【旅の記録】香港&深圳でやったこと(2/9)2019年春

深圳
スポンサーリンク

香港旅に出たブロガーRie(@rieasianlife)です。

この記事は、だいぶ香港に慣れてきた2日目(2019年4月28日)にやったことを時系列にメモした記事になります。

 

他の記事はこちら

 

 

 

やったことを時系列にご紹介

 

7:00 起床

 

 

 

8:00 ホステル出発、集合場所の「深水埗」へ

 

8:35 友達と合流

5分遅刻する旨を伝えたら、その子から生の「モーマンタイ」が聞けてちょっと感動した笑

 

 

8:45 「公和荳品廠」にて軽くパンを購入

パンを食べながら今日の日程確認。

 

 

9:20 水を購入し石硤尾水庫の登山。

 

 

10:10 レバー麺のお店「維記咖啡粉麵」で朝ご飯(HKD47)

臭みはあったけど、レバー麺の出しの美味しさ尋常じゃなかった!

面もモッチモチだった!

それと、いろんな広東語を教えてもらった。

凍菜蜜は、はちみつ水だったけど、ほのかな甘みで飲みやすかった。

 

 

11:00 SIMカードを探しつつ深水埗の電気街を散策。

電話番号付きの深圳で使えるSIMカードを2枚購入(HKD120)

 

 

12:30 狙っていた骨董品や黒地へ

おしゃれな雑貨屋食器が多かったんですが、中古は少なく特に何も買わず。

 

 

12:45 すぐ隣にあった文房具カフェ「TOOLSS」で休憩

しばらく休憩しつつ、次の予定を決める。

 

 

13:50 お腹が空いたので、駅に戻り「燒鵝大皇」でランチ(2人分:HKD51)

焼肉飯を食べたら、ものすごい量だったww

カリカリ皮で塩気もちょうどよくて美味しかった〜!

 

 

14:45 両替を探しに深水埗の中の電気ビルへ。

ただ、残念ながらお店は移転してた。

でも、迷路の探検みたいで楽しかった!

 

15:20 上環に移動し、ATMで現金を引き出し。

 

 

15:30 写真散歩と骨董品探しスタート!

路上アートもすごく魅力的なものがたくさんあったし、途中にあった雑貨屋や骨董品店もすごく素敵だった。

 

 

16:15 偶然通りかかった香港醫學博物館を見学(入場料HKD20)

香港で怒った伝染病の病原菌研究の歴史や偉人などについて学ぶ。

庭にはたくさんのハーブや薬草が植えられていて、久しぶりにオジギソウを見た。

 

 

18:30 中環にある隠れ家的なカメラ屋さんで白黒フィルム(HKD65)を購入

 

 

18:50 銅鑼灣へ移動し、香港DJIショップへ

台湾で購入したOSMOポケットのアクセサリーを見に行って細心なものがたくさんあって感動。

 

さらに、ドローンも見れて興奮した。

 

 

19:30 休憩にCOEDOでビールで休憩(HKD300くらい)

 

 

雰囲気がいいビアガーデンだった。

そして、なぜか注文も英語だった汗

友達に感謝!香港人ほんとすごい英語も中国語もできる!

 

 

 

 

22:00 太子に戻って、夕飯を食べに山東料理のお店へ(奢ってもらったので不明)

水餃子、担々麺、回鍋肉をシェア。

水餃子のタレがからかったけど、美味しかった!!!

回鍋肉の味が濃くて白ご飯にのせて食べると絶対美味しいと思った。

そして、めっちゃお腹いっぱいになった笑

 

23:00 ホステルへ帰る

 

 

この日にかかった費用(HKD現金)

  • 維記咖啡粉麵で朝ご飯:HKD47
  • 深圳のSIMカード2枚:HKD120
  • 燒鵝大皇でランチ:HKD51
  • 香港醫學博物館を見学:HKD20
  • 白黒フィルム:HKD65
  • COEDOで休憩:HKD300

合計 HKD603 でした。

一部おごってもらったり、おごったりしてますので、正確ではないですが、参考程度に。

 

各やったことは記事を書いたら、詳細記事へのリンクをつないでいくので、お楽しみに!

 

他の記事はこちら

 

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍はこれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました