【台北:天母】日本で修行したパティシエが開いたスイーツとパンの店「富玉洋行」

台北

台湾に長く住んでいる日本人ブロガーのRie(@rieasianlife)です。

海外に住んでいると日本の味を見つけるのは一苦労なんですが、

その中でも見つけるのが難しいのが洋菓子。

台湾独自のスイーツももちろん美味しいんですが、やっぱり日本の洋菓子も食べたくなります。

 

そんな時、お話をいただいたニューオープンのお店!

日本の「辻製菓専門学校」を卒業した台湾人パティシエが開いたということで、

期待満点で取材に行かせていただきました。

クオリティが高いお店で、かなりおすすめです!

 

スポンサーリンク

どこにあるの?どんなお店?

 

お店は、天母の日本人学校のすぐ近くで、地下鉄からは少し距離があります。

バスはたくさんあるので、バスかタクシーで行かれるのをおすすめします。

 

富玉洋行FacebookInstagram
時間 8:00-20:00
電話 0228730038
住所 台北市士林區天玉街38巷11之3號1樓

 

 

緑色と金色で統一された「富玉洋行」は、2022年1月13日にオープンしたばかり!

名前の由来も聞いてみたんですが、お店があるのは天玉街にあるので、玉を入れて緑がメインカラーになっている理由も玉(ぎょく)をイメージしてるそう。

また、「洋行」としているのは、この天母エリアはかつて貿易商などで栄えた場所だからとのこと。

確かに、店名は飲食店というより、銀行や貿易商みたいな名前ですよね!

 

 

オーナーは、近くにある人気のケーキ屋「甜典16号 Sweet 16 Patisserie」も経営されているパティシエの盧又熏(ロー)さん。

2016年2月に1店舗目の甜典16号を、そして今年2022年に富玉洋行をオープンされました。

日本の製菓学校へ留学し、台湾にパティスリー、中国に製パン業を展開。母校の先生方や卒業生たちとのつながりが今も支えになっている。

甜典16号のカステラも食べてみたので、そちらはまた別の機会に♡

 

 

「日本人ブロガーが来る」ということで、取材時に対応してくれたのは、オーナーのローさんご本人!

ほぼ全て流暢な日本語でいろいろ教えてくれました。

「授業では『トイレ掃除ができない人にムースは任せられない』という教えを受け、

料理だけでなく、雑巾掛けや後片付けからしっかりと教育されたよ」と

日本人パティシエとしての態度や精神は今でも大事にしていると話されていました。

また、お店で扱っている材料は良い物にこだわって作っていらっしゃるそうで

「でも、原材料が高くなってしまって利益が出ないのでは?」と疑問に思って聞いてみたんですが、

「安くて質の悪い材料は、僕は日本で教わってないから、使い方を知らないんだ」と話されていました

(逆に信用できる回答!)

 

他にも「スイーツ作りは科学だよ」といろんな材料を決まった分量で混ぜ合わせて作ることで

安定して美味しいスイーツを提供できることなど、

とても専門的な面白い話もたくさん教えてくれて楽しかった♪

 

店内の様子

 

お店は至る所に花の模様が散りばめられており、なんだか70年代レトロな雰囲気。

ちなみに、全4種類の花のロゴがあるらしいです。

 

 

どうして、こんなデザインにしたのか聞いてみたところオーナーさんの生い立ちに関係あるとのこと。

オーナーのローさんの祖母は日本人。

日本時代だった当時、台湾人の祖父が日本で教鞭をとられていた時に知り合ったのだそうです。

 

 

そのため、当時の雰囲気を台湾人も日本人同様に懐かしく思うようで、

いつまでたっても廃れないお店のデザインにするにはぴったりだったと話してくれました。

同じ日本時代を過ごした2つの民族なので当然なのですが、

日本人が懐かしく思うレトロな雰囲気を台湾人も懐かしく思うって、

なんだかとっても不思議で嬉しい気持ちになりました。

 

また、オーナーさんも天母出身の方で、天母はゆっくりとした空気が流れているので、

お店に来るお客さんもここでゆっくりとくつろいで欲しいと思ったとも言われていました。

 

 

その希望叶ってか、オープンして間もないのに、もうすでに

このレジの前の大きな窓があるソファーに座って、

コーヒーを飲む常連のおじいさんがいらっしゃるらしいです♡

 

 

イートインスペースも充実していて、20席ほどありました。

店内で朝食を食べたり、おやつを食べたりと、ゆっくり時間を過ごすことができます。

この日は雨で席が中に入れられていたんですが、晴れの日は外のベランダ席も用意さます。

ペットを連れて朝のお散歩帰りにモーニングをすることも可能です♪

 

 

もちろん、生トーストをはじめスイーツもお土産や贈り物用としても販売されていますよ。

手土産にぴったりなかわいいパッケージなので、喜ばれること間違いなしです!

 

生トーストの朝食とスイーツ

ここから、体験させていただいたいお食事とスイーツをご紹介していきます!

どれも本当に美味しく、一緒に行った友達もちょっと場所は遠いけど

毎週1回は通いたいレベル!と話していました^^

 

トースト朝食セット

 

風味早餐(イートイン限定朝食 8:00〜15:00のみ)

  • 兒時的蛋沙拉吐司(卵サラダトースト)180元 ドリンク付
  • 美式(アメリカンコーヒー)セット価格0元(単品だと120元)

 

 

トーストの味も選べるんですが、

この時食べたのは「蜂蜜牧場」という蜂蜜とミルク多めで作ってある水が少ないトースト。

分厚く切られたトーストを程よい具合に焼いてあり、外はサックサク!!!

 

 

ミルクの水分が多いからかもっちりとした食感で、口に入れた瞬間に蜂蜜の味がしました。

これに添えてあったバターも岩塩入りの手作りバターで美味しかった!!

 

 

さらにこの卵サラダも、台湾によくある甘めのものではなく(台湾のマヨネーズは甘いから・・・)

日本の(甘くないマヨネーズを使った)卵サラダ!

これも日本人の舌に合って、美味しかった!

 

フレンチトースト

 

鐵板吐司(イートイン限定 12:00〜19:00のみ)

  • 【季節限定】蒙布朗(モンブラン)395元 ドリンク付

たくさんフレンチトーストがあったので、大好きなモンブランにしました!

味はしっかりとモンブラン♡♡♡♡♡♡

 

 

バニラアイスも付いていて、栗のクリームがパンにしっっっかりと染み込んで、トロトロシミシミになります♡

シミシミ系が好きなので、すっごく嬉しかった!!!

(台湾は、フレンチトーストだとシミシミ系が少ないんです)

また、栗のクリーム以外にもコリコリとアーモンドチップスも入ってました!

すっごいこだわってる!!!

 

 

ホカホカのフレンチトーストに、冷たいバニラアイスは幸せの極みでした♡

今回はモンブランでしたが、他にもいろんなフレーバーがあるので、他も食べてみたい!

 

缶詰チーズケーキ

 

「これからチーズケーキと食べ方と商品を紹介するよ!」とオーナーさんから言われ

「食べ方????」とハテナマークが頭に並んでいたのですが、

持ってこられたのがこの缶詰に入ったチーズケーキ!

何回も何回もオーナーさんとスタッフで食べ比べをして、

どんなふうに食べると良いか実験して、より美味しい食べ方を研究したそうです。

 

1種類目:スプーンですくってチーズケーキとしてそのまま食べる。

どれもチーズケーキなので、もちろんそのままスプーンですくって食べれます。

どれも濃厚でうまぁ〜〜!

 

 

2種類目は、なんと!パンにバターみたいに塗って食べる。

お店自慢の生トースト(淡雪:オリジナル)につけていただきました。

チーズケーキ自体がふんわりクリーム状態なので、

バターナイフで救って、スルーっと伸びてパンにも塗りやすい。

 

 

3種類目は、パンに塗ってトーストして食べる。

ちょっと厚めに塗ってトーストすると、見た目はブリュレっぽくなりました!

溶けるのかと思ってたんですが、パンに染み込み、溶けることはなく、

表面は固まり、中はふわふわ感が増してます!!!!うんまぁ〜〜〜〜!!!!

 

最後の4種類目は、凍らせてアイスとして食べる。

こちらは、この日は食べれなかったんですが、特にベリーが美味しいよと言われてました!

 

家でもチーズケーキトーストを作ってみました♪

 

このチーズケーキめっちゃ美味しくて、

もっと詳細をご紹介したかったので取材後、買ってきました♡

カフェではしっかり撮れなかったので、家でも撮影しました!!

 

 

  • 太妃糖起士蛋糕 Toffee Cheese Cake 200元

黄色いパッケージのこちらは、トフィー飴の味のチーズケーキ。

トフィー(タフィー)とは、砂糖とバターを混ぜて作るキャンディー。

甘いんですが、少〜しだけ苦味があり、大人の味がしました。

3種類の中で個人的にはこれが一番好きでした!

 

 

  • 北海道 牧場 起士蛋糕 Hokkaido Ranch Cheese Cake 180元

こちらは、オリジナルの北海道ミルクのチーズケーキ。

ミルクチーズの方がトフィーよりも少し柔らかめ。

北海道ミルクと書かれてますが、そこまで強いミルクの味はしないので、食べやすく万人受けしそうな感じ。

 

 

  • 莓果起士蛋糕 Berry Cheese Cake 200元

こちらはベリーのチーズケーキ。

イチゴだけでなくクランベリーなども入っているそうで、確かに少しだけ酸っぱい。

 

 

このベリーだけ中心にスポンジが入ってました。

また「ベリーはアイスでも美味しいよ!」と言われていたので、アイスにしてみたんですが、確かにアイスも良い!

気持ちベリーの酸味が増した感じになり、まさにハーゲンダッツのベリーチーズケーキアイスって感じの味でした。

 

 

取材時はミルクだけ焼いたので、今回は全種類をパンに塗って、焼いてみました。

1缶の内容量結構たくさん入っているので、

この食パン1枚で各缶7分の1くらいなのですが、贅沢感がすごい!

 

 

やっぱり厚めに塗った方が美味しい♡♡♡♡♡

温めるとどれもパンに染み込んでいき、とろ〜〜〜〜りした状態になりました。

3種類の中では、焼く場合はやはりお試しで食べたミルクが一番美味しかったです。

 

是非台北にいらっしゃる方は、ゆっくり時間を過ごしに行ってみてください♡

特に缶詰チーズケーキは、友達のお家にお呼ばれした時のセンスあり手土産にバッチリですよ!!

 

追記:抹茶チーズケーキとパンも食べました

 

生食パンと新作の抹茶チーズケーキもいただきましたので、ご紹介します!

 

 

  • 秋豐(チョコレート)單磚 200元

チョコレートの生食パンに練り込まれているチョコレートは多過ぎず少な過ぎず、ちょうど良い!

焼いても溶けてこぼれ出ることもないので、オーブンを汚さない。

かつ、食べると口の中でとろけました♡

これは何もつけずにそのままパクパクつい食べ過ぎちゃいますので、お気をつけて笑

 

 

  • 淡雪(オリジナル) 雙磚 200元/單磚 180元

 

こちらはお店自慢の基本のオリジナル味。

生食パンは、生のまま(焼かない状態)なら弾力強め、オーブンで焼くと外はサクサク、中はふんわりふわふわ〜。

焼くことでさらに甘味が増した気もしました。

これは、そのままでももちろん美味しですが、個性が強くないので、何にでもあいます!

ジャムやバターだけでなく、アヒージョのオイルにつけても絶対美味しそう!!!!

 

 

  • 抹茶起司蛋糕 Matcha Cheese Cake 200元

 

こちらは、最近売り出した新商品とのこと!

抹茶の味は濃過ぎず、甘さスッキリと少しだけ苦味がありますが、それでも、このままチーズケーキで食べると結構濃厚に感じるかも。

 

 

やっぱりおすすめはパンにつけて食べるのが一番!

焼いたらとろけるので、抹茶の場合は、焼いた後に塗る方が少しだけ硬さが出て好きでした!

 

 

抹茶なので、今が旬の苺との相性もバッチリでしたよ♡

 

富玉洋行へのアクセスと詳細

富玉洋行FacebookInstagram
時間 8:00-20:00
電話 0228730038
住所 台北市士林區天玉街38巷11之3號1樓