【台北:中山国中】新感覚のビーガンミートを使ったバーガーとナゲット!?「扭登和 NewDanhurf」

台北

台湾大好きブロガーのRie(@rieasianlife)です。

私の住んでいる台湾は、ベジタリアン、菜食主義者が多い国の一つです。

宗教上の理由だけでなく、最近叫ばれている環境問題などなど、様々な理由で野菜を中心の生活をされている方々がいます。

そのおかげで、ベジタブル文化の進化が非常に進んでおり、日本では食べたことがない食品やお店もたくさんあります。

今回はそんなお肉を使わないファーストフード店を見つけたので、食べてみました!

 

どこにあるの?どんなお店?

 

お店は、MRT「中山国中」駅から歩いて5分ほどの場所。

以前ご紹介した北京ダックのお店「聚園餐廳」世界一に輝いたパン屋さん「陳耀訓·麵包埠 YOSHI BAKERY」のすぐ近くです。

店名は「扭登和 NewDanhurf」で、高雄(楠梓、草衙)に2店舗、台北(松山)に1店舗あります。

 

 

台北店は1階と地下にイートインスペースがありました。

この日はお客さんも少なかったので、1階のイートインでいただきました。

 

あ、ちなみに、私はベジタリアンでも菜食主義者でもなく、美味しければ、なんでも食べる派です!(聞いてない?)

 

メニュー

 

入ってすぐにあるカウンターで注文します。

ここはベジタブルミートを使ったファーストフード店。

たっくさんあるハンバーガーやカレー全て動物性の肉を使っていません。

金額も一般的なハンバーガーショップ(ファーストフード以外の個人店)で買うよりも安い気がしました・・・!

 

上の欄からメインを選び、下のA〜Eまでがセットできます。(もちろん単品も可能)

また、お肉とポテトとドリンクのお子様セットがあるのも嬉しい。

サービス料金はありません。

 

 

ワクワクの実食!

 

ランチで行ったので、メイン+Bセットを頼んでみました。

Bセットは、チキン&ドリンクで+75元です。

 

 

美式四盎司厚切堡 119元

四盎司とはクオーターパンダー(Quarter Pounder)という意味。

確かにすっごい分厚いお肉のようなものが挟まっています・・・!

 

 

食べてみると、味はめっちゃ肉!

形がいびつだったので、やっぱりビーガンミート感が強いかなと思っていたんですが、チーズの味付けも助けて、確かにハンバーガー!の味がしました。

ただジューシーっていう感じはなく、肉汁のないあっさり肉って感じ。

 

ビーガンミート(大豆ミート)はこんなやつ↓

 

 

酥脆腿/塊 48元(B餐)

こちらはBセットのカリカリ腿の唐揚げ。

Bセットはこれにあと緑茶(38元)を付けました。

ただ、緑茶はあまり好きではなかったので、他のをおすすめします汗

 

 

黒胡椒がついていたので、これもかけてみました。

これをかけたら、もう見た目も香りもすっかり完全なる鳥の唐揚げ!

 

 

味はというと・・・唐揚げというより、ゴボウ天ぷらかつくねの唐揚げって感じ。

脂っこさもそこまでなく、表面もさらりとしていて、これはこれで美味しい!!

唐揚げと言われると違いますが、こういうものと言われたら美味しかった!

 

何より、お腹いっぱいになりました。

気になる方、是非行ってみてくださいー!

 

扭登和 NewDanhurfへのアクセスと詳細

扭登和 NewDanhurf 台北松山店FacebookInstagram
時間 11:00〜21:00(全年無休)15〜16休憩
電話 0919335001
住所 台北市松山區敦化北路222巷30號

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました