【高雄:高雄車站】ふらり通りかかったお店の絶品ワンタン麺!重慶街の「手工餛飩麵」

高雄

足を使っていろんなものを探し回ることが趣味というよりもう特技なブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介するお店は、高雄の路地の中にある小さなお店。

別の場所に行く予定だったんですが、お腹が空いて食べ物を探していたのですが、とりあえずどこでもいいや!と通りかかったお店に入ってみたら、めちゃめちゃ美味しかった偶然見つけたお店です。

こういう出会いもいいですよね♪

 

 

スポンサーリンク

どこにあるの?どんなところ?

 

お店は、高雄車站から徒歩3分ほどの場所にある路地の中。

メインストリート沿いではなく、1つ西側の通り沿いなので、Googleマップを見ながら頑張って路地に入ってみてください。

この黄色い看板が目印ですよ。

重慶街の手工餛飩麵
時間 11:00~20:00(土日は昼休憩あり!15~17ごろは空いてないかも)
電話 073231831
住所 高雄市三民區重慶街6號號

 

 

店内はこんな感じで、ザ・ローカル店です。

席数は多分10席もないくらい。

私が言った時は平日の昼過ぎだったからか、お客さんは1組くらいしかいなかったので、余裕で座れました。

 

 

メニュー

 

メニューは左側が麺、右側がおかずとスープ。

麺類は100元超えるものはなく、200元以内でお腹いっぱいご飯が食べれる価格です。

さすが高雄最高♡

おかずは、店先に出てるショーケース(?)冷蔵庫(?)にあるので、迷った時は指先注文してみてください。

 

 

ワンタン麺とか頼んでみたよ

 

とりあえずこの日は、お昼過ぎに高雄についてお腹ペコペコ!!!

しかも、14時過ぎていたので、昼休みに入ってるお店がほとんどでランチ難民をしてた時に見つけたので、いやったあああああ!と飛びついたので、結構頼み、量の多さに少し公開しました笑

 

 

  • 餛飩乾麵(小)55元
  • 滷蛋 10元

これがきてすぐ思ったのは「あ、れ、、、、小さいの頼んだんだけど・・・?」。

すんごい量でした(さすが高雄!!!!)

多過ぎてちょっと後悔しましたね笑

 

 

とっても暑い日だったので、乾麺を選びました。

しっかり混ぜて下に溜まっているだし汁と混ぜ合わせます。

麺は、普通の陽春麵でした。

 

 

このワンタンがめちゃめちゃうまかった!!!!!!

しっかりお肉も入ってたし、皮も程よい薄さ。

やっぱり台湾のワンタンは最高だあああああああ!!!と心の中で叫んでました笑

 

 

  • 豬耳朵 30元

私が大体頼む豚の耳「ミミガー」。

台湾のミミガーは、日本のよりも2倍ほどの薄さ?厚さ?があって、食べ応えがあります。

ここのはしっかり味も染みていて、お酒のおつまみにも絶対バッチリ。

 

 

  • 海帶 30元

こちらは台湾でよくある「海帶」、日本語ではマコンブなので、昆布です。

お店によってこの切り方は異なっていて、短冊切りの場合もあったり、このお店のように千切りになってたり色々。

台湾のローカル店にはサラダなんかないので、野菜の代わりにいつも頼んでます(緑だから!)。

ここのはニンニクがしっかりと効いてて、美味しかった♡

 

こういうふらっと入ってみるのもいいですね〜!

あと、私自慢じゃないですが、めちゃめちゃ食に対する感が良いので、適当に選んで入ったお店も美味しいことが多いんです笑

また、目的もなく、見た目だけでふらりと入って美味しいお店見つけたらご紹介しますねー!

 

手工餛飩麵へのアクセスと詳細

手工餛飩麵
時間 11:00~20:00(土日は昼休憩あり!15~17ごろは空いてないかも)
電話 073231831
住所 高雄市三民區重慶街6號號

 

 

このお店のすぐ近くにあるロースターのいるコーヒーショップもおすすめ!

【高雄:後驛】若手焙煎師が入れる本格派の美味しいコーヒー「程式咖啡工作室 Formula Coffee Roaster」
朝コーヒーを飲まないと調子が出ないコーヒー中毒ブロガーRie(@rieasianlife)です。今回ご紹介するコーヒーショップは、高雄に行った時、ホステルにチェックイン時間まで余裕があったので、周辺をうろうろしていた時に見つけたお店。偶然通

ちなみに、この近くにあるこの旅の時に泊まってたホステルはここ

【高雄:後驛】ビルの中にある清潔で広くて気持ちいい隠れ家ホステル「紙飛機高雄青年旅館」
数年前ホステルデビューしてから巡りが好きなブロガーRie(@rieasianlife)です。ずっとは疲れてしまうので、途中や旅行の最後の日は一人部屋に宿泊したりはするんですが、お洒落なカフェのような場所も多く、さらにお得に宿泊できるとあって

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

タイトルとURLをコピーしました