【高雄:鹽埕】食感フェチ必見!プッチプチ台湾発祥麺「阿財雞絲麵」

高雄

食べ物は、食感重視!の台湾ブロガーRie(@rieasianlife)です。

本日ご紹介したいお店は、そんな食感フェチが反応しちゃう人注目!の「雞絲麵」のお店。

一度食べたら、病みつきになりますよー!

 

そもそも雞絲麵(ジースーメン)って?

雞絲麵っていうのは、黄色い細い乾燥麺で、台湾独自の麺の一つ。

発祥は、中部の「彰化」の員林で一番古い老舗の喫茶店「清記冰果室(1946年創業)」というお店。

伝統的な素麺(麺線)を豚油で揚げて、さらに乾かして作ったインスタント麺。

その見た目が鳥の胸肉に似ていたことから「雞絲麵」と名前をつけて1951年から販売を始めたらしいです。

煮てもよし、焼いても良し、賞味期限も非常に長い庶民派な麺の一つです。

中国語ですが、雞絲麵の参考資料はこちら

 

食感は、香港の海老麺にも似ているプチプチとした感じです。

アマゾンに「雞絲麵」がなかったので、香港の麺のリンクを↑

こちらもめちゃめちゃうまいです。

 

 

 

外観は?

 

場所は、高雄の愛河の高雄市立歴史博物館の北側の路地の中。

この縦長の看板を探してください。

最寄りのMRT駅は「市議会」駅ですが、そこからも結構歩くので、バスかレンタサイクルで行くのがおすすめ。

私は歩くのが大好きなので、歩きましたが(汗)

 

 

ここで注文して、中へ入ります。

麺以外ももちろんたくさんあるので、並んでいる食材を指差しで頼みましょう。

あ、人が多いので、相席になる可能性結構ありです。

 

メニュー

 

金額付きのメニュー店内にもあります。

麺屋さんなので、チャーハンなどのコメ類はないので、もしお米好きの方をアテンドする場合は、お気をつけて。

 

 

絶対食べたい看板料理はこれ!

 

雞絲湯麵 40元

もちろん食べたいのは、雞絲麵。

この時は、スープ付きの麺にしました。混ぜ麺の乾麺もあるよ。

 

 

スープは、透明の旨味がしみでた、きれいなスープ。

セロリや野菜、鶏肉が少し入っています。

 

 

では、いよいよ、麺も食べてみます。

感想は・・・・食感が、プッチプチいいいいいいいいいい!!!!

香港のエビ麺と同じ???

チキンラーメンみたいな味付きの麺で、細い麺です。

1杯だけじゃ足りないので、おかわり欲しいと強く思いました。

(この時は、時間がなかったので断念)

 

ちなみに、この雞絲麵は1つ15元で売られています。

 

 

  • 鴨蛋 10元
  • 豬心 100元

麺と一緒におかずも頼みました。

あ、グラム売りだと思うので、金額は参考程度に。

ここの煮卵は、鴨の卵で、しっかり味が入っていて、燻製卵みたいな感じでした。

 

 

そして、このタレがまたうまうま。

このタレ甘いです。

これはまごうことなく、砂糖醤油タレです。(断言)

甘味の九州人にとって、めちゃめちゃうまかったです。

 

ちなみに、高雄VLOG動画でも行ってるので、参考にどうぞ。

VLOG【旅ログ】大好きな高雄旅(2020年春節;4日目)

注)動画で、豬肝っていってるけど、正しくは豬心です。

 

気になるかた、ぜひ行ってみてくださいー!

 

阿財雞絲麵へのアクセスと詳細

阿財雞絲麵
時間 12:00〜23:00(日曜休み)
電話 07 521 5151
住所 高雄市鹽埕區壽星街11號803

 

この記事を読んでいるあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました