【台北:古亭】南投県埔里の隠れた名物埔里油條が食べれるお店「普里鹹油條」

台北

台湾中のグルメを食べ歩いてる食いしん坊ブロガーRie(@rieasianlife)です。

突然ですが、埔里ってどこにあるか知っていますか?

埔里は台中の下の方、南投県にあり、台湾のおへそ真ん中あたりに位置する街です。

そこの名物は、紹興酒や米粉なのですが、知られざる名物の一つ「埔里油條」があります。

それを台北でも食べれる場所が1つだけあるので、そのお店をご紹介いたします!

 

そもそも埔里油條ってどんな料理?

以前、埔里で食べた埔里油條

 

埔里油條とは、名前のそのまま埔里の油條(ヨウティアオ)です。

油條とは、朝ごはん屋さんによくある油であげた棒のこと。

台北や他の地域では、油條は、それ自体をパンに挟んだり、おにぎりに入れたり食感を楽しむものとして食べるのですが、埔里は違います。

太めの油條を半分に切って中に具(卵やネギなど)を挟み、台湾の朝ごはん屋さんの定番の調味料「醬油膏」をかけて食べます。

 

台北ではほっとんど食べれません!

むしろ埔里油條を知ってる人が少ないかも・・・。

そんな超レア料理が台北で食べれるお店のご紹介です!

 

どこにあるの?外観は?

普里鹹油條の外観

 

場所は、古亭駅から徒歩10分くらいの「重慶南路」の高架下。

(ページの一番下に地図があります)

狭い道を車が通るので気をつけていってくださいね。

 

看板の漢字が違いますが、正真正銘「埔里油條」なので、ご安心を♪

 

店内の様子

普里鹹油條の店内の様子

 

店内は、開け放たれた半分店舗状態。

レジとキッチンが一緒になっていて、注文してできてからお金を払います。

 

ドリンクは自分で

 

ドリンクは自分で冷蔵庫から取る形式です。

お金を払う時に取ったものを口頭で言いましょう。

 

メニュー

普里鹹油條のメニュー

 

一番左側の「招牌鹹油條」は、中身をどれにするかで、全て埔里油條です。

  • 原味:オリジナル
  • 荷包蛋:目玉焼き
  • 肉鬆:肉デンブ
  • 泡菜:キムチ
  • 鮪魚:マグロ
  • 起司:チーズ

+10元で卵を追加できます。

 

 

埔里油條はこれ!

普里鹹油條の埔里油條

 

荷包蛋 45元

このお店の埔里油條はこちら!

店内で食べようと思ってましたが、お店の方がお持ち帰りと思ったみたいで、袋に入れてくれました笑

イートインの場合はお皿に乗せてくれます。

 

普里鹹油條の埔里油條

 

頼んだのは目玉焼きが入ったもの。

サックサクの油棒のなかに焼き立ての目玉焼きと醬油膏のたれがかかっています。

うんまい〜〜〜〜〜〜♪

 

普里鹹油條の紅茶

 

紅茶 20元

並んでいたので、待ち時間に紅茶も飲んでました。

台湾特有の甘いやつです。

 

小腹がすいた時にもぴったり♪

ちょっと探しにくい場所ですが、頑張っていってみてください!

この周りも面白いお店がいっぱいあってワクワクしますよ。

いった方のお楽しみです♪

 

普里鹹油條 台北總部へのアクセスと詳細

普里鹹油條 台北總部Facebook
時間 6:30〜24:00(日曜休み)
電話 02 2366 1116
住所 台北市中正區重慶南路三段67號

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました