【ベトナム】ダナンからフエまでの電車をネット予約する方法

フエ
スポンサーリンク

ベトナム中部へ行くには、国際線でまずはホーチミンorハノイに降り立ち、国内線に乗り換えてダナン空港、その後、バスや電車で各地へ行かなければなりません。

シャトルバスが出てるらしいのですが、本数が少なく、私がダナンに着く頃にはもうバスがなかったので、今回は電車で行くことにしました。

当日窓口で買うことももちろんできるのですが、席があるかどうか不安なので、ネット予約しておくことにしました。

今回はネット予約の仕方をメモ代わりに記載しておきます。

DSC_0325
ダナン駅

ネット予約サイト

以下、ベトナム鉄道の公式サイトから予約可能です。

01screencapture-dsvn-vn-2018-04-14-22_00_06

▶︎ベトナム鉄道オンライン予約ページ

予約の方法と手順

右上のイギリスの国旗マークから英語に切り替えられます。

02screencapture-dsvn-vn-2018-04-14-21_59_47

英語に切り替えたところ↑

行き先を指定し、検索する

左の検索窓で行き先と日付を指定します。

今回は、ダナンからフエまで片道切符を購入するので以下になります。

From:出発地点(Da Nang)
To:到着地点(Hue)
One way:片道
Round trip:往復
Departure:乗車日

Search(検索)ボタンを押して、検索します。

座席を指定する

以下のように座席指定画面へ遷移します

04screencapture-dsvn-vn-2018-04-14-22_01_09

一番上の電車のマークが各電車の時間で、進行方向は右側(1が先頭車両)です。
白い色の座席が選択可能です。

座席の見方はこちら。

赤:Not available(売却済の座席)
黄:Being transacted(予約済みの座席)
白:Available(購入可能の座席)★ここ選ぶ
灰:Unopend(購入不可の座席)
紫:For longer journey(長期旅行者用の座席)
緑:Being selected(選択した座席)

車両によっては、ソフトシートとハードシートがあるので、ソフトシートでエアコンが付いている車を選びました。

また「bed」の記載がある車両は寝台列車です。
長期で乗られる場合は選択されると良いと思います。
ダナンとフエは3時間程度なので、私は普通のシートを選択しました。

ちなみに、トイレは第一車両にしかないらしいので、トイレが近い方は前の方の車両が良いかもしれません。(ただし、早く予約しないと前の方から無くなって行くようです)

上記選択し、右上の「buy ticket」ボタンをクリックすると、情報入力画面へいきます。

購入者情報入力

06screencapture-dsvn-vn-2018-04-14-22_12_20

後は、名前など必要項目を記入し、決済するだけ。

<Ticket booker information:基本情報>
Full name:名前
Email:メールアドレス
Phone number:空白でOK
ID/Passport number:パスポート番号
Confirm email:確認メールアドレス

<Invoice issuing information:法人払いの場合>
Company name:会社名
Address:住所
Tax code:課税コード

<Payment method:支払い方法>
Pay online:オンライン決済
Pay online using PAYOO:PAYOOを使ったオンライン決済
Pay later:後で支払い

「Next>>」ボタンを押すと確認画面へ進み、その後決済へ進みます。
決済が終わると、以下のような完了画面へ遷移すれば、予約完了です。

12

「print」ボタンでpdf化できるので、落として印刷するかスマホに入れてみれる状態にしておいた方が安全です。

さて、飛行機もとったし、これで旅の準備ができました。
後は荷造りとその日を待つのみ!

DSC_0355
ダナン駅の待合室

注意!
完了画面に行った後ステータスがerrorになってないことを確認してください!
今回の旅で決済に失敗していたからか、ちゃんと予約ができておらず結局その場でチケットを購入しました。ただ、そのおかげで、素敵な友達もできたので、結果ラッキー

 

このブログの運営者
RIE
RIE

台湾駐在員&旅人ブロガー。フロントエンジニア。

台湾が好きすぎて移住「台湾のことなら台湾人にも負けない知識と経験がある」と自負しています(笑)東南アジア一人旅が得意です。

旅サポート、制作依頼も承っています。
問い合わせ、TwitterのDMなどでお気軽にお問い合わせください!

Youtubeチャンネル始めました、チャンネル登録もお願いします!

RIEをフォローする
スポンサーリンク
Booking.com
フエダナン旅人
スポンサーリンク
RIEをフォローする
スポンサーリンク
RIEのアジアンライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました