、2/8〜2/14の7連休です。

この時期は、台北など都会は閑古鳥がなくほど人がいなくなるシーズン。その人たちがどこに行くのかというと、もちろん海外旅行などに行く方もいらっしゃいますが、ほとんどの方々は、実家のある中南部へ帰省されます。

よって、中南部は人が集まり、イベントがたくさん開催されています。

今回は、高雄の春節を楽しめるイベントをご紹介しようと思います!春節高雄旅を予定されている方の参考になれば幸いです。

参考: 2023年に実際に行ったイベント紹介はこちらでしています。
参考: 台湾で使用されている3種類の暦(こよみ)について

 

スポンサーリンク

春節の準備は2週間前から始まる!

引用:商店街の公式Facebook

春節前2週間で開催されるお正月用品の大量購入イベント「三鳳中街の年貨大街」。日本でいう正月前のアメ横みたいな感じで、乾物からお菓子やおつまみなど、問屋街は、正月準備の活気で盛り上がります。

高雄は特に食材関係が多く、家で料理する方のための本当に昔ながらの年貨大街という感じで、レトルト食品が多い台北とは、雰囲気が少し違い、より地元感あふれる雰囲気です。

2024年は1月20日(土)〜2月9日(土)で開催予定です。

最新情報は商店街の公式Facebookをフォローしてみてください。

三鳳中街
期間 2024年1月20日〜2月9日

 

また、今年は左營エリア(高雄市左營區緯九路)で新しい年貨大街「左營眷村年貨大街」が2024年1月26日から28日の3日間限定でスタートすると情報を得ています。

こちらまだ開催日時くらいしか情報がないので、何か分かったら追記しますね。

参考: 【高雄:三民】高雄の年貨大街2023!買ったものもご紹介
参考: 【高雄:三民】高雄の年貨大街2019レポート!私が買ったものもご紹介

 

春聯をGETする

年貨大街では、春節のお飾り「春聯」が販売されていますが、この春節前の時期に廟に行くと、お願いした文字を無料で綺麗な文字で書いてくれるイベントも開催されています。(写真は三鳳宮の様子)

可愛いキャラクターの春聯もいいですが、こんな伝統的なシンプルな春聯も良いですよ。

 

台湾の厄除け「安太歲」を行う

もし、厄年(その年の干支が台湾の厄年です)の方はついでに。

廟に行くとこんなふうに厄年にあたる干支が提示されているので、もし一致する場合は、厄除け「安太歲」を行うのもおすすめです!

参考:【台湾の文化】干支の年に受ける台湾の厄払い「安太歲」を受けてきました。

 

各地で開催されている「燈會(ライトフェスティバル)」

今年の鳳山のライトアップイベント「2024鳳山光之季」はもう始まっています。

去年は鳳山のMRTの駅の裏にある曹公圳という水路の上だけだったんですが、今年はもっともっと範囲を広げています。

2024鳳山光之季
期間 2023年12月23日 – 2024年2月28日(ライトアップ 18:00-22:00)
場所 鳳山エリア

 

写真は去年の岡山公園の様子。

干支の形のランタンがどこもメインに各地の特色を出した材料やデザインで展示されます。イルミネーションもいいですが、昼間でも楽しめる展示物もたくさんありますよ!

ちなみに、2024年の「2024 岡山燈藝節」は、1/20〜2/25で開催されるとのことでした。

最新情報は高雄市岡山區公所のFacebookへ。

2024 岡山燈藝節
期間 2024年1月20日 – 2月25日
場所 岡山公園(高雄市岡山區公園路1號)

また、今年は高雄市立美術館で2/2〜4/21の期間で「龍」に関する展示がある予定らしいです!(ただし、予定なので、もしかしたら日付がズレる可能性あり)

参考: 【イベント】今年は伝統工芸と巨大ウサギが登場!「2023 岡山燈藝節」

 

 

無料でもらえる縁起物やランタン

この時期になると市立施設などで「一元復始」と書かれた1元がつけられた記念カードが配られます。

「一元復始,萬象更新」ということわざから来ていて、一元復始とは年初めのことで、年の初めからいいことがありますようにという願いが込められた習慣です。

もちろん、高雄だけでなく、全台湾で配られているので、他の県に行かれる方も気にして探してみてください。

こちらは台南で見つけた組み立て式ランタン↑

今年のメイン会場は台南ですが、ミニランタン小提燈は全台湾にて配られます。今年は辰年なので、龍の形の「小龍包」が配布されました。

まだ詳細な配布場所などは発表されていないんですが、通常だと高雄の場合、イルミネーション会場になる愛河などで配布されます。詳しくは高雄市政府高雄市長の陳其邁さんのFacebookをチェックみてください。

参考:【台湾の春節】毎年無料でもらえる干支ランタン(燈籠)作ってみた!今年はネズミ!

 

それと、2024年限定ですが10年前に有名になったアーティスト「フロレンティン・ホフマン」の巨大なアヒルがこの春節期間(2024-01-27 ~ 2024-02-25)に高雄に帰ってくるそうです!

このアヒルのインパクトは当時もかなり大きく話題になったので、みんな楽しみにしています。

詳しくは高雄市観光情報サイトより:2024 Kaohsiung Wonderland 冬日遊樂園

 

春節だけしか出没しない2大マーケット

旧正月の大晦日から3日までの4日間限定で開催されるマーケット。*2024年は5日間開催されてます!

鹽埕の新樂街という道が屋台で埋め尽くされて賑わいます。新春不夜城と呼ばれるほど、昼間から夜中まですごい人でいっぱいになり楽しいですよ!

屋台も食べ物だけでなく、どこぞの倉庫の売れ残りや業者の転売などが大量に並べられます笑

新樂街市集
期間 2024年2月9日〜12日(大晦日〜初3)
場所 鹽埕新樂街

 

龍虎塔がある蓮池潭の周りでも春節のマーケットが初一〜五で毎年開催されています。

このマーケットは、食べ物だけでなく、ゲームもあったり、さまざまなものを販売されていたりと、ごちゃ混ぜのカオスなマーケットです。

蓮池潭過年市集
期間 2024年2月10日〜14日(初一〜五)
場所 蓮池潭周辺

 

お金の神様に1年間の金運をお願い!「財神爺を迎える日」

初四(旧暦1月4日)は、お金の神様をお迎えする「迎財神」の日。

写真はお金の神様、財神爺を祀る廟「高雄關帝廟」。サイズ的には中くらいの大きさの廟ですが、いつも以上にすごい数の方々がお参りにいらっしゃいます。

金箔を貼り付ける像が表に出ていたり、炊き出しのように無料で麺を配っていたりしますよ。

もちろんここだけでなく、財神爺を祀る廟であればどこも比較的人が増えているはずです。

 

もし、台北にいらっしゃる方は中和の「烘爐地南山福德宮」が有名なので、ぜひ行ってみてください。

【新北:南勢角】写真夜景スポットとしても有名!お金の神様といえば「烘爐地南山福德宮」
台湾の廟文化が好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。 旧暦の年明け前後(除夕、初一、初二、初三、初四)は、台湾人家庭では、俗にいう拜拜マラソン... more

 

天の神様(天公)にお参りを「拜天公」

この写真は、鳳山エリアある巨大な廟「鳳山天公廟」。

初九(旧暦1月9日)は「拜天公(天の神様にお参りをする)」をする日(天公生ともいうらしい)

天の神様である「玉皇大帝」のお誕生日で、玉皇大帝を祀られている廟はすごい人になります。

高雄では、写真の鳳山区にある「鳳山天公廟」と三民区にある「玉皇宮(天公廟)」が玉皇大帝を祀っているので、この2つの廟もとても賑わいます。

 

終わりに。

去年は春節が終わった後にまとめる形で記事を作成しましたが、今年はこれから春節に向けて高雄にいらっしゃる方向けに記事を書いてみました。

これさえ一読しておけば、春節期間中に行かないといけないイベントの予定は立てられるはず。

ちなみに、今回紹介したものは高雄で比較的有名なイベント中心で、もっと小規模なランタンイベントやマーケット、郊外(美濃や旗山など)に行くとさらにたくさん開催予定です。

特に、高雄から近い台南や屏東も含めると春節連休だけじゃ足りないくらい忙しいです!

今からしっかりと情報収集してみてくださいね!

また、他に思い出したら追記していきますね。

 

 

付録:各神様にお参りする日

過去の記事にも記載している表ですが、分かりやすいのでこちらにも記載しておきます。

除夕(大晦日)土地神様(地基主)、家神様(家神)、ご先祖様
農曆初一(元旦)天の神様(天公:玉皇上帝)
農曆初二ご先祖様
農曆初三赤口日(赤狗日)のため、お参りはNG
農曆初四迎財神の日。お金の神様(財神爺)、火の神様(灶神)を迎える
農曆初五お金の神様(財神爺)の誕生日←会社やお店でお参り
農曆初九 天の神様(天公:玉皇上帝)の誕生日

高雄の美味しいが知りたいあなたへのおすすめ書籍

地球の歩き方 D13 台南 高雄 屏東&南台湾の町 2019-2020

台南 高雄 とっておきの歩き方 台湾南部の旅ガイド (地球の歩き方GEM STONE)

高雄の専門書は本当にないです・・・私のブログやSNSを参照ください。

おすすめの高雄旅行の専門書があれば教えてください。