【台北:中山国中】2017年世界一に輝いた若手パン職人の店「陳耀訓·麵包埠 YOSHI BAKERY」

台北

台湾ブランド探しに余念がない台湾在住ブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するベーカリーは、以前、台鉄の新しい観光列車「鳴日」に体験乗車させていただいた時に知ったパン屋さん。

車内で食べたパンももちろん、他のパンも食べてみたくて店舗に行ってきました!

 

 

どこにあるの?どんなお店?

 

場所は、住宅街の裏路地にあるのでちょっとわかりにくいです。

中山国中の南東側にある銀行通り(民生東路三段)わかりますでしょうか?

その通り沿いにあるマクドナルドの裏あたりの位置にあります。(Googleマップはページの一番下にあるので、参考に行ってみてください)

 

 

お店の壁にあるこの看板の方がフランスで2年に1度開催されているパンの世界大会「Mondial du Pain(モンディアル・デュ・パン)」2017年優勝のパン職人「陳耀訓」さん。

 

YOSHI MAKERY公式Facebookより引用

 

優勝当日は陳さんの36歳の誕生日でもあったとか!!感動的な瞬間!!

彼のパンは日本の70年以上の歴史を持つ熊本製粉から輸入した小麦粉を使用しているとのことで、熊本県人としては嬉しい情報!

また店名のYOSHIは日本語の「よし!」からきているらしく、「決定要更好(もっと良くなることを決めた)」の意味が込められているそうです。

また、お店の中国語名は、パンの港という意味「麵包埠」、彰化にある港街「鹿港」出身の陳さんの故郷ともかけてあるらしいです。

 

それと!陳さんは元々高雄の三民区で美味しいと評判だった「Le Pain巴黎波波」をされてた事実を最近知りました!

巴黎波波ずっと行きたかったんですが、既に私が知った頃には閉店してて諦めていたので、個人的に念願のパンでした。

 

 

お店の近くに来るとパンの香ばしい匂いが漂ってきました♡♡♡

ガラスに描かれたイラストもすごく可愛い♡

それでは中に入ってみましょうーーー!

 

 

店内の様子

 

お店にはいるとさらに強まるパンのいい香り〜幸せ♡

パンは基本、ひとつひとつ袋に包装されていて衛生的。

 

 

パンの種類もすごいたくさんありました!

大きめな食パンからお食事パン、ハードパンなどなど、どれを買おうかかなり迷う空間!

 

 

お店にはパンの焼き上がり時間の看板もあるので、気になるパンは焼き上がり時間を狙って行ってみては!

ちなみに、インスタのストーリーにも焼き上がり時間があるので、そちらも参考にどうぞ♪

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

 

いっぱい買いまして、袋も可愛いよ♪

早速家に帰って食べましょうー!

 

買ったパンをご紹介!

 

この日は、4種類のパンを買ってきましたー!

選んだ基準は「私が好きなもの」です、特に目的なく単純に食べたかったものを買ってきました笑

 

 

紅莓乳酪 55元

まずは、一番好きだったこのハードパン!

硬さが程良くて、中に入ってるベリー系のドライフルーツの味もしっかりしていて美味しかった!

 

 

しかも中にクリームチーズが入ってます。(もう優勝です)

このパンは、リピ買いすることを心に決めました笑

 

 

鹹蛋黃可頌 55元

このパンは、前回観光列車「鳴日」に乗車した時にも買ったパン。

鹹蛋黃は、アヒルの塩卵のこと。台湾っぽくてクセになる味です♪

 

 

雷阿胖 45元

こちらは、日本でもおなじみコロネですが、ベリーのドライフルーツが入ってる豪華版!

クリームは甘すぎず食べやすかったので、もちろんぺろりしてしまいました。

 

 

明太子馬鈴薯麵包 50元

最後のこのパンは、明太子ポテサラパン。

具が思ったよりもたくさん入っていて、明太子の味もしっかりして美味しかったですー!

 

YOSHI BAKERYへのアクセスと詳細

陳耀訓·麵包埠 YOSHI BAKERYFacebookInstagram
時間 11:30〜19:30
電話 02 2718 2728
住所 10548台北市松山區民權東路三段160巷19弄36號

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました