【旅の記録】香港&深圳でやったこと(5/9)2019年春

深圳
スポンサーリンク

香港旅に出たブロガーRie(@rieasianlife)です。

この記事は、いよいよ深圳へ移動した5日目(2019年5月1日)にやったことを時系列にメモした記事になります。

この日はいよいよ香港から深センへ移動しました!

 

他の記事はこちら

 

やったことを時系列にご紹介

 

9:00 起床

荷物の整理をしたりブログを書きながら、昨日買ったメロンパンで朝食。

 

 

SIMカードを大陸用に入れ替える。

 

10:30 チェックアウト

10:45 荷物を置いて近くの両替所に両替へ

300米ドル→RMB2002

 

11:00 ホステルの眼の前のバス停で新幹線の駅行きの11番のバスに乗る

 

 

なかなかバスがこなくて30分くらいは待った。

一緒に待っていた中国人のおばちゃんとおしゃべり。

スーツケースがバスの中で揺れるからてんてこ舞いしてたら、

乗っていたおばあちゃんが「横にしろ!」と教えてくれて

スペースとるから、申し訳ないなぁと思いつつ、

倒したらおばあちゃんが手でGoodマークしてくれて嬉しかった笑

 

11:45 最寄りの西九龍駅に到着

ただ、新幹線の駅が見当たらない。

中国人のおばちゃんとウロウロしたり駅の方に聞いたりしながら

やっとの事でたどり着く。

バスの駅から大きな建物内を結構歩いた(15分くらい?)

 

12:05 新幹線(西九龍→福田)のチケットを購入(HKD80)

 

 

5月1日で混むかと思ったけど、

すんなり2分くらい並んだだけで購入することができた。

 

ちょうどこの日は日本が平成から令和に変わる2019年5月1日。

チケット売り場の窓口のお兄さんに

「今日は日本人にとって大切な日ですね!」と

話しかけられて、日本人に対する好意的な対応がすごく嬉しかった。

この時の購入シーン動画撮っているので、近々公開します!

 

12:15 駅構内には食べ物がないと言われたので腹ごしらへ

フードコートがあったけれど、現金が使えない。

オクトパスカードなら払えると言われ、コンビニでHKD100チャージ。

液晶の自販機でHKD75の鶏肉丼とコーヒーを購入。

 

 

そういえば、試食のお菓子ももらった。(まだ食べてないや)

 

 

このフードコート清潔で人も少なくて、すごくおすすめ。

WifiもMTRのものが飛んでいるので、接続可能。

 

この時点でHKDの残金は残りHKD100程度になった、上手!

 

この時ばスーツケースに携帯用バッテリーを入れてたことに気づいて、慌てて取り出す。

新幹線であっても荷物検査があるので、バッテリーが引っかかると厄介。

気づいてよかった笑

 

13:00 お昼を食べ終わったので「離港」ゲートへ。

いくつかゲートを通った。

  1. チケットとパスポート本人確認
  2. 荷物検査
  3. 香港出国イミグレーション
  4. 中国入国イミグレーション
  5. 税関

多分こんな流れだった気がする(4と5順番間違ってたらごめんなさい)

 

香港と中国大陸内地の境目で記念撮影。

 

この境目の向こう側がすぐイミグレ?税関?だったので、写真撮ってて怒られないかちょっとドキドキした笑

 

写真を撮った後、すぐ近くのテーブルに置いてあった「外國人入境卡」を記入。

 

 

このカードとパスポートを渡して無事に通過。

そのままエスカレーターを2階下がると、新幹線乗り場。

 

13:41 新幹線出発

 

 

Youtube撮ろうと思ったけど、ずっとトンネルで周りは真っ暗だった笑

 

13:53 福田駅に到着

すでにイミグレは通っていたので、ここでは荷物検査をして改札を通って出る。

一番最初に目に入ったお店がファミマだったのが、ちょっと嬉しかった笑

 

 

トイレに行こうと思ったけど、狭くてスーツケースが入らないので、我慢。

 

自販機も発見したから試しに買ってみようと思ったけど、現金はRMB5、RMB10しか使えない。

 

 

この辺で中国を感じた。

 

14:10 地下鉄の窓口で深セン地下鉄カードを購入(RMB100)

RMB20が手数料でRMB80分使える。

そのまま、地下鉄で宿まで移動。

 

15:10 迷いながらもホステル「Shenzhen LOFT Youth Hostel」に到着。

 

 

2日分の宿代RMB274とデポジットのRMB100を現金払い。

荷物を部屋に置いて片付け。

 

15:30 1階のカフェでひと休みにソーダを飲む(RMB32)

 

 

しばらく休んで、周辺散策へ。

 

17:00 世界の窓を見学してみる。

 

 

休みだったからか家族やカップルがたくさんいた。

ちょうど噴水がざばーーーーっとショーをやっている時で、その大きさに圧倒される。

世界の窓ってただの公園だと思っていたけれど、かなりの人の量とイベント感でイメージと全然違った。

 

中のオランダ人の遊園地(?)には行かず、次の場所へ移動。

 

 

17:40 后海駅で降りて、万象商城へ

周辺の建物がものすごくでっかくて、工事もたくさんやっていて圧倒されながら汗だくになりながら万象へ歩く。

 

 

18:00 %ARABICAで休憩(RMB40)とYoutube撮影

 

 

%ARABICAは京都のコーヒーショップで、香港や中国に店舗を広げている。

この店舗は、2019年2月にできた深セン1号店。

 

 

ShenzhenFanさんで紹介されていたので、行ってきた。

日本で人気のコーヒーショップ「% ARABICA」深圳湾万象城にオープン!(2019/2/1)
香港、そして京都から発祥し、数れた店舗デザインと厳選されたコーヒーで数多くの評価を得ているコーヒーショップ「%…

 

周りはスタバのリザーブ店とLedyM。

国際的なお店に囲まれて日本のコーヒーショップが並んでいることがとても嬉しかった。

 

18:30 2008年ー2018年の深圳発展展示を見学

 

 

深センの歴史や万象のたけのこタワー、今後の展望について説明してあった。

 

 

 

19:45 ホステルの近くのカフェに戻って、夕食(RMB86)

 

 

お肉とお豆のチャーハンと炭酸のお酒を注文。

チャーハンの油がすごかった汗

 

20:55 ホステルに帰る。

 

この日の感想ツイート

 

この日にかかった費用

  • 新幹線(西九龍→福田)チケット:HKD80
  • ランチ(鶏肉丼+コーヒー):HKD75
  • 深セン地下鉄カードを購入:RMB100
  • 宿代:RMB274
  • デポジット:RMB100
  • ひと休みのソーダ:RMB32
  • %ARABICAでラテ:RMB40
  • 夕食(チャーハンとお酒):RMB86

 

この日は

HKD155(約2,200円)

RMB632(約10,500円)

だいたい、約12,700円合計でした。

 

 

他の記事はこちら

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました