【台中:北区】午前中にしか開かない!ふわふわ生地に目玉焼きとチーズとろ〜り「一心蛋餅」

台中

台湾ローカルフード大好きブロガーのRie(@rieasianlife)です!

今回は、台中に行った時に見つけた、午前中にしか営業しない朝ごはんのお店で、チーズが溢れるほど入ったふわふわ生地の蛋餅(ダンビン)をご紹介いたしますー!

 

蛋餅(ダンビン)って何?

蛋餅とは、台湾の朝ごはんの定番の食べ物。

卵焼きをクレープで巻いたものがオリジナル(原味)で、中に入れる具によって名前が変わります。

  • 原味蛋餅(ユエンウェイ・ダンビン):オリジナル、プレーン
  • 火腿蛋餅(フオートイ・ダンビン):ハム入り
  • 培根蛋餅(ベーガン・ダンビン):ベーコン入り
  • 起司蛋餅(チースー・ダンビン):チーズ入り

 

蛋餅はお店によって違います。

クレープ皮が厚かったり、薄かったり、ネギが入っていたり、入っていなかったり。

 

豆漿(豆乳)や蘿蔔糕(大根餅)がある朝ごはん屋さんには、蛋餅もあるのでよければ頼んでみてください。

 

 

どこにあるの?外観は?

 

場所は、台中駅から車で10分、バスだと20分ほど北上した一中エリア(一中夜市があるあたり)。

一心市場の一番北側にあります。

 

 

この時泊まっていたホステルが一心市場の目の前だったので、南側の入り口から市場を通って行きました。

 

 

 

 

お店の外観はこちら。

 

 

朝10時くらいに行ったんですが、すごい行列ができていました。

汗を拭きながら、わくわくしながら、待つこと15分ほど。

 

 

やっと席が空いたのでテーブルに着きました。

 

 

 

メニュー

 

メニューはいたるところに貼ってあり、どの蛋餅も40元前後です。

並んでる時に注文を取られるので、自分が欲しい蛋餅を注文しましょう。

 

以下は、2019年6月時点での価格表になります。

 

<古早味系列(蛋餅メニュー)>

  • 原味蛋餅   :25元 プレーン
  • 肉鬆蛋餅   :30元 肉でんぶ入り
  • 荷包蛋    :35元 目玉焼き
  • 火腿蛋餅   :35元 ハム入り
  • 雙面蛋餅   :40元 皮の両側に卵焼きを入れて厚みを出したもの
  • 總匯蛋餅   :45元 ハムと目玉焼き
  • 起總匯蛋餅  :50元 チーズ以外の全部のせ
  • 起司蛋餅   :50元 チーズ入り
  • 南屯蛋餅   :70元 全部のせ+プレーン

<堡堡系列(ハンバーガー メニュー)>*バンズはマントウになります

  • 饅頭夾蛋   :25元 卵入り
  • 肉堡夾蛋   :25元 卵と肉入り
  • 貴妃堡    :35元 チーズ以外の全部入り
  • 帝王堡    :35元 肉と卵とハム入り

<飲品(飲み物メニュー)>

  • 豆漿(冰/溫):20元 豆乳
  • 無糖豆漿(溫):20元 無糖豆乳
  • 豆漿紅茶(冰):20元 豆乳紅茶
  • 紅茶(冰)  :20元 紅茶
  • 鮮奶茶(冰) :40元 牛乳を使ったミルクティー

 

ぜひ頼んで欲しいのはこのカスタマイズ!

 

ジャジャーン!きました!!!

 

私が頼んだのは「起司蛋餅(チーズダンビン)」に「荷包蛋(目玉焼き)」をカスタマイズしたもの。

それぞれで頼んだので、50元+35元かと思いきや、なぜか合計60元でした。

 

 

テーブルの上に置かれている台湾の甘辛いお醤油「醬油膏(ジャンヨウガオ)」をかけて食べます。

 

 

 

 

見た目お好み焼きみたい笑

 

 

目玉焼きは、皮を破ると黄身が溢れ出す半熟です!

堅焼きがいい場合は、注文の際にお店の人に「荷包蛋要熟一點(フーバオダン・ヤオ・ソーイデン)」伝えてください。

 

何も言わなければ半熟で出てきます。

 

 

目玉焼きの下には、薄皮ですが、ふわふわとしたクレープが・・・。

 

 

そしてきわめつけはこのチーズ!!

カマンベールチーズなのか、塩味のきいたチーズがビローーーーンと伸びますw

これはチーズ好きにはたまらない!!

 

ここは並ぶ価値のある美味しさでした!

クレープの両側に卵を入れた雙面蛋餅も人気のようなので、次行った時はそちらも食べてみようと思います。

 

お店のアクセスと詳細

一心蛋餅Facebook
時間 6:30〜12:00
住所 台中市北區錦中街90號對面

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました