【イベント】今年は伝統工芸と巨大ウサギが登場!「2023 岡山燈藝節」

文化・アート

イベント大好きブロガーRie(@rieasianlife)です。

2023年は卯年ということで、台湾各地にウサギがたくさん出現していました。

今回は、せっかく行ってきたし可愛かったので、高雄の岡山公園の様子を記録とご紹介。

メインはなんといっても巨大なウサギ!

 

Sponsor

岡山地区で開催されたランタンフェスティバル

 

ランタンフェスティバルは、旧正月の期間中(一般的には元宵節前後)に開催されるイベント。

毎年1か所の県をメイン会場として盛り上がるのですが、メイン会場(2023年は台北がメイン会場でした!)だけじゃなく各県・各地区でも開催されています。

今回行ってきたのは、高雄の北部にある「岡山」という場所です。

2023岡山燈藝節
期間 2023.1.20 – 2.5 17:00-22:00
場所 岡山公園(高雄市岡山區)

 

高雄の岡山は、ヤギ鍋で有名な場所で、最近台湾最大の無印がオープンしたり、どんどん賑わいが発展していっている場所の一つ。

素敵なカフェも沢山ありますよ!

 

 

作品紹介!

作品説明の看板もいくつかあったので、見つけれたものは文章も頑張って打ち込みました!

 

お出迎えする巨大なウサギ

兔飛猛進跨新年 Rabbit Leaping into New Year
設計製作:六壹十藝有限公司 / 張舒晴 張雅婷 杜宇紳
主題以「2023」立體數字燈飾融入兔年兔耳朵作為入口意象,再搭配裝置高約6.45m的浩色胖胖兔大型裝置,俏皮融入了浩瀚的PANTONE特殊色,生動隨風搖擺的長兔耳朵,彷彿在向大家招手,象徵兔飛猛進的概念,好像隨時都要升空高飛。

このイベントの目玉が巨大なウサギ!その大きさはなんと、6.45m!!

岡山公園の入り口でお出迎えしてくれました。

真白な丸い体?顔?にカラフルな肉球や耳がすごく可愛いかったです。

ただデカすぎて、全身をカメラに写すには、作品から結構離れないといけません笑

 

LED搭載の未来を感じる羽

漫步・展翅 Ramble・Spread your Wings
設計製作:六壹十藝有限公司 / 張舒晴 張雅婷 杜宇紳
逐自己的光展展翅飛翔,以體感雙向互動的方式,跑動式的大型翅膀搭配彩色光跳動,打造展翅高飛意象。願我們是那虹,無論是在任何的環境、任何的地方,散發出不同的光芒。

こちらも入り口にドーンと合わられる何だか近未来的なロボットアニメを連想させる作品。

左右に羽が広がっているみたいな作品なので、中央に立てばバッチリ羽の映え写真がとれます!

なんかこんな羽をつけた漫画があった気がする・・・忘れたな。

よくみたら羽一本一本にLEDが埋め込まれていて、夜になるとすごくピカーーっと光るんだろうなと想像してました。

 

パレット?を並べた作品

 

これもメイン作品だったんだと思うんですが、説明看板がなく。

貿易とかに使う輸送用パレットを並べた作品。

作品自体かなりの面積があり、綺麗に交互に並んでいて、圧巻でした。

電気も仕込まれているので、夜も綺麗そうです。

 

水面で遊ぶ蝶たち

蛻變 雨後的虹 Metamorphosis Rainbow after the Rain
設計製作:六壹十藝有限公司 / 楊諾嵐 張鈺婷 周明歆
在於疫情共存的時代下,新的一年來臨,經過鍛造打磨歷練,由平凡變得特別,以破繭的蝴蝶元素並結合自然水景打造類蝴蝶谷,呈現疫情後的重生與蛻變。
美麗彩虹於水上激起漣漪,與展翅的蝴蝶共舞,另一層寓意則是蛻變後將大展鴻兔。

池の辺りから中にたくさん設置されていた色とりどりの蝶々の作品はすっごく可愛くて綺麗でした!

私が行った時もちょうど女の子たちがキャッキャ言いながら撮影会を楽しんでいて、微笑ましかったです。

解説によると、コロナと共存した時期を過ぎ、新しい一年に臨むにあたり、繭を破って蝶々たちが一斉に水面に現れるようにコロナ後の新しい誕生を表現したんだとか。

(あれ?繭ってことは蚕?蛾だよね笑、まぁ気にしない気にしない)

 

細かい竹で編まれた流線型のオブジェ

細かくて細い竹を編んでできたこの作品。

岡山って「岡山籃籗會」という籠編みの大きなイベントが1年に3回だけ行われるくらい編み細工が有名なところなので、その技術を使って作られたのではと思われます。

以前、近くのカフェに行った時もこの編み方をした作品が展示されていたので、同じ作家さんなのかもですが、説明プレートがなかったので、詳細わからず。

参考:高雄市岡山區公所>籃籗會

 

日干し用ザルを組み合わせたトンネル

逐光・竹光 Chasing the Light・Bamboo Illumination
設計製作:六壹十藝有限公司 / 楊諾嵐 張鈺婷 周明歆
透過竹製品及倒影手法在地面上呈現竹的光影。中油 LOGO 形象利用不同於以往虹光的方式呈現,燙步在此抬頭仰望,引發符合媒材衝突的跨時代對話。

公園のウサギ側よりも東側の入り口には竹ザルトンネル作品が展示されていました。

中油(台湾中油)がスポンサーみたいで、上を見上げるといくつかロゴマークが。

このロゴ自体のLEDライトっぽいので、夜になるとロゴが綺麗に浮かび上がっていたみたい。

素材自体はとってもシンプルなんですが、たくさん集めるだけですごく素敵なアートになってますよね!

 

 

たくさんの竹ザルとクラゲのようなオブジェが交互にぶら下がっている作品で、ザルから落ちてくる日差しが格子模様に床に影ができていて、とても綺麗でした。

夜になると、カラフルなLEDでライトアップされるらしく、より幻想的になるらしいですよ!

 

キノコとウサギの編み作品

山坡上的魔法師 兔子・蘑菇・玫瑰花 The Magician at the Hill ( Rabbit, Mushrooms, Roses )
設計製作:楊海茜
製作協力:陳俊憲 翁榮燦 林雅麗
兔子鐵件:張舒晴 張雅婷 杜宇紳

疫情過後,魔法師魔杖一揮,變出各種幾何線條型態的兔子於此嬉戲,更希望藉由魔法師的魔法讓大家的心靈更加堅強堅毅,猶如「鋼鐵」般強大不摧。山坡上更長出魔力菇菇,魔法中吃了菇菇就有無敵星星保護,彩色的花藤和捕夢網意象以卓越的鈎織工藝來展現,加上巨型玫瑰花發出隱隱光芒,讓人好像進入了夢境以及魔法世界的錯覺,無論是白天或是夜晚來到這裡都好像進入了魔法世界一樣。

こちらもウサギが登場する作品。

コンセプトとしては、魔法使いがステッキを振ると現れたウサギたちとキノコっていう設定のようです。

LEDライトのついたワイヤーで編まれた真っ白なウサギちゃんはいろんなポーズをとっていて、どの子が一番好きか探したり、いろんな角度から見てみたりするのがとっても楽しかったです。

 

 

こちらはキノコたち(エリンギ?)と花。

(確かになんとなく魔法使いが作った感がある感じがする・・・!)

カラフルなロープで編まれているので、夜になると中に設置されているライトが当たって虹色に光るのも綺麗そうです。

 

巨大な蜂の巣

重生・共舞 希望織藝 “Reborn・Dance Together” Weaving design
設計製作:林純用 楊海茜 鄭陽晟
製作協力:陳俊憲 羅元鴻 蔡佳蓉

以岡山得特色物產『蜂蜜』為主題發想,一個個代表重生及希望的竹管代表蜂巢串聯,也是疫情後人們的希望,主結構樹立起一座象徵重生、愛與希望的蜂巢,不僅點亮了岡山,照亮了這個城市夜,像是把眾人對幸福平安的心願,像蜜蜂一樣全心全力的勤於生活,以鈎織藝術的手法呈現在蜂巢結構裡,以花為名,築起希望之翼,鈎織出愛與希望。

岡山の名産といえば、ヤギ鍋だけでなく「蜂蜜」!

大小崗山エリアの蜂蜜はとっても有名な龍眼蜂蜜の名産地です。

そこの蜂をお出迎えして、竹で作られた蜂の巣のオブジェで、個人的にはこれが一番好きな作品でした!

参考:高雄市岡山區公所>地方特產

 

 

昼間しか行けなかったんですが、夜は17時からライトアップされてもっと綺麗なはず。

是非、お近くの方はみに行ってみてくださいー!

また、この岡山公演の後ろにある廟「岡山壽天宮」は元々日本時代に神社だったところ。

中には御神輿や灯篭などが保存されてますよ。

 

 

イベントの詳細

2023岡山燈藝節
期間 2023.1.20 – 2.5 17:00-22:00
場所 岡山公園(高雄市岡山區)

 

あなたにおすすめのアートイベント記事

【イベント】商店街がクスッと笑えるアート展に「臺北笑一下(加蚋仔)」の作品紹介

【レポート】2022年は高雄開催!台湾クリエイティブの祭典「臺灣文博會 Creative Expo Taiwan」〜文化策展 編〜

【イベント】世界の原住民芸術家が歴史や社会をテーマにした作品展「泛‧南‧島藝術祭」

 

台湾カルチャーを知りたいあなたにおすすめの書籍

TAIWAN EYES GUIDE FOR 台湾文創

Pen+(ペン・プラス) 台湾カルチャー・クルーズ (メディアハウスムック)

すごいぞ台湾 (―TAIWAN EXCELLENCE OFFICIAL MOOK)

台湾対抗文化紀行