【台北:西門町】1956年創業!台湾で初めてスペシャリティコーヒーを出した喫茶店「南美咖啡」

台北

毎日コーヒー2杯以上は飲むコーヒー好きブロガーRie(@rieasianlife)です。

今回ご紹介する喫茶店は、コーヒー好きは知らない人がいないほど有名なお店。

台湾のスペシャリティーコーヒー、いや、コーヒー文化の正真正銘の先駆者的場所です。

 

どこにあるの?どんなところ?

 

場所は、西門町から徒歩2分ほどの場所。

6番出口を出て成都路をまっすぐ歩いていくと左手にあります。

喫茶店の目の前は、西門町の廟「天后宮」です。

 

 

 

この南美咖啡は、1956年創業の台湾のコーヒー好きには知らない人はいないほど有名な喫茶店。

創業者の王振富さんは、台湾で最も早くコーヒーの生豆を輸入し、台湾で1人目の焙煎師となった方。

創業当初、パンや伝統菓子を売る店だったそうなのですが、第二次世界大戦で海南島に行き、コーヒーの美味しさを学んだそうです。

当時雲林でコーヒー豆を作ってはいたのですが、その生産量は多くなく、王振富さんは輸入豆の道を切り開き、最初に輸入したのが「南美洲(南アメリカ)」の生豆だったことから、南美咖啡という店名になったそうです。

 

 

この南美咖啡の隣はよくガイドブックにも載っている「蜂大咖啡」。

ここでも豆をよく買うのですが、イートインする時は私はいつも南美咖啡に行っちゃいます。

 

 

南美咖啡は一階席は少しだけ、イートインする場合は2階(正確には2階半)へ。

もちろん、1階の売店で豆やコーヒー機材を買うこともできます。

 

 

2階席のレトロテーブルは、私が行く時はいつも人で満員!

老若男女様々な常連さんで賑わっています。(お年寄りの方が比較的多め)

人が多いのが嫌な方は閉店前1時間か開店すぐに行くのがオススメです。

 

メニュー

 

超超超老舗の喫茶店なんですが、ドリンクやコーヒーの価格は非常にリーズナブル。

様々な種類のコーヒーが200元もあれば飲めます。

 

コーヒータイム

 

特調南美 special blend 100元

私がいつも頼むはもちろんホットコーヒー。

スペシャルブレンドだけでなく、コーヒー豆の種類が多いので、その日の気分に合わせて豆を選びます。

 

 

維也納咖啡 Vienna 140元

それとここには、喫茶店ならではのレトロコーヒーの一つウィンナーコーヒーもあります♪

たまにこのクリームが失敗しちゃうこともあるので、その時は店員さんに言って変えてもらってください笑

 

 

ワッフルもすごく安くて手軽に食べれるので、コーヒーのお供にオススメです。

クリームもたっぷりあるのも嬉しい♡

ちなみに、ウィンナーコーヒーの上のクリームと同じクリームです

 

コーヒー好きの方は、絶対行きたいお店の一つです。

また、台北でコーヒー豆を購入したい方はこちらの記事もどうぞ♪

【台北】台湾でコーヒー豆が買いたい!どこで買えるの?買い方は?

台湾の焙煎師たちは、今でも世界的に有名です!

【高雄:中央公園】世界一に輝いた焙煎士の喫茶店で良質のコーヒーを「Cafe自然醒」

 

南美咖啡へのアクセスと詳細

南美咖啡HPFacebook
時間 8:00〜21:00
電話 0223710150
住所 台北市萬華區成都路44號1至3樓

 

この記事を読んだあなたにおすすめの書籍

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました