【台湾を旅行】台北から台中へなるべく安く移動したい!バスでの行き方を解説

台中
スポンサーリンク

台北在住のブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回は友達の結婚式で台中に来ています。

時間があったので、バスに乗ってきたので、今回は台北から台中までバスで移動する方法をご紹介しますー!

 

台北から台中に行く方法

まずは、土地感覚をおさらい。

台中は台湾の西側真ん中あたりにあります。

 

台北から台中に行く方法は3つ

  • 高速鉄道「高鐵」:1時間
  • 電車「プユマ」「自強号」「快速」「普通」:2時間
  • シャトルバス:2時間半

 

ただそれぞれの駅は違います。

電車はもちろん「台中車站」に到着するので一番市内に近いです。

新幹線の「高鐵台中站」、シャトルバスセンターが集合しているエリアは、電車の台中駅までタクシーで15分ほどの場所にあります。

ちなみに、逢甲夜市はシャトルバスセンターの近くにあります。

 

バスセンターは、台北駅の裏側の「台北轉運站」

 

台中へ行くバスのチケットを購入する場所は、電車の台北駅ではなく、その北側にある「台北轉運站」。

 

 

 

MRTで台北駅に着いたら、地下道を通ってY1出口を出ると目の前にあります。

 

 

中山地下道のR1出口から出ても目の前に出ることができます。

 

 

他にも百貨店の「京站」と隣接しているので、京站に向かって歩いて地上に出てもいけます。

目の前に高速道路が通っている大通りがあるのですが、Y1出口からみた向かい側は、桃園駅へ向かう時によく世話になっている24時間営業の國光號のシャトルバスセンターです。

 

 

中には、チケット売り場以外に、コンビニもお土産やさんもあります。

 

 

バスに乗る前にドリンクやお菓子を購入することができます。

隣の百貨店エリアに行くと、モスバーガーやスタバも入っています。

 

 

台中行きチケットの購入方法

 

台北轉運站に入って左側に進むと円形になったチケット売り場があります。

今回は、左側にあるわかりやすい「和欣客運」のシャトルバスチケットを購入しました。

 

 

シャトルバスの窓口で購入するチケットは指定席です。

人が多い時は仮席(指定席が埋まらなかった時、座る人がいなかった時にあてがわれる席)があるのですが、通常は指定席のみです。

今回のチケットは 和欣客運 台北→台中(台南行き)265元 でした。

 

 

和欣客運のバス乗り場は4階にあります。

フロアの中央付近にあるエスカレーターから4階へ上がっていきましょうー!

 

 

バスの待合フロアの様子。

椅子の数は多くはないので、座れないことがあるかもしれません。

 

 

購入したチケットの時間と会社を照らし合わせてバスが来たら流れに乗って乗車します。

この時チケットを半分ちぎられます。

 

 

無事に乗車できました〜!

和欣のばすは、ふかふかのソファ席。

長時間移動も比較的快適に移動できますー!

 

和欣客運の設備紹介

シャトルバスの中で気が付いた設備をいくつか紹介します。

 

 

ドリンクスタンドは1人に1つあります。

 

 

USB充電口。

長時間移動の場合は、携帯で音楽を聴いたりSNSいじったりするので、充電が切れちゃいます。

これは本当に嬉しい!

 

ただ、車内にはWifiはありませんでした。

SIMフリー携帯持ってないよって方、こちらどうぞ。

海外パケット定額 □ GLOBAL WiFi □

 

 

画面もありました。

台湾のtv番組などがみれるようです。

あと、トイレも車内にありました。

 

和欣客運の台中駅(和欣客運朝馬轉運站)に到着

 

2時間半ほどで、和欣客運の台中バスセンター「和欣客運朝馬轉運站」に到着しました。

写真は到着したエリアです。

 

 

 

市内へ向かうバスは表側から歩いていけるので、降りたら室内に入って、表側に移動してください。

建物を出たら左へ進むと市内へ行くバス亭に行くことができます。

 

 

ちなみに、和欣客運の隣には「國光客運」があります。

 

 

國光客運を左にまっすぐ進んでいくと最寄りのバス停「秋紅谷」駅乗り場があるので、ここから市内へ向かうバスに

 

台湾のバスについてはYoutubeでもラジオ解説しています。

よかったら聴いてみてください^^

Rieのアジアンライフ Vol.2「台湾のバス事情について」

 

いろんなバスがありますが、和欣は人気なバス会社の一つ。

快適にお得に旅してみてくださいねー!

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました