【宜蘭:宜蘭】ブランドネギ三星蔥の甘さたっぷりの最強の小籠包「正好小籠湯包(宜蘭總店)」

宜蘭

讃岐うどんのセルフのネギはついつい大量に入れてしまう、何を隠そうネギ大好きブロガーRie(@rieasianlife)です!

今回は、そんなネギがたっぷり入った小籠包の話!

台湾の東側の県「宜蘭」の名物はあまーい「三星葱(サンシンツォン)」。

紹介するお店は、小籠包好きとしては絶対一度は行っておきたい、葱たっぷりな小籠包の名店です!

 

どこにあるの?外観は?

 

場所は、宜蘭の電車の駅から歩いて20分ほど行った場所。

ちなみに、台北にも支店があり、台北101の近く、通化夜市の路地裏にある「正好鮮肉小籠湯包」です!(このお店も台湾通の中ではかなりの有名店!)

 

 

お店は、営業時間中ずっとずっと大行列。

お店の脇の水道では大量のネギを洗って水をぐわシャーっと切る場面が見れます笑

本当にすごい量のネギで、常にネギ洗いが止まりません。

 

 

お店は外食禁止なので、飲み物などの持ち込みはしないでくださいね。

 

いざ、注文しよう!

 

まずお店に着いたら、中央部分で包んでいるエリアにレジがあるので、行列に並んで、注文し、番号札をもらってください。

 

 

紅茶 20元

 

こんな感じで番号札とドリンクを先にもらえます。

あとは、ひたすら待ってください。

かなり待ってください・・・・。

30分以上待つことも珍しくありません。

お持ち帰りも、その場で食べる場合もスピードは変わりません。

美味しいものを食べるために、頑張ってください。

 

これがネギたっぷりの噂の小籠包!

 

小籠湯包 80元

 

この日は待つことほぼ1時間ほど。

やっとぷよんぷよん、たぷたぷの小籠包がきました!!

 

 

このラー油かなり辛いので、苦手な方は「いらない(不要辣醬)」と口頭で伝えてください。

 

 

薄い皮からはネギの緑色が透けています。

フォルムもかなり美しいです。

 

 

冷える前に食べましょう!

破かないように、そっとお箸でつまみます。

 

 

レンゲに乗せて割ってみるとすごい量の白濁したスープが!

うんまいーーーーーー!!!!

1皿しか注文しなかったことを後悔しました。

あと、サンラータン(酸辣湯)も30元で売られてますので、好きな方はどうぞ。

 

お店は、売り切れ次第営業終了。

朝10時からオープンなんですが、15時前には売り切れたら閉まります。

ちょっと行きにくい場所で、かつかなり待つのですが、一度ぜひ食べてみてくださいー!

 

正好小籠湯包(宜蘭總店)

正好小籠湯包(宜蘭總店)Facebook
時間 10:00〜15:00(月曜休み)
電話 03 932 5641
住所 宜蘭縣宜蘭市泰山路25-1號

 

この記事を読んだあなたにオススメの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました