【タイ】チェンライでやったこと in 2018.10.21

チェンライ
スポンサーリンク

2018年10月のタイ旅3日目です。

前日にチェンライまでの移動も終わり、一日チェンライ観光と食い倒れを行いました。

 

1日目はこちら

【タイ】バンコクでやったこと in 2018.10.19
2018年10月19日〜22日でタイ旅行へ行ってきました。19日に1泊だけバンコクにいたので、やったこと、かかった費用をその時系列でメモします。タイ旅(バンコク)でかかった費用今回は、バンコクトランジットで目的地チェンライへ向かう経路です。

 

2日目はこちら

https://www.rieasianlife.com/thai/trip2018-10-20.html

 

タイ旅(チェンライ)でかかった費用

前回の2日目でも書きましたが、この記事でも念の為再掲載。

飛行機とホステルはExpedeiaで一気にとっています。

 

《飛行機 Expedia》

10月19日(金)TPE 10:45 → DMK 13:35 <タイライオン航空 399> 3時間50分
10月20日(土)DMK 12:45 → CEI 14:10 <タイライオン航空 538> 1時間25分
10月22日(月)CEI 09:45 → DMK 11:15 <バンコク航空 232> 1時間30分
10月22日(月)DMK 13:20 → TPE 18:00 <バンコク航空 4911> 3時間40分
*TPE:台北、DMK:バンコクドンムアン、CEI:チェンライ

台北→チェンライ NT$7,020
(運賃NT$5,958、稅金&手数料NT$1,062)

チェンライ→台北 NT$7,811
(運賃NT$6,639、稅金&手数料NT$1,172)
———————————————————-
合計       NT$14,831(約53,700円)

 

《ホステル Expedia》

Bed & Bike Poshtel

869 53-54 ถนน ไทยวิวัฒน์ ตำบล เวียง อำเภอเมือง เชียงราย 57000

8-Bed Female Dormitory TWD 212.76 x 2泊
稅金&費用 TWD 66.28
———————————————————-
合計 TWD 491.80(約1,770円)

 

チェンライでの移動手段

チェンライには、バス以外に公共交通機関がありません。

移動するなら、バス、タクシー、シクロ、トゥクトゥク、grabになります。

空港にはタクシー乗り場があるので、空港からの移動にはタクシーを、それ以外はgrabを活用しました。

 

チェンライでの交通費&所要時間はこちら

http://www.rieasianlife.com/thai/chiangrai/traffic-money-time.html

 

それでは、ここから本題です!

 

チェンライの市場で朝ごはん

07:50 ホステル出発

 

08:00 市場到着

 

Morning Market 地図はこちら

ตำบล เวียง อำเภอเมืองเชียงราย เชียงราย 57000

 

 

最初に見つけたのは麺エリア。

朝食にまず食べたかったのはぶっかけご飯だったので、市場の中をキョロキョロ。

 

印刷して持っていた写真を見せてこれが食べたい!と麺屋のお兄さんにいうと、ご飯屋さんまで連れて行ってくれました。

 

 

08:15 ぶっかけご飯で朝食。

 

2種類と3種類を選べると言われ、3種類を選択(30バーツ)

 

グリーンカレー、目玉焼き、お肉の炒め物をチョイス。

ご飯粒がタイ米で、カレーやお肉炒めの汁に浸されてほろほろと崩れて美味しかった。

カリッカリの揚げ風目玉焼きもGOOD!

グリーンカレーに豚血が入っていて、びっくりした。臭みもなく美味しかった。

 

行ったのはご飯エリアの中央のお店で、豪快に笑うおばちゃんと優しいおじさんのお店だった。

 

 

08:25 食べ終わって、散策スタート!

 

ココナッツプリンを探す旅に出た。

 

ぶっかけご飯のおばちゃんにも聞いてみたけど、それらしきものはないと言われた。

 

 

08:30 ココナッツを絞るお店を発見。

 

 

 

08:32 旧時計台を発見。

 

旧チェンライ時計台 地図はこちら

สุขสถิต ตำบล เวียง อำเภอเมืองเชียงราย เชียงราย 57000

 

 

そのまま向かい側に広がっている野外市場へ。

 

そこでもココナッツプリンを探していたけれど、見つからなかった。

 

 

暗い魚や味噌が並ぶ市場の人に聞いてみたら、英語で「モーニングマーケットにあったきがする」と答えてくれた。

 

どうやら大きい方の市場の名前が「モーニングマーケット」というらしい。

 

また戻ってお菓子屋さんエリアの人に聞いてみたけど、取り扱ってないと言われた。残念。

 

 

09:00 一旦諦めてワットプラケオへ

 

ワットプラケオ(チェンライ) 地図はこちら

หมู่ที่ 1 19 ถนน ไตรรัตน์ ตำบล เวียง อำเภอเมืองเชียงราย เชียงราย 57000

参拝時間 8:30〜16:30

入場料  無料

 

 

大きなお寺で、お坊さんもたくさんいるみたいだった。

 

日本人と答えると、お寺の見学の仕方を英語で教えてくれた。

 

 

09:05 エメラルド仏を見学。

 

 

最初に見学するお寺にエメラルド仏がいた。思ったよりも小さな祠のような建物で、中央にエメラルド仏が、四方の壁にエメラルド仏が書かれた絵が書かれていた。

 

太陽の光が強すぎて、そこまでエメラルド感が出ない写真になっちゃった。

 

仏様もすごかったけど、周りの絵画や台座のレリーフを見るのも楽しかった。

 

また、ひっきりなしに現地の方がお参りに来ていて、信仰の厚さを感じた。

 

 

09:20 隣の博物館へ移動。

 

 

博物館の中には、様々な仏像や、石でできた芸術品など、歴史的価値がたかそうなものがたくさん展示してあった。

 

その後、中央にある本堂を見学。

 

敷地内で一番大きな建物で、中には大きなお釈迦様が鎮座していた。

 

 

 

09:45 おやつを購入。

 

 

お寺の入り口で笹の葉で包んであったスイーツをおばあちゃんが売っていて買ってみた。

 

2つ売っていて、一つはココナッツミルクプリンをお米に載せたようなもの、もう一つはココナッツプリンの中にココナッツの甘煮が入ってるもので、甘煮の方を購入した。

 

2つで10バーツ。

 

ちょっと半煮えっぽかったから、お腹壊さないか不安で、食べるのに勇気がいったけど、美味しかった!

 

 

10:10 カフェ「Laantim’s Cafe & Gallery」

 

Laantim’s Cafe & Gallery 地図はこちら

ตำบล เวียง อำเภอเมืองเชียงราย เชียงราย 57000

営業時間 9:00〜17:00

 

コーヒーが飲みたくて、有名そうなカフェへ行ってみたけど、定休日だったので、Googleマップで見つけた別のカフェへ。

 

フルーツケーキとコーヒーを頼んだ(140バーツ)

 

雰囲気も良くておしゃれでいいカフェだった。

 

 

11:12 市場へ戻ってリボンと布を購入。

 

可愛いリボンや布がたくさんあって、買い漁った。

 

 

11:40 再び市場内

 

喉が渇いたので、市場内「KAD-LUNG COFFEE」でコーヒーを購入。

 

大きなカップに氷もたくさん入れて、砂糖なしを頼んだから、かなり苦めのコーヒーだった。値段は忘れた。

 

 

市場を突っ切っていたらスイーツエリアに戻ってきたので、もう一度ココナッツプリンのことを聞いてみたら、これだ!と言われて買ってみた。(10バーツ)

 

 

12:15 一旦ホステルへ戻る。

 

共用スペースでココナッツプリンを食べながら、写真の整理。

 

ゆっくりしていたら、スコールが降り出したので、さらにゆっくりぼーっとすることにした。

 

 

お昼ご飯

13:40 雨が止んだので、市場へ出発

 

14:00 お昼ご飯「グエディオガイドン」

 

 

最初にぶっかけご飯のお店を教えてくれたお兄さんも麺屋さんでお昼ご飯。(麺1杯35バーツ)お兄さんから麺の名前と意味を教えてもらった。

 

グエディオ・ガイ・ドン

  • グエディオ:麺
  • ガイ:鶏肉
  • ドン:煮る

 

 

14:20 市場内で食器など雑貨も購入。

 

 

雨上がりの路上を見たら、歩道に模様があることに気がついた。

 

雨が降ると模様が浮き出る素敵な仕様だった。

 

 

 

ワット・ロンスアテン(青碧寺院)

15:00 grabに乗ってまずは、青いお寺「ワット・ロンスアテン(青碧寺院)」へ(100バーツ)

 

市内から車で約10分くらいのところにあって意外と近かった。

 

ワット・ロンスアテン(青碧寺院)地図はこちら

306 หมู่ที่ 2 ถนนแม่กก ตำบล ริมกก อำเภอ เมืองเชียงราย เชียงราย 57100

参拝時間 不明

入場料  無料

 

駐車場に大きなモニュメントがあって、テーマパーク感すごっ!と思ったけど、中に入ってみたら壁画や天井画が素晴らしく、青がものすごく綺麗でうっとりした。寺内ではお経が流れていたので、不思議な神聖な雰囲気も醸し出されていた。

 

水を張ったカメにみんなお花のロウソクに火をつけて浮かべていた。何かの御呪いみたい。すごく可愛かった。

 

ブルーテンプルなだけに、青いアイス(20バーツ)も売っていたので、休憩がてら購入。

 

 

ホワイトテンプル(ワット・ロンクン)

16:00 grabに乗り込み、ホワイトテンプル(ワット・ロンクン)へ(230バーツ)

 

grabの車内がドリアン臭かった笑

耐えること30分程度でホワイトテンプルへ到着。

 

 

16:27 いざ入場

ホワイトテンプル(ワット・ロンクン)地図はこちら

ตำบล ป่าอ้อดอนชัย อำเภอเ มืองเชียงราย チエンラーイ 57000 タイ

参拝時間 6:30〜18:00(17:30には入場締め切りかも)

入場料  50バーツ

 

 

着いた途端そのすごさ(恐ろしさ?)に圧倒された。

至るところに生首のオブジェがあり、長々と育ちの良い大量のウスネオイデスが下がっていた。

 

その彫刻の細かさはネットで写真を見て知っていたけど、それ以上だった。

視界全てが尖った地獄図のような彫刻で囲まれていて、踏み外すと引き込まれそうだった。

 

橋を渡った先の本堂の中に木製お坊さん像だと思って見ていたら、なんだか息していて、動いていて、かなり驚いた。

 

本物のお坊さんがびくりともせず座禅を組んでたから。

 

ここは撮影禁止なので、写真なし。

ぜひ自分の目で体感してきてほしい。

 

本堂周りも様々な彫刻があった。

干支をモチーフにした建物や絵馬のようなお願いを書く飾り物も売っていた。(1つ30バーツ)

 

また、こだわりも強くて、工事用のポールの頭もドクロにしちゃうほどのこだわりように感服した。

 

後味は良くはないお寺だった(笑

 

 

 

16:00 grabに乗ってホステルへ戻りラジオの準備。(100バーツ)

ホワイトテンプルに来た時のグラブの運転手さんが帰り100バーツで市内まで送ってくれると言ってくれたので、そのまま待っていてもらい乗り込んだ。

 

 

 

夜したこと

19:00 旅ラジオ現地から実況生放送

共用スペースの窓際の席で放送していたけど、前の通りを通るトラクターとかスコールとかであまり雑音入りまくりの、あまりいい放送ができなかった。反省。

 

 

20:30 夕食へ

 

ラジオが終わり、スコールが止む気配もなかったので、仕方なく、フロントで傘を借りて、まだ行っていなかったバスターミナルの夜市へ。

 

チェンライ バスターミナルNO1 地図はこちら

ตำบล เวียง อำเภอเมืองเชียงราย เชียงราย 57000

 

もちろんお店はほぼ空いてなかったけれど、中央あたりのフードコートは空いていた。

 

シーフードドライカレーを注文(60バーツ)朝とお昼ご飯の30バーツと比べたら、夜市価格で安くはない印象。

でもめっちゃうまかった。

フードコートにあるご飯はだいたい60バーツ以上はするみたいだった。

 

周辺を少しだけうろついて、前日やってたマーケットはやってないかちょっと見に行ってみたけど、やってなかった。

 

 

21:00 マッサージ

やることが特にないので、マッサージへ。

 

Cho Kaew Thai Massage 地図はこちら

869/35 ถ.พหลโยธิน เวียง เมืองเชียงราย เชียงราย 57000

 

タイ古式マッサージをしっかり1時間受けて、体が楽になった。

全身マッサージ200バーツだった気がする。

 

 

 

22:00 セブンイレブンへ

 

マサージが終わり、そのまま水を買いに近くのコンビニへ。

化粧品コーナーが良過ぎた!ココナッツリップや石鹸などを爆買い!

 

 

3日目終了。

 

 

まとめ

3日目で一番イレギュラーだったことは、スコール!

すぐ止むと思ってたんですが、19時ごろから降り始めてマッサージが終わる22時過ぎまで強い雨が吹き荒れていました。

こんなことならもっと前日に雑貨買い付けておけばよかったなと後悔。

ただ、その代わりゆっくりマッサージが受けれたので、まぁよしとします!

 

各観光地の詳細は、詳しい記事ができたらリンクしていきます。

 

 

チェンライ4日目はこちら

https://www.rieasianlife.com/thai/trip2018-10-22.html

 

 

 

この記事を読んだ方へオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました