【宜蘭:羅東】噂に聞く幻の魯肉飯、探し当てました「阿德早午餐」

宜蘭

台湾ローカル料理が大好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するお店は、幻の台湾肉そぼろご飯「魯肉飯(ルーローファン)」。

インスタや現地台湾人のブログをみて「これは!!!!」と私の照り照り魯肉飯レーダーが反応した一品で、むしろこれを食べるために羅東行きのチケットを衝動的にとり、行ってしまいました。

では、幻の魯肉飯の情報をどうぞ!

 

※幻の魯肉飯は勝手に私が命名した造語です笑

 

どこにあるの?外観は?

 

場所は、宜蘭の羅東からさらにバスで北上した「二結村」というエリア。

最寄駅に列車の駅「二結」もありますが、少し歩くので、羅東からバスで行ったほうが良いです。

「紅1、紅2」のバスに乗って「二結村」で下車してください。

 

 

バスを降りるとこんな感じ。

民家でもなんでもありません、車屋などが続くの高速道路の入り口のような道路です。

 

 

そこに現れるこの黄色い看板「阿德早午餐」が目印。

バス停からだいたい2分でつくので、わかりやすいと思います。

また、お店は6時から空いていますが、昼14時までしか営業していません、早い時間に行ってください。

(Googleマップや詳細はページの一番下へ)

 

メニュー

 

朝10時頃に行ったんですが、すでにお客さんは満員。

中に入り席を確保して、この注文票(めちゃくちゃ安い!)へ記入して渡します。

お会計は、食べ終わって出るときです。

 

いよいよ、幻の魯肉飯とご対面!!

 

頼んだのはもちろんこちら!!

  • 魯肉飯 30元
  • 荷包蛋 10元
  • 綜合湯 30元

 

 

魯肉飯+荷包蛋

この2つを頼むとご飯の上に目玉焼きが乗ってきます。

お分かりいただけるでしょうか・・・真っ白なご飯の上に乗った、この透き通る上に乗っけた半熟卵と申し訳なさげくらいにかかったソース。

 

 

卵をそっと持ち上げると、下には濃ゆ〜〜〜〜〜〜い肉そぼろが!!!

食べる前から、もううんまい!!!

 

 

うわぁーーーーーーーーーー!

お代官さまぁーーーーーーー!!!!!

やめてぇーーーーーーーー(半熟卵割りました)

 

とろとろの半熟卵は、卵黄の色も濃くて、味も濃厚!!!!!

程よいぞ、程よいですぞ・・・。

あぁ、どうして私はこれを1つしか頼まなかったのか、後悔の念しかありません。

 

 

綜合湯

このスープは、総合なので、お店のスープの具が全て入っています。

扁食(ワンタン)、貢丸(豚の団子)、魚丸(魚の団子)どれもモッチモチの弾力。

お皿も大きいので、これもボリューム満点。

 

 

あぁ、幸せでした・・・・。

まさに感無量。

次回は、油飯+目玉焼きのコンボを絶対食べようと思っています。

 

おわり。

 

阿德早午餐へのアクセスと詳細

阿德早午餐Facebook
時間 6:00〜14:00(日曜休み)
電話 0939 855 959
住所 宜蘭縣五結鄉中正路三段159號

 

この記事を読んでいるあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました