【宜蘭:礁溪】礁溪の郷土料理の湯葉で巻かれたパクチーロールと卵が絶品!「礁溪八寶冬粉」

宜蘭

知らない土地に旅するのが好きな正真正銘旅好きブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回は、たまたま近くに用事があったので、宿をとった台湾の東側の宜蘭の温泉地「礁溪」でたどり着いた変わった郷土料理のお店をご紹介。

これは台北では見たことない気がする!

 

どこにあるの?外観は?

 

場所は、場所は礁溪駅から徒歩5分ほど。

以前ご紹介したシャーベットのお店「秀蘭阿姨泡泡冰」のすぐ近くにあります。

お店がある通りは「礁溪老街」と呼ばれる通りで、いろんなご飯屋さんが集まっています。

 

店内の様子

 

お店は、食堂風(全体写真撮り損ねました!ごめんなさい)。

 

 

テーブルに貼ってあった、注文方法

  • 1,寫菜單:メニューを書き込む
  • 2,拿菜單:メニューをもつ
  • 3,小菜主食一起先結帳:おかずとメインを一緒にお支払い
  • 4,餐具醬料台自取:食器と調味料を自分で取る
  • 5,等候送餐:ご飯を待つ

 

上の注文方法そのままですが、席をとったら、入り口あたりのレジで注文し、おかずもここから自分で取ってお盆に乗せます。

メインの料理は調理が必要なので、おかずだけもらって支払いをするとテーブルまで持ってきてくれます。

 

 

調味料はこちら。

おかずを頼んだら、自分でソースなどをかけてください。

おはしやスプーンなどの食器もここにあるので自分で持っていきましょう。

 

メニューはこちら

 

料理の種類がすごいたくさんあって迷っちゃいます。

 

 

全てではないですが、写真付きのメニューもありますよ。

ただ、一番人気をとりあえず選んでおけば、間違い無いと思います(笑)

 

食べたもの!食べて欲しいもの!

 

こちらが今回頼んでみたものたち!

  • 香菜捲大(単):パクチーロール 40元
  • 肉燥乾細麵(小):肉混ぜ乾麺 35元
  • 黃金蛋:黄金卵 30元

卵と香菜捲はおかずエリアにあったので指差しで頼みました。

 

 

香菜捲:パクチーロール

食べたかったのがこれ!

なにこれ!なんなの!?っていう気持ちでこれが食べたくてこのお店に行ったも同然です笑

 

 

よく見ると、パクチー(香菜)と切り干し大根や漬物を湯葉で包んだ巻き物。

他の地方では「香菜豆皮捲」とも呼ばれているようで、他にも揚げたり焼いたりするみたい。

ここのお店のは、生湯葉(さすが温泉地!)で巻かれた冷たい状態でした。

食感は切り干し大根でもりもりシャキシャキ。

味が足りなければ、醬油膏などの調味料をつけて食べてください。

 

 

肉燥乾:肉混ぜ乾麺

お腹がペコペコだったので、麺も頼みました。

小さいサイズを頼んだのに、結構でかい笑

 

 

しっかりと、よく混ぜていただきます。

肉味噌がたくさんい入っていて、味が濃くて、もちろんペロリん♪

 

 

黃金蛋:黄金卵

それと感動したのがこれ!!!

もともと卵が大好きなので、副菜は必ず卵を頼むので、今回も同様に煮卵頼んだんですが、この卵クリームチーズのような濃厚さがあります!

むしろクリームチーズ!?

料理名は「黃金蛋」だったんですが、もしかしたら燻製卵なのか?

これ1つでワインとも合いそうな濃厚さでした、ぜひ食べてください!

 

 

礁溪八寶冬粉へのアクセスと詳細

礁溪八寶冬粉
時間 6:00〜21:00
電話 03 988 4665
住所 宜蘭縣礁溪鄉中山路二段131號

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました