【台中:北区】相席必須の人気店!一中夜市で臭豆腐を食べるなら「21臭豆腐」

台中

台湾に住み着いて臭豆腐の虜になった日本人Rie(@rieasianlife)です。

普段は台北に住んでいるのですが、台北以外に旅に出ると食べたくなるのは・・・

そう「臭豆腐」!

お店や地域によって味が違うので、毎回夜市があるたびに楽しみにしています。

今回は、台中に旅行に行った時に台湾人の方に教えてもらった「一中夜市」の中にある「21臭豆腐」をご紹介したいと思います!

 

臭豆腐とは?

臭豆腐とは、豆腐を植物性の発酵液に漬け込んで、発酵させた素材の名前で、これを揚げたり、煮たり、お鍋に入れたりして食べます。

主に、中国大陸、香港、台湾などの華南地方で食べられています。

特徴はやはりその匂い、臭いです。

どんな匂いかと言われるとちょっと日本にないので、表現ができませんが、半乾きの靴下とかでしょうか・・・。

 

好き嫌いはかなり分かれますが、ハマるとかなり絶品!

台湾では基本どの夜市にも売ってあり、おかずというよりはスナック感覚で食べられています。

 

アマゾンでも臭豆腐売ってました。これを油で揚げると揚げ臭豆腐に・・・?

 

臭豆腐には「酪酸菌」という菌が含まれており、酪酸菌は、オリゴ糖を作り、腸内ビフィズス菌の活動を助ける役目をするので、腸内環境改善や免疫力を高める効果があると言われています。

臭いけど健康や美容にいいんだよ!

 

21臭豆腐はどこにあるの?

 

お店がある場所は、台中の北区にある「一中夜市」の南端(台中公園側)。

この21臭豆腐以降はお店はほとんどないってくらい端っこにあります。

 

お店の外観は?

 

私が行ったのは、金曜の夜20:00頃。

人が常に順番待ちしてる状態でした。

一人だったからよかったものの、複数だとなかなか座れない可能性が高いです。

 

目の前に別の臭豆腐のお店もあるので、間違えないように気をつけてください。

 

 

メニューは臭豆腐しかなく、1つ5切れ入りで50元です。

夕方4時〜夜10時までしか開かないお店です。

 

いざ実食!!!

 

注文する時に番号札とお箸を渡されます。

相席の席を確保して、待つこと10分ほど・・・。

 

 

きましたーーーーーーーー!!!!

黄金色に光る臭豆腐が5切れ。

 

 

テーブルの上に「ニンニクおろし」と「豆板醤」が置いてあるので、こちらもお好みで入れます。

もちろんニンニクたっぷり入れました(笑)

あ、口の中めっちゃ臭くなります、ご用心を。

 

 

真っ赤っかな豆板醤は、ほぼ唐辛子、辛いです。

 

 

小さく見えるかもですが、実は結構大きい。

だいたい10センチ四方の大きさです。

 

 

外はカリカリ、中はふんわりタイプでした!

うまうま!!!!!

臭豆腐の食感もですが、このタレがまたうまい!

 

 

↓この動画の7分あたりで一瞬ですが、お店付近の映像があります。

【裏Vlog】一中夜市をぶつうろ散歩(2019.06.14)

 

21臭豆腐へのアクセスと詳細

21臭豆腐Facebook
時間 16:00〜22:00
電話 04 2224 5737
住所 404台中市北區一中街21號

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました