【高雄:左營】元中華民国海軍の集団住宅。台湾版モンスターマンション「果貿國宅社區」

高雄
スポンサーリンク

こんにちわ!台湾南部大好きブロガーRie( @rieasianlife )です!

香港で写真スポットとしてここ数年人気なモンスターマンションといえば、以前ブログでも紹介した「海山樓」ですが、実は台湾の南、高雄にもモンスターマンションがあるのをご存知でしょうか?

今回は、穴場中の穴場、まだあまり人も来ていない写真スポットをご紹介します。

 





高雄のモンスターマンション「果貿社區」って?

 

場所は、高雄の西側外れ、電車と新幹線が交わる「左營」駅。

果貿國宅社區までは、駅から歩いて行けますが、なかなか辺鄙なところなので、この時は、タクシーでいきました。

このの入り口看板が見えたらタクシーを降りてください。

 

 

これが果貿國宅社區のモニュメント。

この社宅群は看板のところにも記載がある「碧海新城」という名前の軍人が住む全13棟からなる集合住宅「中華民國海軍眷村果貿三村」でした。

この握手をしている手の側面部分に「いかりのマーク」があるので、探してみてください。

 

 

中華民國が移民してきた初期に、海軍が建てた25個の村の一つで、1965年にできました。

当時は2100世帯が住み、南部最大の集合住宅だったらしく、現在は退役海軍軍人の子孫たちが生活しています。

 

ここ出身の著名人も数人おり、金馬賞を多く獲得されている大女優の「歸亞蕾(グァ・アーレイ)」や司会やドラマに出ていた日本語がペラペラな女優「曹蘭」など。

歸亞蕾(グァ・アーレイ)は、『重返20歳(邦題:20歳よ、もう一度)』や『紅酒』の主演女優さん。

 

 

それでは中を散策〜!

 

マンションが周りに層のように連なっています。

 

 

入り口あたりからこんな湾曲した形の団地が見えたら、ここが中心です。

 

 

1階にはクリーニング屋さんやご飯屋さん床屋さんなどが連なり、香港のモンスターマンションととっても作りが似ています。

 

 

そのまま上を見上げると!

こんな湾曲した光景が!!!!

 

 

撮影している場所は、中心に向かって湾曲に取り囲まれたスペース。

 

 

真ん中は公園なんですが、そこからまっすぐ上を見るとまん丸い形にぽっかりと空が見えます。

 

 

このスポットを撮る時は魚眼レンズかドローンの用意を!

普通のカメラじゃあまり全体像が写せませんでした汗

 

先日、購入したOSMO pocketと同じ中国の会社DJI製のドローン↑

知人が使ってるのを見せてもらったんですが、コンパクトで性能も抜群でした!

 

 

よく見たら、鉄格子の形も模様もそれぞれ違っていて面白いデザインがたくさんあります。

 

 

中央の公園では普通に子供達が遊んだり、お年寄りの方がお散歩していたりしています。

くれぐれも迷惑のないように観光してくださいね。

香港みたいに、撮影禁止になっちゃうので汗

 

終わりに

 

このスポットは、まだまだ台湾人にも知られていない穴場スポット。

私が撮影に行った時もカメラ小僧は2、3人程度と少なかったです。

また、この団地群に行く途中にこんな国旗がズラーっと並んでいる通りがあって、そこからみる団地が、長い歴史をずっと見てきた生き証人に会いに行っているような気持ちになって、私的には感動しました。

 

アクセスと詳細

果貿社區
住所 813高雄市左營區果峰街3巷No. 92號

近くに、私が台湾で一番美味しいと思う小籠包屋さんがあります!

午前中には売り切れる可能性が高いですが、タイミングが合えばあれば是非!

 

 

このブログの運営者
RIE
RIE

台湾駐在員&旅人ブロガー。フロントエンジニア。

台湾が好きすぎて移住「台湾のことなら台湾人にも負けない知識と経験がある」と自負しています(笑)東南アジア一人旅が得意です。

旅サポート、制作依頼も承っています。
問い合わせ、TwitterのDMなどでお気軽にお問い合わせください!

Youtubeチャンネル始めました、チャンネル登録もお願いします!

RIEをフォローする
高雄
スポンサーリンク
RIEをフォローする
スポンサーリンク
RIEのアジアンライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました